« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

最近面白かったのは「抒情の奇妙な冒険」ほか

最近自分の読んだ本のご紹介がずっとご無沙汰してました。

読んだ端から忘れちゃうんで、忘れないように始めたブログだったのに・・・

ブログにアップするのをわすれてちゃー意味がない。にんともかんとも、とハットリ君ならいうでしょう。

この「抒情の奇妙な冒険」もちろん、「ジョジョの奇妙な冒険」とかかっているんですが、短歌集です。

抒情の奇妙な冒険 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

著者:笹 公人

抒情の奇妙な冒険 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

短歌なんて・・・と思ってる方にむしろぜひ手にとって見てほしい。R35世代に焦点を合わせた、サブカルチャー風味の短歌がたくさん並びます。

例えば

持ち出した箪笥を黒に塗りたくりYMOを演(や)る文化祭

(9.11)

他人事と思えばもう一度起こるぞよ 塔の模型に祈る人々

フセインをマリオに見立てたゲームせし兄のパソコンにウィルス届く

こんな感じで、教科書に載っていた「短歌」とはちょっと違います

なかでも私が、思わずひざを叩いたのはこちら。

さめざめと友と泣きたる秘密基地 九九年に寿命さだめて

そうそうそう!小学生にはびこる「どうせ1999年に地球は滅んじゃうじゃん!」みたいなプチ厭世観。 いいにおいの消しゴムも、りぼんの付録も使わなきゃって。

ああーなっつかし~!!!

作者の笹公人さんは、これが私と同年代でこれが第三歌集。

こんなブログもされています。(ブログは”されている”であってる?)

笹短歌ドットコム  おもしろいよ~

それから、短歌つながりでもう一冊。

現実入門

著者:穂村 弘

現実入門

わたし、この方の歌集よりエッセイの方がすきなんです。

実際にコンピューター会社の総務部の課長しつつ、歌人。っていうプロフィールも好感が持てます。

この本は、編集者の佐久間さんとう美しい女性からエッセイの依頼があり

「いままでほかの人にとっては当たり前でも穂村 さんにとっては初めてのことをしましょう」

と言うコンセプトで、エッセイを書いていきます。

ホムラさんは「ほんとにみんなこんなことを!?」と汗をかきながら取材してくれます。

例えば(佐久間さんと二人で行く)「ハワイアンセンター」だったり「はとバスツアー」だったり「合コン」だったりしたものが、

だんだん「ウェディング会場で模擬挙式を見る」だったり、「モデルハウス見学」「家を借りる」・・・とある意味濃く意味深なものになっていき、

最後は佐久間さんのご両親に挨拶に行き・・・で終わる。ホントかよ!とつっこんだところでちゃんと、あとがきにてうそだと白状されていました。

うそ7割現実3割?くらいなので、最後までまんまと信じてしまいました。

いやー、やられた!でも、とっても楽しい!ちょっと嫌味なくらいお上手

これも、おすすめ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

息子九ヶ月になる

順調に育ってまるまるとした赤ちゃんになりました。いや、もうすでに赤ちゃんから子どもになりつつあります。

鼻毛が生えてきたら子どもなんですって。(ウソ)

といっても、いまだにハイハイはしてくれません。顔と体がすくすくと成長しております。

特に顔はふっとおっさんくさくなるときがあり、母は大変驚きます。

ハイハイはしませんが、つかまりだちと伝い歩きはするようになりました。

・・・・過保護つかまりだち(要介助)ですが。

相変わらず自分の力で立ち上がるのは無理なので、下に下ろされるときに座るのを拒否して机につかまったり、いすの足につかまったり、私の足につかまったり、失敗してでこ打って泣いたりしております。

つかまり立たせると、派手に転んで目が離せないんだよなー

娘に見ててよーと頼んでもそこは5歳の浅ましさ、テレビに夢中になるとすーぐわすれちゃいます。で、しばらくすると

「うぎゃー」「うわー!まーくんがこけたー」「テレビがきこえん(次女発言)」などと大騒ぎです。

あまりのこけっぷりに「立木か」と突っ込むほど。

そのくせ、ベッドから上半身が落ちかかっててもニコニコしてたりするので、ホントーに目が離せなくなって来ました。

おまけに何でもお口で確認中なので、おねーちゃんズのビーズやらシールやら色鉛筆やら、ハラハラしっぱなし。

一番怖いのは私の母がガラスの小瓶(なつかしの星の砂)とか持たせて遊ばせてる点ですが。

口に入っちゃうでしょー!!と大喧嘩。っていうか、20年以上前に友達からもらったやつ。毒でてるからたぶん。

そんなこんなで、9ヶ月育児はえーっと、にぎやか家族ってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいでよ!不思議の森のミュージアム

福岡アジア美術館で今日、8月17日までやってる「不思議の森ミュージアム」へ行ってきました。

毎年行われている、絵本の美術館?ですが、今年は水木しげるさん監修、妖怪博物館になっておりました。

001 入り口では目玉親父のお出迎え。

あれ、とんこつラーメンになってるじゃないですか。

中は子どもが遊びながら絵本が読めるようにと、クッションがあったり、穴ぼこがあったりのじゅうたん敷きのスペースにたくさんの本がおいてあり、自由に読めるようになっています。

今年は、とくにお化け妖怪関連の絵本を集めたコーナがあり 、これは!とおもって写真を撮ってきました~

013_3 014

よく見えませんが、

「くずかごおばけ」 せなけいこ

「おばけドライブ」 スズキコージ

「せかいいっしゅう おばけツアー」 長野ヒデ子 などなど。

まだ読んだことないのもたくさんある

しかし、うちの馬鹿子達は絵本なんて目もくれ ずに、クッションで遊びまくって消えてしまった

おばけ、妖怪の009絵本って結構多いみたいです。こどもって怖い話がすきだからねぇ。

水木しげるの妖怪大冒険 コーナーも大変面白かったです。

妖怪のフィギュア(?)あり、銅像ありで私はもっとじっくり見たかった~

近づくと風が吹き付けて子供を驚かせるしかけがあったりして、子どもも大人も楽しめました。

今回私が一番怖かった妖怪は 「しろうねり」。一見鳥のように見えるけれど、

雑巾を洗わずにほったらかしておくと、しろうねりになります。とても臭く云々。

・・・・ひょけー嫌だ~

今日までですが、絵本がたくさんで子どもたちはたっぷり時間がつぶせます。

雨で行くとこがないよ~という博多っ子にお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆるゆる~「セーラーとペッカ」シリーズ

去年発行された絵本の中で、プチ(ぷち)ブレークをしたこのシリーズ。

スウェーデンの現代美術家 ヨックム・ノードストリュームの絵本です。

それがモー、全体を漂うゆるゆる感と憎めないお気楽てきとう感が大爆発していてなかなか目が話せません。

主人公は引退した元船乗り、セーラーと犬のペッカ。←話したり食べたりできる不思議の国の住人。

長新太さんを思い出させられるキャラクター達が、一見なんでもない(そしてほんとになんでもない)日常を見せてくれます。

たとえば下の「いったいどうした?セーラーとペッカ」では、肺炎にかかったセーラーが病床で見る気持ち悪い夢が描かれています。あ、これが描きたかったのかな?というくらいぐにょぐにょのアートな世界。

でも、いやみじゃないのは薬を取りにいく犬のペッカが、「大変だ、急いで薬を!」と家を出たのにもかかわらず、なんか道草をしたり突っ込みどころが満載なところ。わに革の靴が置いてあったからちょっとはいてみたりとかね。

長いことかかりますがセーラーは全快し、表紙にあるように、ジャクソン婦人(彼女?)と踊ります。

いったいどうした?セーラーとペッカ (SAILOR OCH PEKKA 2)

5冊とも実は、それがどーした!ってかんじのなんでもないストーリーなんですが、なんか手放せない絵本です。うちの3歳が結構気に入ったよう。

大人の人にも喜ばれるかも~(ちなみに穂村弘さんが大絶賛してましたよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほおずきがいっぱい

先日、行きつけの図書館にてお話し会に参加しました。

毎週土曜日にボランティアさんが行っているやつで、今回で3回目なんですがアットホームでいい感じです。なんってったって参加者3組くらいなので、大人もじっくり絵本を読んでもらえます。

やっぱ、絵本って自分で読むより読んでもらったほうが集中できるし、断然いい!!と思ったしだいです。

それから、どうしても私達だけで選ぶと偏りがちだけどいろんな本を紹介してもらえるので小さな発見の連続です。季節感も大事にしてるし。

何冊か読んでもらったうちのひとつが、これ。

「ほおずきがいっぱい」  福音感書店 かがくのとも 2005年9月 島津和子 作

Ehon9351

絵がとても細密できれい。

ほおずきの遊び方がたくさん紹介されています。

残念ながらアマゾンとbk1では購入できないようです。

で、今回のお話会はご年配のボランティアの方がほおずきを持ってきてくださり、子ども達にプレゼント。

012_2

子どものころはこんな風に、リボンをむすんでお人形さんにして遊んだそうです。

そのほか、ほおずき笛も作れるよーとかいろいろ教えてもらって、私一人じゃ教えられないことをたくさん吸収してきました。

来週も参加しようっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

息子八ヶ月になる

いつの間にやら八ヶ月に突入しておりました。

うちの子は相変わらず、ぷりぷりっとお肉が付いて体が重いのかなかなか動きが出ません。

同じ月例の女の子は確か2ヶ月以上前からハイハイしていましたが。

ようやく、つかまらせてやると立つようになりました。文字通りつかまりだちでいいのか。

でも、足が完全に仕事をしていないのですぐつぶれるわけですよ。

001 仕方がないから立たせてあげて、足をしかるべき角度に持っていってようやく取れた写真です。吸盤(口)で吸い付いているので、風呂場のつかまりだちは完璧。

しかし吸盤がうまく使えない場所は脇を支えてあげたり、かなり過保護なつかまりだち。

しかも、マトリックスばりに反り返ったりして、まったく自分の足で立つつもりねーな、こやつは

かわりに寝返りは結構上手になってきました。

と、いっても行きたい場所にいけるわけではなく、転がっていった先が気に入らないと泣く。

まさしくいきはよいよいですな。よくよく観察すると、体がいびつな球体なため、右向いて左向いたら別の場所にたどり着くようです。難儀な・・・

さて、もうすでに育児書をみるような殊勝な心がけはないので、明らかではないのですが8ヶ月と言えば夜鳴きが始まったりする時期。

そういえば人見知りも、ちょっと前から始まりました。

宅配便のお兄さんところまで歩行器でカーッと滑ってきて顔を見て泣いたり、エスカレータの中で知らないおじさんをまじまじとみて泣いたり。

泣くんなら見るナッつー話ですよ。おじさんたちもいい迷惑。

そのほかには、リモコン、携帯などボタンがいっぱい付いているものを好むようになりました。寝相がお姉ちゃん達に負けず劣らず悪くなりました。

さあ、来月はどんな成長を遂げていることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »