« 短歌 念力家族 | トップページ | 主に泣いています。 »

ひさびさ一気読み「マリアビートル」

伊坂幸太郎さんのマリアビートル読みました。

マリアビートル



マリアビートル


著者:伊坂 幸太郎




マリアビートル

そりゃーもう、アマゾンでの星もたくさんついてるし、とても読みたかったのですがとうとう我慢できずにおとりよせ。
(この場合は、アマゾンマーケットで中古品を購入ってことだけど)


走る新幹線の車内で起こる疾走感のある展開。久々に読みやめられず。(ご飯作れず…)

中に機関車トーマスに関する話がたくさん入ってるのですが、今まさにトーマスに夢中の3才息子を持つ身にはとてもうれしい。わかるんだもの。パーシーもマードックも。

読後しばらくしてようやく、タイトルマリアビートルの意味がわかる。にぶいなぁ私。

次の本を読む前に、グラスホッパーをもう一度読まなければっ!

|

« 短歌 念力家族 | トップページ | 主に泣いています。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひさびさ一気読み「マリアビートル」:

« 短歌 念力家族 | トップページ | 主に泣いています。 »