« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

「ぼくのぱんわたしのぱん」

朝起きたらすっかり雪が消えていました。積もってるとこけるけどちょっと残念。

寒さと面倒さと人手のなさに負けて子供達に雪遊びをさせて上げなかったのでちょっと申し訳ない気もしてます。

さて、雪で遊ばずぬっくぬくのお布団の中で昨夜読んだのはこれ。

ぼくのぱん わたしのぱん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

著者:神沢 利子,林 明子

ぼくのぱん わたしのぱん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

この本、かがくのとも傑作選の一冊で古い本です。絵は林明子さん。

内容は、三人の兄弟が本当にオーソドックスなパンを作る。てかんじ。

イーストもちゃんと発酵させてから入れてるし、すごく手間かかってます。

画面に時計が描かれているのですが、朝の10時から作り始めて3時のおやつでようやくパンが出来上がりです。

時間かかるなあ~

絵は林明子さんらしいかわいらしさ。最後に小麦の詩が付いててちょっといい感じ。

レシピとかついてたらもっとよかったのに~と思います。最近レシピつきの絵本おおいですもんね。ま、この本は最近の本ではないけど。

 さて、パンと言えば

我が家では結構気軽にパンを焼くのです。

しかも去年のクリスマスに「こねぱん」を買ったので子供達はパンつくりに興味津々。

欠品中、3月上旬入荷、ご予約品こねぱん 

私は

村上祥子さんの「45分のレンジパン」

門間みかさんの基本レシピをアレンジして、というがうろ覚えで適当にやっていますので1時間くらいで出来上がります。

みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓

著者:門間 みか

みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓

今まで出会ったパンのレシピの中で一番スキ。基本の2種の生地を覚えて応用していくのですが、ほんっとにおいしい。

作り方の詳細な写真も目からうろこだった~

リッチ生地とリーン生地があって、特にリーンの方はバターも少なくてすむし味のあるパンができるのでお気に入りです。

バターって高いし、やわらかくなるまで使えないし~わたしは結構オリーブオイルで代用します。おいしいよ~

ちなみに「こねぱん」も2時間くらいかかります。

発酵させるにはやはりそれなりの時間がかかる。別に発酵中はほったらかしていてもいいのだけど、この中断が子供には気持ちの切り替えができないらしく、ちょっとうるさい。

「まだ?」って5分おきに聞かれたり。発酵終わってもこんどはパンつくりに興味を失っていたり

でも、「こねぱん」ホントにおいしく出来上がります!レシピがいいんだと思うんだ~

結構感動だった。

初めてメロンパンにチャレンジして感動の旨さ!でありました。

いやークリスマスプレゼント、サンタさんの都合で「プリキュアのおもちゃ」じゃなくて「こねぱん」になり本当によかった。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

雪の休日

今日の福岡は雪です!

こんなに(といっても10センチくらいですけど)積もるのは10年以上ぶりじゃないでしょうか?

平日だったら確実に大事になりますね~

みんな雪に慣れていないから、あっちでコケこっちでコケだわ。

こんな日はおうちでぬくぬくに限ります。

090125_044857_2

写真は2号の作ったロボットカップル。

頭にリボンが・・・

今日は実家に遊びに来ているので朝夕の家事から解放されて、ちょっと楽。

ま、出来れば育児からも解放されてみたいけどね。

読んでいるのはこの本。

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

著者:福岡 伸一

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

物語ではないので勢いにのって集中できないけど、こんな雪の日じゃないと読めないから。

この本、分子生物学のお話なんだけどかなり読みやすいしおもしろい。昨年の話題作でしたよね?

確かに読み出したら止まらないかも。

DNAの構造を解明したワトソンとクリックとかね。

難しい話半分、謀略渦巻く科学史半分。それにしても作者の福岡さんはたとえ話が秀逸!かなりの詩人だねぇ・・・

今2/3しか読了してないけど、学生時代がよみがえる。(実はそうゆう学科でそんな感じの卒論を書いた私)

人生にはなーんも役に立たないけど

一年以上前ですがこんなタイトルも読みました。

爆笑問題のニッポンの教養 生命のかたちお見せします 発生生物学 (爆笑問題のニッポンの教養)

著者:太田 光,田中 裕二,浅島 誠

爆笑問題のニッポンの教養 生命のかたちお見せします 発生生物学 (爆笑問題のニッポンの教養)

私には珍しくちゃんと購入(上のは図書館ね)したんですが、一言で言わせてもらえば

情報量少なッ!!割高!って感じの本でした。

それもそのはず、NHKで放送された番組をそのまま本にした感じでよく言えば読みやすい。

でも、図版とかもテレビで使ったものばかりのようでちょっと期待はずれだったかなぁ。

私はミステリー好きだけどたまに「脳」とか「生物学」とか「宇宙」とかやわらかくかみ砕いてある読み物も結構好きです。

「脳」は最近すごいブームですよね。それこそ脳トレにはこういう本もたまには読まないとね~

さて、今日はプリキュアの最終回

そろそろ朝の支度をしますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごみおじしゃんって?「かーかん、はあい 子どもと本と私」

福岡はとても寒い朝です。雪が降るとか積もるとか?

こんなに寒くても布団から飛び出す私の子供達。アホなのか?

どんどん上の方にずり上がっていくので、それを抱きかかえて布団に戻すのですが、重いし起きると面倒だしで、ホント寝袋に入れて口をしばっときたい今日この頃。

さて、俵万智さんが朝日新聞に掲載されていた絵本にまつわるエッセイをご紹介。

かーかん、はあい 子どもと本と私

著者:俵 万智

かーかん、はあい 子どもと本と私

これ、すっごくよかったです。

絵本を紹介している大人向けの書籍って最近は良く読むのですが、たくさんの紹介しようとつめこみすぎたり、思いが強すぎてちょっと押しつけがましく感じたりする物も多いように思います。

これは、絵本の紹介よりも俵さんと息子さんの絵本にまつわるエッセイ。

歌人である俵さんは当然ながら言葉に対する愛情が人一倍強い方だとおもいますが、その彼女がまさしく手塩にかけて自分の息子に選んだ絵本達。

赤ちゃんの時は反応が良かった絵本を、息子さんが大きくなると昔自分が読んでいた思い出の絵本や感動の絵本をその理由と共に教えてくれます。

まさしく「絵本を読み解く」といった彼女の感想もストンと納得できました。

また内容だけでなく、与えるタイミングにもすごく気を遣っていて「最高のタイミングで読んで欲しい」って考えてるところがべんきょうになりました。

たしかに、1歳児と3歳児と6歳児全部好きな本がちがうんですよね(うちなんですけど)

結局お姉ちゃんチョイスの絵本ばかり読んでしまうので息子は全然赤ちゃん絵本を読んであげてないかも~

絵本に対するじんわりと暖かい思いが伝わってきます。

ちなみに、挿絵は五味太郎さん。

むすこさんは「ごみおじちゃん」と呼んで「きんぎょがにげた」を持ってくるんですって。

かーかんはお母さんのこと。途中挿入される短歌も子育てをしている人ならではの良さがありますよ~

 

きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

著者:五味 太郎

きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

 これも紹介されてます。きんぎょの自分探しの旅なんですって。

いろんな所に行ってみるけど、結局落ち着いたところは・・・みたな。

最後に鏡に自分を映すところも自分探しというキーワードにはまるそうだ。ムムム~確かに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐっときました「ぼくがラーメンをたべているとき」

毎日寒いですね。今日当たり気温の底なのかしらという感じです。福岡の最低気温は0度。

福岡では、驚異的な数字なんですって!0ってったら水が氷になちゃう~って子供達は大騒ぎですよ。ええ、もちろん私はチェーンなんて巻いたことありません。雪がひどいと休むもん。休んでもたぶん怒られんし、バナナなってるし。そんなところ福岡です。(ちょっとうそ)

今日は、人気絵本作家 長谷川義史さんの本ぼくがラーメンたべてるとき を読みました。

ぼくがラーメンたべてるとき

著者:長谷川 義史

ぼくがラーメンたべてるとき

これね、ユニークと言うかヘタウマな何とも親しみやすい絵柄ですが最後の数ページでガッツンと打ちのめされます。まさしく、ぐっと来る絵本。

内容は 

 ぼくがらーめんをたべてるとき ねこがあくびをした 同時に 隣では、その隣では、、、と場面がどんどん飛んでゆきます。

となりのまちから、となりの国へ飛んでいく。すると平和だった日常、今この瞬間にも労働している子供、それから戦争の犠牲になって倒れている子供がいることが示されています。

最後はまたラーメンを食べる僕の家に視点は戻ってきます。

ぼくが、ラーメンをたべて隣で猫があくびをしている今、死んでいく子供もどこかにいるということ。

もう、最初のようにのほほんとした気分では見ていられないのでした。

一読したとき、あ、これは子供に読ませたいと思いました。

読ませて、どんな反応をするか確かめたい。

でも、ここで大人の感想を言うとだめな気がします。それが彼女達の考えた(つもりの)事になってしまうから。

今はわからなくても、きっと感じ取れる時期が来るとおもい感想を求めることはしませんでした。大人だって、こんな重いテーマの本読んですぐに感想を求められたらしぼんでしまいますもんね。

ちなみに年長の1号はしばらく黙っていたので何か感じ取れたのでしょう。

年少2号は・・・微妙ですね。ただ、何回も読んでくれといったのは2号。

去年話題になったこの本、たぶんまだ本屋で手に入ると思います。ぜひ一読を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初場所ならぬ「はっきょいはたけばしょ」

最近ワイドショーでは、初場所といより朝青龍の話題が必ず出てきますね。

ふてぶてしい?彼もよおく考えたら異国から来た20代の若者。私があの年にはまだ、箸にも棒にも引っかからないものでした。

「モンゴルから再来日」と言うのはなんとなく底意地悪いなと思いません?

まあ、今彼は日本一のヒール(悪役)を目指しているのかもしれまんせんが。

さて、おすもうの面白い絵本をみつけました。

はっきよい畑場所 (講談社の創作絵本)

著者:かがくい ひろし(作)

はっきよい畑場所 (講談社の創作絵本)

かがくいひろしさんって、とっても面白い絵本を書く人です。

今日は畑場所の千秋楽。

たまね錦やなすび里などやわらかい線で描かれた野菜のお相撲さんたちがとってもかわいい。

結びの一番は「だいこのあらしとすいかい」。何が起こるって言うわけじゃないけど、このシュチュエーションを考えた時点でもう勝ち、って感じです。

すごくかわいいくて、思わずわらってしまう野菜たちのしぐさにもううちの子がノックダウン。

小さい子からいけると思います。娘達はこれで、横綱とはなに?出身ってなに?といろいろ学んじゃったのでした。

ちなみに「なすび里」が義理の兄にそっくりで・・・ぷっいや、言えないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メガネっ子(娘、じゃありません、あしからず)

寒い朝です。寒風が吹きすさんでおります。湯たんぽを抱いてネットサーフィン中

さて突然ですが、我が家の2号(もうすぐ4歳)はメガネをかけています。

去年の春、三歳児検診で弱視が見つかりまして以来メガネっ子です。

で、定期的に視力検査に行ってるのですがこれがなかなかいい結果が出なくて悩んでいます。

本来ならメガネをかけることによって視力が上がっていくはずなんですけが、かれこれ1年近く度数はほとんど変化なし。

私もわが子が視力検査で引っかかるまでは、弱視というものをよく理解してなかったのですが、弱視は目の機能の問題と言うより脳の見る能力の問題だそうです。

もともとクリアな映像を見たことがないのでこんなもんだ~と脳が処理をしてるって感じ?

娘の場合は右の視力がよいため左の目の力ををほとんど使わずにいるらしい。

逆に視る訓練をすれば伸びる・・・はずなのですが、この訓練

「弱い方の目だけで、手元の細かいものを見る」と言うもの。

ビーズとか、間違い探しとか、塗り絵とかいろいろあるのですが、わが娘まだ字が読めない、集中力もない(ちなみに空気も漢字も読めません)。

病院で進められたのはこんなのです。

親子で楽しむアクアビーズアート

親子で楽しむアクアビーズアート

しかし!これって対象年齢6歳くらい?ちょっとまだ出来なくって、買ってもすぐにキーキー言って投げ出す

Too ぬり絵でおしゃレシピ Girls Fashion 1 ハート 11700201 CE Too ぬり絵でおしゃレシピ Girls Fashion 1 ハート 11700201

販売元:Too
Amazon.co.jpで詳細を確認する

病院でもらった塗り絵はルール(はみ出さずに塗るとか)がわからず飽きる。

こういう姫様系好きだけど、まだ先の話。

時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで

著者:香川 元太郎

時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで

これ、今ちょっと買おうか迷ってるんですが、スタートからゴールまで直線引くしなぁ。まだ早そう・・・

強くおススメされたのは「ミッケ」

ミッケ! クリスマス―I SPY 3

ミッケ! クリスマス―I SPY 3

著者:ジーン マルゾーロ,ウォルター ウィック

ミッケ! クリスマス―I SPY 3

これ、大人とかは結構楽しいけど、彼女はほとんど興味を示さない。

たぶん、昔からあるので

「あたちには出来ないバブ」と赤ちゃんのころに刷り込まれたんじゃないかしら。

ちなみに、ウォーリーだって探させたいけど、

ウォーリーをさがせ!きえた名画だいそうさく! (新ウォーリーのえほん)

著者:マーティン・ハンドフォード

ウォーリーをさがせ!きえた名画だいそうさく! (新ウォーリーのえほん)

すぐに飽きる→みつけたらクレヨンで丸を書いちまう

たしかにまだ少し難しいのかなぁ・・・と言う感じなんですよね。

(しかし、この絵本描くのすっごい大変そう・・・!)

で、もうひとつの病院のお勧めがニンテンドーDS。

任天堂 ニンテンドーDSi 本体 (ホワイト) 任天堂 ニンテンドーDSi 本体 (ホワイト)

販売元:Joshin web 家電とPCの大型専門店
楽天市場で詳細を確認する

確かに目には悪いと言われる携帯ゲームですが、弱視のトレーニングには結構よいと視能訓練士さんは言っていました。

あ、ちなみに視能訓練士さんの書いたブログを見つけたので興味のある方はどうぞ。

視能訓練士のヒトリゴト

追記:先日トイザラスに行ってきました。18900円也・・・ソフトも要るしねぇ。

肝が切れん(とよく母ちゃんに言われる)私には買えなかった。

買ってだめなら私が遊ぶ?うーん、確かに大人にも面白そうなソフト多いですよね。

どなたか、4歳女の子向けのDSソフトをご存知の方おられませんかねぇ・・・

ひらがな読めないのがネック・・・

先にこっちか?

一人で学べるひらがなかたかな きいてかいておぼえるCD付   [本] 一人で学べるひらがなかたかな きいてかいておぼえるCD付 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

へぇ、こんなのがあるんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

懐かしすぎる~「ふしぎなかぎばあさん」

今朝の福岡は残念なお天気。

でもオムツが溜まって仕方なく洗濯機まわしているところですが、もう家事は打ち止めにしようと思っております。

家事ってホントやってもやっても終わりがないので、突き詰める性格の人には向かない仕事だと思いません?え、思わない?・・・あきらめも大切なんだす。

ま、洗いあがったブツを干す作業がありますが。

さて、図書館でとっても懐かしい本を見つけ娘をそそのかして?借りてきました。

ふしぎなかぎばあさん (あたらしい創作童話 6)

著者:手島 悠介

ふしぎなかぎばあさん (あたらしい創作童話 6)

ね、小学校で大人気じゃありませんでしたか?

この黒い表紙って言うのがなかなかミステリアスで惹かれた記憶が

内容は、

 かぎっこの男の子が雪が降る中鍵をなくして途方に暮れていると、不思議なかぎばあさんがやってきて、たくさんの持っていた鍵のたばの中からぴたりのものでさっさとドアを開けてくれます。

 おまけに、ご飯やデザートを用意してくれて、紙芝居までやってくれる。

何なんだ~このばあちゃんは!って感じのお話。

ジンジロゲーの歌なんて楽しい歌の楽譜まで入っています。

小学生のときに読んだ記憶はあるのですが、 内容は全く覚えてなかった。

シリーズ化していることも知りませんでした(かぎばあさんのマンガ教室とかまであるし

しかし、自分の娘と同じ本を読んで面白がることができるのは幸せなこと。

皆さんも懐かしい本探してみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年読みたい本

三が日も早あけて、明日からは仕事始めの方が多いですね。

今年の正月は一歳の3号が突発性発疹にかかり、ほとんど看病に明け暮れた感じです。

年末に買おうと思っていた以下の三冊もいまだに1冊しか手に入っていない模様。

ゴールデンスランバー

著者:伊坂 幸太郎

ゴールデンスランバー

このミスで一位だそうでございます。

伊坂さんの本はなんか希望あふれる終わり方で最悪だけど笑い方は忘れないよ。っていうほのぼのしたところがスキ。

おんなの窓〈2〉
Book
おんなの窓〈2〉
著者 伊藤 理佐
販売元 文藝春秋
定価(税込) ¥ 1,000

思えばおるすばんえびちゅ、とか読んでいたのはもう15年位前になちゃってる?

全然成長していない自分がおそろしい 

ほんで、去年は伊藤理佐さんは吉田戦車さんと再婚されたとの事。じゃ、これ買わなくちゃ。

もう一冊は、ようやく今日手に入れたこれ。

大奥 第4巻 (4) (ジェッツコミックス)

著者:よしなが ふみ

先ほど読了しました。うーん、どんどん難しくなっていきます

1から3巻を読み直して再挑戦しなくちゃ。

久しぶりに本屋さんに行ったら上の二つは見つけることができず、こんなことならアマゾンをぽちっておけばよかったと悔やみながら帰ってきたのでした。

(ああ、でもこれ以上アマゾンを儲けさせるのはなんだか悔しいのよ!)

あ、タイトルは今年読みたい本なのに思いっきり今読みたい本になってしまいました。

今年の目標は

「この過去10年のミステリーがスゴイ上位のものを全部読む」

「俳句を読む」

女性時代小説を重点的に攻める。

「村上春樹」か「大江健三郎」どちらか一冊でも読む・・・でございます。

最後のひとつの消極的なこと!我ながら┐(´-`)┌ですね・・・

そんな感じで今年も細々とブログも続けて行けたらと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

一日出遅れてますが、書き初めのブログ初めと言うことで。あけましておめでとうございます。

今年の年末年始はイヤー参ったね。(byくりぃむの有田さん)

3号が晦日、大晦日そして元旦にかけて40℃超える発熱で病院三昧でございました。

どうやら子供が初めて高い熱を出すという「突発性発疹」だったようですが、結局発熱が引かずインフルエンザの検査も2回、血液検査も2回。

やっと熱が下がって来たところです。やれやれ。あ、起きた。

みなさま今年もよろしくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »