« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

個性ってなに?「虫めずる姫君」

暴風が吹き荒れている福岡です。

週末は、生まれてはじめて母として家庭訪問・・・

うちの娘1号は新一年生なんですが、学校で些細なことでないているらしい。

例えば「私の分のストロ-がない」とか(ただの配り忘れじゃん!)

「私の分のプリントがない」とか(だから配り忘れじゃん!)

その他とにかく良く泣いてるらしいです。

家ではケロリとしてるから、ぜんぜん知らなかった。(いや、予想はしてたけど)

それよりも、朝行きたくない~~って泣くのがないので、親は安心しきってた。

それより、「泣かせた○○君」がかわいそう。

うちの子の泣くのはある意味テロだからね-

我が家では泣いたら得なことが起こる、ってかんじには育ててないつもりなんだけど

ま、泣き虫も個性とおもってください、先生。

個性と言えば、個性的なおひめさまのお話。

虫めづる姫ぎみ(むしめづるひめぎみ) (日本の物語絵本)

著者:森山 京

虫めづる姫ぎみ(むしめづるひめぎみ) (日本の物語絵本)

日本の古典のなかで、ユニークなお話として有名ですよね。

わたしはマンガでよみましたが、こんな絵本も出てるみたい。

堤中納言物語―マンガ日本の古典 (7) 中公文庫

著者:坂田 靖子

堤中納言物語―マンガ日本の古典 (7) 中公文庫

坂田靖子さんが描いたマンガもとてもおもしろかったんですが、絵本も読みやすく子ども向けに説明も多く入ってました。

当時の女性達の化粧は眉を剃って丸く描くのに、このお姫様は眉はそのまま、お歯黒もしない。とにかくノーメイク(でも美人)

そして、毛虫が大好き。毛虫を近所の子供達に集めさせたりとだんだん風変わりな姫君と噂が立ってしまいます。

そんななか、物好きというか女好きな公達(いかにもな感じの)が姫に作り物のヘビに歌を添えてを贈ります。

さすがの姫もこれにはちょっとおろおろしてしまいます。

悪趣味な贈り物に突っぱねる返歌をして、姫はまた虫取りに明け暮れるのでした。

これって、結構考えさせられる話ですよね。

結局、姫は嫁に行かずに一生虫を愛でて暮らしたのかな~

それはそれで、幸せだったのでしょうね。人からどう思われようと自分のやりたい事をする姫。

しかし親としてはどうなのよ~とも思うようになりました。大人になったわね、私。

絵は、村上豊さん。昔話の挿絵を描かせたらこの人でしょ。

にじみを活かした水彩がとユニークな絵。スキだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

独創的ってこういうこと「ウエズレーの国」

小学校、幼稚園が始まってあっと言うまに2週間たちました。

うちのむすめっこたちはふたりとも何とか泣かずに行けています。

毎日の早起きに、私のほうが参りそうだ~

他にも、ちゃんと友達できてるかしらとか、授業中ちゃんといすに座ってるかしらとか(レベル低し)泣いてないかとか、慣れるまでけっこうストレス感じちゃいます。

さて、お友達がいないことはそんなに悪いことなの?に答えるようなこの絵本。

ウエズレーの国

著者:ポール・フライシュマン

ウエズレーの国

ウエズレーはみんなから「ちょっと変わった子」扱いでした。

みんなみたいな髪型にしたいとも思わないし、みんなと同じようなあほな遊びも楽しいとは思わない。

そんな時、かれは夏休みの自由研究で「自分の文明を作ろう」と思い立ちます。

自分だけの畑で、自分だけの作物をつくり、繊維を取り出して服を作ったり、家を建てたりします。

それから、新しい遊びや新しい文字までどんどん作り、町にいる今までウエズレーにちょっかいばかりかけていた悪がきどももだんだんと引き込んでいきます。

ウエズレーは、ちょっといじめられているけど、けっしてねたまずそねまず、自分の国を作るんです。

しかも、その国は引きこもるためのものではなくって、自分が一番快適なところ。そして、その国をかつてのいじめっ子達にも開放してあげます。

なんか、飄々とした味のある子ですな~ちょっとハリーポッター似。

お父さんも、お母さんも、それから隣のおじさんも、新しい文明を作る彼を邪魔しないところがえらいと思う。

「そんなことできっこないじゃない!!」ってガミガミやっちゃうと新しい文明は発生しなかったかも。

これ、文明ではなくって個性とか自立心、に置き換えるとすごく深いような。

表紙ではなにやら印象派の絵画みたいですけど、中はもっとユニークで砕けてますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

巻きバラのコサージュ

小学校の入学式娘の襟元がさびしかったのでその日の朝に思い立って作成。

写真ボケボケですね・・・

Img_8102

巻きバラのコサージュって、簡単すぎるのかかえって検索しても、

~巻きバラを作ります。

で終わってることが多くって

で、作ってみることにすると確かに、レシピ無くても作れるわ。

木の葉型に切った布を外表におり、折っていないほうの外周をざくざく縫っていきます。

糸を引きつつ細いほうから、形良く巻いていきます。

バラっぽくなるように。

形に気をつけながら最後は糸で縫いとめます。

こんな感じ?下手な絵がかえって混乱をまねく?Cocolog_oekaki_2009_04_19_06_28

簡単だけど、センス良くまとめるって言うのはやはり才能かも・・・とちょっと落ち込みつつ、小さいバラを三つ作って、レースを後ろに縫いとめてみました。

最後にコサージュピンか安全ピンを縫い付けて完成。

このときに、実際につけてみると花が下を向いたりそっぽを向いたりしてないか、気をつけながらピンの位置を調整します。(痛い目にあったということ)

布は柔らかくてうすくい布が適しているようです。私のは使わなくなったキャミソールだったりする。

よもや新一年生の胸にそんな もんが付いてるとは誰も思うまい。

くくく、とで笑いながら自己満足。そうそう、手作りって結局自己満足ですわな。

おまけにエコだし。(セコ?)なので、更なる自己満足のためにブログにアップしてみました。てへ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

春らしく?「雑草で元気になる本」

まさしく緑萌えいずる春!!ですね。

雑草で元気になる本―食べるレシピ&薬効メモ付き 春から秋まで
Book
雑草で元気になる本―食べるレシピ&薬効メモ付き 春から秋まで

図書館でこんな本を借りて読んでみました。

内容は「誰もがおいしいというおいしい雑草ベストテン!」と「通がうなる雑草」見たいなかんじで、レシピや薬効なんかも乗っています。

それが、見るとおいしそうでねぇ~

著者のおススメはタンポポとかスギナ、ハコべ、ヨモギなど本当に手に入りやすい雑草。

タンポポはフランスでは野菜屋でも売られているほどポピュラーなものらしい。

あのおフランスの人々がお金を出してまで買い求めるんなら、相当おいしんだべ~

と早速サラダで食べてみました。うーんとってもほろ苦い でもまあ、ありかな。

それから、スギナもわんさか生えていたので採取。

さすがにそのままでは食べられそうに無いので、本に載っていたスギナご飯とやらに。

といっても塩でゆでてアクを抜き、細かく刻んで絞ってご飯にまぜこむだけ。Img_8097

レシピでは塩だけでしたが、ぱさぱさしていそうだったので、少しごま油をたらしてみました。

これは、なかなか好評でありましたよ~

すでにスギナの味なんて消えてるっぽいですけどね

スギナはとっても薬効があるですって。クスリに負けない効果も期待できるそうですよ~

ちなみに著者は単なる「雑草愛好家」ではなくてお医者さんでもあり、患者さんにもスギナ茶とか勧めているそうです。

他にも、食べられる雑草はほんとにたくさんあって、これ全部ほんとにいけてたらそうとう食費が浮くねぇ・・・と言う感じです。

散歩しながら子供達も「あ、これ食べられる!これも!」とっきゃっきゃ喜んでました。

問題は草摘みをしている私ってどうなの?という点と除草剤とか犬のおしっことか気になる点ですな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こどもは大好きなんだよな~「う・ん・ち」え、うちの子だけ?

うららかな春の陽気で、気持ちの良いきせつになりましたね。

我が家で今最も読まれている本がこんなビロウな絵本でございます。

はっきり行って季節は全く関係ありませんが、我が家は入学と入園が重なりまして準備から逃避して、ちょっと春めいた気分を出してみました。ああ~いろんなものに記名、以前に買い物が済んでないわ!!!

う・ん・ち

著者:なかの ひろみ,ふくだ とよふみ

う・ん・ち

この本は、いろんな動物のウンチの写真がのっている写真絵本。

カメレオンのうんちとか、タカアシガニのうんちとか、想像できないでしょ?

写真だと一目瞭然!しかもほとんど実物大であります。

子供と一緒にギャーギャー言いながら見るのに最適です。

おこちゃんは、ほんっとこういうのがスキですよねぇ~うちのは女の子ですけど、やっぱり大好き。っていうか、私もまだスキなんじゃ?っていうくらい敏感に反応してます。

以前読んだ本でおススメは、五味太郎さんのみんなうんち (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん) とか下のどちらかと言うと、科学系の絵本です。

うんぴ・うんにょ・うんち・うんご―うんこのえほん (うんこのえほん)

著者:村上 八千世

うんぴ・うんにょ・うんち・うんご―うんこのえほん (うんこのえほん)

「うんちしたのはだれよ!」「うんちっち」この二つは外国の物語系の絵本。

大人気ですよね。って、どんなけ熱く語ってんだか。

結果、うんこにとっても詳しい家族になってもまあ、それはそれでよろしいかと。

うんちっち (わたしのえほん)

著者:ステファニー・ブレイク

うんちっち (わたしのえほん)

うんち したのは だれよ!

著者:ヴェルナー ホルツヴァルト

 うんち したのは だれよ!

表紙のモグラ君がかぶってるベレー帽みたいなのが ウンチです。何気に絵がかわいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっぺけ~「うちの3姉妹」特別編

ご存じ、アニメにもなっている「うちの3姉妹」とうとう一冊購入してしまいました。

まだ私が2姉妹の母で派遣で働いていたときに、課長(寡黙、早稲田出身のエリートというお噂)がいきなり紙の束を持って来て、そっと渡されたのは・・・ うちの3姉妹のブログのプリントアウト!

ええ~?会社のプリンターで就業時間に・・・なんて自由な人・・・

しかも、そっと渡してそのまま帰っちゃうし。なんか試されてるのかと思った。

読んでると「ここはうちか?」と思うような身につまされるネタが多くって吹き出すことしばしば。

とくに、長女と次女の性格ってにかよってくるものなのかしら、とくに次女スーちゃんの自由人っぷりが我が家の2号(次女4歳)のKYっぷりに通じてて、すんごい笑っちゃいます。

ブログは書籍にもなってて現在8巻まで出てるんですが、今回ついに特別編を購入してしまいました。

今までは、ブログで読めるしアニメにもなってるし、まあ買うほどでもないか。(財布のひもは堅いわよ~)とおもってたけど、先日本屋で「なんか一冊買ってあげよう」というとこれを持ってきたので、即決。

しかし、2号よ。君は空気も読めなきゃ漢字もよめないし、ひらがなだって読めないぜ!うちの3姉妹の読み聞かせ?私がさせられるの?

うちの3姉妹 特別編 ハワイでおっぺけぺ

著者:松本 ぷりっつ

うちの3姉妹 特別編 ハワイでおっぺけぺ

特別編はハワイ旅行記!

いいなぁ~ハワイ。行ってみたいな~ハワイ

なーんで新婚旅行で奥飛騨温泉とか行っちゃったんだろう、私達(すごい良かったけど)ハワイに行くのと同じくらいお金かかったのに。

しかし、子連れで異国は楽し大変そうということが、大変よく伝わってきました。

いつか行きたいねぇハワイ。若くて二人の時にすら行けなかった私達・・・夢の又夢かも。

さて、そのとき私が買ったのはこれ。

聖☆おにいさん 3 (3) (モーニングKC)

著者:中村 光

聖☆おにいさん 3 (3) (モーニングKC)

いや、はまっちゃってて・・・

ブッダに息子がいたんだ?とか豆知識ふえまくりですわ。

久々にエッチシーンとかオバカも過激もなく上品な感じ?のギャグマンガ。

なんだろう、なんか作者の暖かい人間性みたいのが出てるんじゃないかしら~なんて。

確か去年のマンガ大賞かなんかに選ばれてる、はずです。スミマセンうろおぼえ。でも、ホントオススメですよ~

私、こういう日常生活を淡々とっていうのがスキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜシロクマか?も書いてあるよ「シロクマのことだけは考えるな!」

いよいよ年度が変わりました。今日から新生活を始める社会人さんとかで電車は込み合ってるんでしょうね~

環境が変わることは結構なストレスですが、たいていの人はうまく乗り越えられます。

でも、乗り越えられないでいる人はカウンセリング・・・なんてものに行く必要があるのかもしれませんね。

実は、数ヶ月前母が体調を崩したときに主治医には「検査結果はどこも悪くないから、心療内科とか行ってみたら」と勧められたと憤慨しておりました。

憤慨する=ようするになんかインチキ臭い、占いみないなもの、というイメージを持っているようです。

で、私がいろいろといってみましたが、全然聞く耳持たないし、そのうちうやむやになってしまってます。

占いじゃねーよ!かあちゃん!

とちゃんと説明できそうな気になるのがこの本。

シロクマのことだけは考えるな! 人生が急にオモシロくなる心理術

著者:植木 理恵

シロクマのことだけは考えるな! 人生が急にオモシロくなる心理術

表紙にはおしゃれなシロクマの絵と「人生が急にオモシロくなる心理術」って書いてあり、かる~いマニュアル本か?と思いきや、結構本格的な学術用語も出てきます。

もちろんかみ砕いてありますが。

たとえばタイトルにもなっている「シロクマ実験」

忘れようと思えば思うほどかってそのことを考えてしまうことがこの実験により明らかにされているのです。

シロクマのビデオをみせた人達を3グループにわけそれぞれ、

「シロクマのこと覚えておけ」
「シロクマのことは考えても考えなくてもお好きなように」
「シロクマのことだけは考えるな」

と告げると、一年後にシロクマのことを一番覚えていたのは「シロクマのことだけは考えるな」と告げられたグループだったのです。

考えちゃいけない!と思えば思うほど考えちゃって、記憶が深くなるんですって。

ちなみに、白熊が選ばれたのは心理学的に何のシンボルでもなくイメージが固定されていない動物だからだそう。

だから、失恋の痛手とか思いだしたくもない失敗なんて「忘れよう!」と思えば思うほど焼き付いちゃうと言うことらしい。

へぇ~へぇ~へぇ~でしょ?

じゃあどうすればいいの?っていうのもこの本には書いてありますよ!

ほかにも、カリスマホストの手管とか、ずばり言っちゃうあの人のコツとか何故か人気者になるフシギちゃんのひみつとか。

おもしろかったよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »