« ナンセンスゥ~「どうぶつにふくをきせてはいけません」 | トップページ | 本屋好きには!「配達あかずきん」 »

「めがねなんて、かけないよ」って言わないで~

いよいよ月もかわり、11月にはいりましたね。

町では手のひらを返したようにカボチャを引っ込めてツリーが飾ってあります。

さて、表題「めがねなんて、かけないよ」は三びきのコブタのほんとうの話―A.ウルフ談 (大型絵本)なんかを描いたレイン・スミスさんの一冊。

絵本のムックで知り読んでみました。三びきのコブタのほんとうの話、も相当おもしろかったのですが、この本が気になった理由はもう一つありまして、実はうちの2号は3歳児検診で遠視性弱視が見つかり、今”メガネっコ”だからです。

弱視というと見る力じたいを訓練する必要があるので「見やすくするためにかけている」のではなく「見る力を付ける訓練をするためにかけている」そうで、風呂と布団の中以外はかけてる方が望ましい。

「めがねなんて、かけないよ~」

と逃げ出されると大変こまるのです。

そこでこの本、内容は

メガネをかけなさいと勧める眼科の先生と「かけない」と頑張る僕のやりとりです。

先生が「パパだって、ママだって、・・・怪獣映画に出てる人だって・・・ジャガイモだってカメレオンだって・・・みーんなかけてるんだぞ!」とどんどんエスカレートして行く様子がおもしろい。

最後はどうなったって?

先生に「かけないとこーんなおもしろいものがみられないんだぞ!」といわれメガネをかけられるのですが、そこには先生の言う妄想?の世界が広がっていて、僕は思わす「金のフレームにしてよね」と言っちゃいます。

それしてもものすご~く個性的な絵。どうやって描いたのか想像できないなぁ、っていうタッチ。

かわいい?ん?ビミョー・・・なんですが

ちなみに当の本人の娘は「メガネかけないといけないのにねぇ~」とおばさんのように勝ち誇っていました。

そうそう、メガネをかけていると「とてもかわいい!メガネのお姫様」だとおだてまくってます。

しかし、小さい子のメガネは十分目立つ!それだけが特徴になって、この前迷子になりかけたとき

「ほら、あのメガネの子よ!」と言われ少々母ショック。メガネの子。ま、そのままでありますが。

あ、ちなみにこのメガネは大きくなるとはずせるそうです。

そのころには

「メガネをはずした彼女は意外とかわいくて」バージョンでお願いします。(なにが?)

めがねなんか、かけないよ 

 レイン スミス、Lane Smith、 青山 南 (大型本 - 1993/3) 

 ほるぷ出版 (1993/03) ¥ 1,470 (税込)

|

« ナンセンスゥ~「どうぶつにふくをきせてはいけません」 | トップページ | 本屋好きには!「配達あかずきん」 »

・絵本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「めがねなんて、かけないよ」って言わないで~:

» レーシック 保険 [レーシック 保険]
レーシック について [続きを読む]

受信: 2008.11.03 23:33

« ナンセンスゥ~「どうぶつにふくをきせてはいけません」 | トップページ | 本屋好きには!「配達あかずきん」 »