« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

おばけの本2冊「よっぱらったゆうれい」「おばけのおつかい」

とても過ごしやすい季節になりました。

小学校では運動会の練習が始まり、我が子1号の登校拒否も始まっています(;;;´Д`)

2号はマイペースで新しい環境(入園)に慣れ・・・てるように思えますが、3号は1才6ヶ月で断乳に挑戦したり破れたりしてます。

断乳は、ホント今の私の最大の課題で、よそのお母さんの「自然と離れた~」というコメントが嘘物語にしか聞こえません。

うちは正しく「断絶」の勢いで望まないと無理っぽいのです。

なんだかんだ言って母親が新生活にまだ順応出来てないのかも。体調がいまいちです。

さて、季節をかなり先取りしておばけの本を2冊。

よっぱらったゆうれい (日本の民話えほん)

著者:岩崎 京子

よっぱらったゆうれい (日本の民話えほん)

日本の民話、というか落語?で掛け軸の中の幽霊が出てきて一緒に酒盛りをし、朝起きて「あーヘンな夢だった」とふと掛け軸をみると中の幽霊も酔いつぶれて眠っている、というあのお話です。

陽気な幽霊でちっとも怖くな・・・っと思ったらこの絵!!

村上豊さんの幽霊の絵、かわいい?というか怖い?ホントすれすれラインで(^-^;

2号は「怖い!!」って言ってましたが、ホント迫力~目の下の赤いラインがぞぞぞ~ですぞ。

もう一冊はシリーズ化しているかわいいおばけ

おばけのおつかい―さくぴーとたろぽうのおはなし (こどものとも絵本)

著者:西平 あかね

おばけのおつかい―さくぴーとたろぽうのおはなし (こどものとも絵本)

さくぴーとたろぽーの姉弟おばけが、楽しく遊ぶ絵本です。

第一作目は「おばけのいちにち」で、おばけは朝寝て夜起きるのよ。と人間の姉弟の生活と絡めて紹介してくれます。

「おばけのおつかい」では、おかあさんに頼まれておばあちゃんの家までくもの巣を届けに行った二人。おかえしにおばけキノコを渡されて、こんどはそれをおじさんの所へ届けることになります。

おじさんの家を間違えてとなりのおばけに怒られるとき、うちの娘はとってもどきどきするみたいで、キャーっと顔を覆っていました。

お姉ちゃんとして弟の前ではしっかりしていなくちゃ、と言うさくぴーちゃんのドキドキが伝わってきます。

夜の町を行き来する二人の下には、なにやら怪しげな世界が広がっていて、ページの隅々まで楽しい。ミミズチョコの工場とかね。

夜には夜の彼らの世界があるんですね~ヽ(´▽`)/

こどものとも、で新しいお話がまだ出ているみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近読んだ本

ゴールデンウィーク明けで、ようやくペースを取り戻したような、取り戻してないようなそんな週明けです。

うちの子、やっぱり今日も軽く登校拒否するんだろうか?はぁ~

私は学校に行きたくないなんぞ、言ったことがない子供でした。

それは、たぶん「言っても無駄」ってことがわかってたから。
学校サイコーッってわけでもないけど、行かないなんて言おうもんなら母親の小言のおまけつきで外に放りだされるよなーって。

私といえば、行かないという娘を何とか行かせるために朝から機嫌をとるようにやんわり起こし、テレビを見せ、好きな食を用意。

あー!!ってたまにぷちぷち切れるけど、どちらかとソフト路線で攻めてます。

なんだろ?泣かせるとよっぽど手間がかかるし。これって甘やかしてるのかもね。

でも、母親が最後の港にならんと、誰に甘えればいいのか?っていう気分で幼少期をすごしたんよね。わたし。

できれば、人の道それることをしたとかでないかぎり鬼の形相で怒るのはやめよう・・・とは思っております。思ってはおりますが、できてないけど。

・・・出家?残された道はそれだけか?

さて、先日本屋でとうとう買っちゃったのはこれ。

容疑者Xの献身 (文春文庫)

容疑者Xの献身 (文春文庫)

著者:東野 圭吾

容疑者Xの献身 (文春文庫)

ブームは去年ではなかったか?まさに今さらどうこう言えませんけど、映画化されたのはこれですよね?福山まではわかるのだけど、後の配役を知りたいな~

数学教師石神は誰がされたのかしら?私の脳内配役では「ケンドー小林」なんだけど。

あと靖子さんはまんま「富田靖子」で読みました。

私は結構そんな感じで、なんとなく俳優さんを当てはめて読んだりしませんか?

もう一冊はこれ

ワーキングガール・ウォーズ (新潮文庫)

著者:柴田 よしき

ワーキングガール・ウォーズ (新潮文庫)

柴田よしきさんって、男性?女性のきもちっていうか女同士のやなところ、いいところもろもろよく分かってるな~!!

働く女性の肩肘はってる力をふっと抜かせる、いいお話です。

ミステリーなんだけどね。久しぶりに一気読みしました。

もう一冊は児童書コーナーで見っけたこれ。

丘の上の人殺しの家

著者:別役 実

丘の上の人殺しの家

娘のために借りたけど、これは完全に大人向けだった。

三人の人殺し兄弟は、今だかつで人殺しを一回もしたことがない人殺し。

そろそろお嫁さんが欲しいけれど、仕事もしたことがない男のところにお嫁に来てくれるお嬢さんなんていない!と三人はがんばって、いろんな殺し方を考案して、営業活動をします。

やっと来たお客のおばあさんを「殺して」てあげうようとするのですが、どんなにがんばってもできません。とうとうあきらめて帰ったおばあさんはすぐに神様に召されてしまいます。

なんだ、どんなにがんばったって神様には勝てっこないぜ!と三人は思うのでした。

・・・って、なんか人を喰った物騒なお話でしょ?さすが、別役実さん!

三人の人殺しのくせに親切で、まっとうなところがオモシロいのです。でも、さすがに小学一年生にはこの笑いは伝わらない気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ある意味ハラハラ「パーマネント野ばら」

ゴールデンウィークも残すところ今日一日となりましたね。

私と3号(ムスコ)は年中連休といえば連休。いや、家事も育児もノンストップ年中無休ですわな。

連休中は残念ながらほとんど本読めず(ρ_;)かえって忙しいってことですかな。

でも、久しぶりに本屋をふらりとして見っけたのがこれ

パーマネント野ばら (新潮文庫)

著者:西原 理恵子

パーマネント野ばら (新潮文庫)

大人の女に向けた力一杯のエール。ホロりと来てしまいます。

でも、一読ではちょっとよく分からなくて、何回も読みなおしてしまいました。

読めば読むほどいいわ。絵は相変わらずの西原パワー炸裂なんですけどね、いい話なの。いつ頭にお団子のせたかあちゃんが飛び出してくるかと、ある意味はらはらしたけど、今回はおチャラけなし。

中でも特に

大人になってわかったけど 白馬の王子様っておらんもんやったんやねぇ

あーアレはおらん。さがしゃあどっかにおるもんやと思うとったけど、アレはおらん。ツチノコと一緒や

アレ(白馬の王子)は架空の生物だったんだー

ね、いいでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »