« 息子九ヶ月になる | トップページ | 何かに似ている・・・「ブタベイカリー」 »

最近面白かったのは「抒情の奇妙な冒険」ほか

最近自分の読んだ本のご紹介がずっとご無沙汰してました。

読んだ端から忘れちゃうんで、忘れないように始めたブログだったのに・・・

ブログにアップするのをわすれてちゃー意味がない。にんともかんとも、とハットリ君ならいうでしょう。

この「抒情の奇妙な冒険」もちろん、「ジョジョの奇妙な冒険」とかかっているんですが、短歌集です。

抒情の奇妙な冒険 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

著者:笹 公人

抒情の奇妙な冒険 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

短歌なんて・・・と思ってる方にむしろぜひ手にとって見てほしい。R35世代に焦点を合わせた、サブカルチャー風味の短歌がたくさん並びます。

例えば

持ち出した箪笥を黒に塗りたくりYMOを演(や)る文化祭

(9.11)

他人事と思えばもう一度起こるぞよ 塔の模型に祈る人々

フセインをマリオに見立てたゲームせし兄のパソコンにウィルス届く

こんな感じで、教科書に載っていた「短歌」とはちょっと違います

なかでも私が、思わずひざを叩いたのはこちら。

さめざめと友と泣きたる秘密基地 九九年に寿命さだめて

そうそうそう!小学生にはびこる「どうせ1999年に地球は滅んじゃうじゃん!」みたいなプチ厭世観。 いいにおいの消しゴムも、りぼんの付録も使わなきゃって。

ああーなっつかし~!!!

作者の笹公人さんは、これが私と同年代でこれが第三歌集。

こんなブログもされています。(ブログは”されている”であってる?)

笹短歌ドットコム  おもしろいよ~

それから、短歌つながりでもう一冊。

現実入門

著者:穂村 弘

現実入門

わたし、この方の歌集よりエッセイの方がすきなんです。

実際にコンピューター会社の総務部の課長しつつ、歌人。っていうプロフィールも好感が持てます。

この本は、編集者の佐久間さんとう美しい女性からエッセイの依頼があり

「いままでほかの人にとっては当たり前でも穂村 さんにとっては初めてのことをしましょう」

と言うコンセプトで、エッセイを書いていきます。

ホムラさんは「ほんとにみんなこんなことを!?」と汗をかきながら取材してくれます。

例えば(佐久間さんと二人で行く)「ハワイアンセンター」だったり「はとバスツアー」だったり「合コン」だったりしたものが、

だんだん「ウェディング会場で模擬挙式を見る」だったり、「モデルハウス見学」「家を借りる」・・・とある意味濃く意味深なものになっていき、

最後は佐久間さんのご両親に挨拶に行き・・・で終わる。ホントかよ!とつっこんだところでちゃんと、あとがきにてうそだと白状されていました。

うそ7割現実3割?くらいなので、最後までまんまと信じてしまいました。

いやー、やられた!でも、とっても楽しい!ちょっと嫌味なくらいお上手

これも、おすすめ~!!

|

« 息子九ヶ月になる | トップページ | 何かに似ている・・・「ブタベイカリー」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近面白かったのは「抒情の奇妙な冒険」ほか:

« 息子九ヶ月になる | トップページ | 何かに似ている・・・「ブタベイカリー」 »