« 最近面白かったのは「抒情の奇妙な冒険」ほか | トップページ | 去年のこのミス「復讐はお好き?」 »

何かに似ている・・・「ブタベイカリー」

食欲の秋、我が家のいやしんぼたちも旺盛な食欲を見せ始めました。

このところあまりの暑さに控えていたオーブン料理や揚げ物をようやくやる気が起きてきました。

まずは、実際に作るよりもイメージトレーニングからと言うことで、まん丸お鼻のパン屋さんのお話。

って、この鼻でパン屋って、ジャムなんとかってやつじゃないの?

母のつっこみ心がうずきますが、何てったって作者は大物、角野 栄子さんと 100%ORANGEさんだし。

帽子が違うし・・・作ったパンも飛んだりパンチしたりしない食べられるパンだし・・・

大丈夫かしら?

ブタベイカリー  角野 栄子  100%ORANGE

内容は、人間の”ぶたさん”はパンの移動販売をしています。

たんこぶパン、でべそパンに耳パン、鼻パンなんでもござれ。

場所や人にあわせて、商店街の野菜屋さんには大根パン。

テレビ局の前では監督にメガホンパン。

でも一番人気はくるんと丸まったブタのしっぽパン。たくさんのいろんなパンが楽しい。

ここらへんは「からすのパンやさん byかこさとし」を思い出します

そんなある日、森の動物たちがあついリクエスト!自分たちのしっぽパンが食べたい!

ブタさんは、それから週に一度は森にもブタベイカリー号を走らせるのでした。

絵も、100%オレンジさんのおしゃれーな感じを少し押さえて、ノスタルジックなタッチ。

太い鉛筆のラインと色数もあえて抑えた水彩がいい感じで、とても好感が持てます。

大丈夫、内容はちゃーんとオリジナルでしたよ!我が家の2号(3才)がお気に入りです。

|

« 最近面白かったのは「抒情の奇妙な冒険」ほか | トップページ | 去年のこのミス「復讐はお好き?」 »

・食べ物の絵本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何かに似ている・・・「ブタベイカリー」:

« 最近面白かったのは「抒情の奇妙な冒険」ほか | トップページ | 去年のこのミス「復讐はお好き?」 »