« メリークリスマス | トップページ | 昨日NHKで・・・ »

今年の心残りは・・・

いよいよ年も押し迫ってきましたね。誰かが

年の瀬の忙しい時期に年賀状はおかしい!時期をずらしたらどうかと提言していましたが、気持ちはわかるけどレイ点て感じですな。

私もずーっと頭の上に年賀状を書かなくてはいけないという重圧がのしかかり、ブログの更新もままならなかったとさらりと言い訳をしてみました。

我が家の年賀状は結構凝るので時間がかかるのです。

さて、今年は何冊くらい本が読めたんだろう。きちんと記録を残そうと毎年思うのですが、いつも途中でダメになってしまいます。

確か新年の誓いは「今年は村上春樹とか現代文学の名作を読む!」だったんですが、よめた春樹は1冊・・・

ふしぎな図書館 (講談社文庫)

著者:村上 春樹,佐々木 マキ

ふしぎな図書館 (講談社文庫)

佐々木マキさんは、絵本もたくさん書いていて絵がとってもかわいいのでした。羊男っていうが村上春樹の世界では有名なキャラ?らしい。

でもね、うーん。わっかんねー  なんていうか、不条理なら吉田戦車とか中川いさみのほうがよほどだし笑えるし。

お恥ずかしながら、つい最近まで村上春樹と村上龍を混同していた私。

なんで女子大生の時間があるときに村上春樹とか読まずに殺人事件ばっっかしよんでたのかしらん?

とつらつら考えていたんですが、あ!たぶん村上龍の「69」が恥ずかしかったんだな。きっと。

本屋でバイトしているとき確か平台にあって「きゃーなんていやらしい!エッチ!」って思ってた。

69 sixty nine (文春文庫)

著者:村上 龍

69 sixty nine (文春文庫)

内容も知らずにね。ほんと若いときはあほだなあ。あ、私だけ?

さて、今年の心残りはこんな感じで伝説ちっとも不達成でしたが、読めた古典名作もありました。

原作ではないけど「枕草子」。「むかしあけぼの」と「枕草子Remix」です。これは結構おもしろかったなぁ・・・・

それから、年をまたいで「真田太平記」を読了したこと。ああ、頑張った・・・

絵本では、今年は1号が児童書を読むようになりずいぶんと数が減ったような気がします。

一番はまったのはゾロリシリーズ。新作も買っちゃいました。

かいけつゾロリイシシ・ノシシ大ピンチ!! (ポプラ社の新・小さな童話 240 かいけつゾロリシリーズ)

著者:原 ゆたか

かいけつゾロリイシシ・ノシシ大ピンチ!! (ポプラ社の新・小さな童話 240 かいけつゾロリシリーズ)

今回は、ええ子バック(エコバック)がおまけ。内容は・・・相変わらずですな。母親としてはあんまりお金払ってまで買いたくない感じ。エコバックは結構使えます。

あと、心に残ってるのは「漂着物」「ケーキ屋さんのゆうれい」「としょかんらいおん」と海外の評判のいい絵本ってやっぱりおもしろかった

後で、子供にも聞いてみますね。(たぶん昨日の事も良く覚えていないのでろくな答えは返ってこないでしょうが)

|

« メリークリスマス | トップページ | 昨日NHKで・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の心残りは・・・:

» 自費出版 [自費出版]
自費出版のメリットは誰もが本を書くことができると言う点です。 [続きを読む]

受信: 2008.12.28 15:17

« メリークリスマス | トップページ | 昨日NHKで・・・ »