« 笑える新書「適当な日本語」 | トップページ | 「そばせい」 »

「とってもとってもあいたいの!」

いよいよ一月も下旬ですね。年末年始は何かとバタバタするもんですねぇ。

娘の小学校では今日大縄跳び大会だそうで、ちょっと着ぶくれて見学に行くつもりです。

さて、もし遠くに住んでいる誰かに住んでいる誰かに会いたくなったらどうする?という問いかけで始まるのがこの絵本。

とってもとってもあいたいの!

著者:シムズ タバック

とってもとってもあいたいの!

晴れの日も雨の日も、昼も夜もずーっと会いたい人がいるとき、女の子は「自分を郵便ででおくっちゃえばいいんだ!」と気づきます。

自分で自分を梱包して、ダンボールに入って友達に郵便局まで連れて行ってもらい、びゅーん。

ゆうびんうけに とうちゃくしたら わたしじぶんでもぐりこむの。

だって、てがみみたいに みつけてほしいんだもん。

かわいらしい絵とあいまって、なんかほんとに微笑ましくなってしまう絵本です。

お母さん的には遠くに住んでるのは誰なのか?気になるんですけどね~(親が離婚して、離れてくらすお父さんか?)みたいな。

作者シムズ・タバックさんは「ヨセフのだいじなコート」でコルデット賞を受賞。明るい色使いがとってもかわいい作者さんです。

|

« 笑える新書「適当な日本語」 | トップページ | 「そばせい」 »

・赤ちゃん向け絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「とってもとってもあいたいの!」:

« 笑える新書「適当な日本語」 | トップページ | 「そばせい」 »