« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

私にも読めた!「数学的にありえない」

なにしろ数学が嫌いで、今から半世紀以上前に銀行の内定を蹴って警察官になったという父親を持つ由緒正しい数学オンチの血の流れるこの私。

このタイトルの本を読めて、自分でもびっくりです。

 しかし、それもそのはず、内容はそんなに難しい数学は出てきません。いえ、出てきますけど読み飛ばしちゃってもいいんです。

久しぶりに量子力学とか単語自体見ましたけども。それはそれでわかんなくてもなんとかなるもんでして。

あ、後面白かったのは「この中に同じ誕生日の人がいる確率」というやつ。

100人の集団だったらどのくらいいると思います?って、計算方法も答えも忘れちまったんですが、思ったよりいるんですよ。(すみません、すみません、ああ聞こえる、突っ込みの声!)正解を知りたい方はぜひ本書を!

とにかく、ある病気とマッドサイエンティストの薬のせいでとてつもなく確率の計算できるようになってしまうケイン。

つまり、いろんなことを計算しつくして次に何が起こるのか「予知能力」を持ってしまいます。

そこに北朝鮮から命を狙われるナバァという女性工作員と、双子の兄、難病の娘をもつ傭兵、自殺しようとした瞬間にロトで大当たりをした男。などなど登場し、いろんな伏線が最後にはするするとつながって、うーん、アメリカのえんたーてぃめんと!

最後まで一気に読みました。先ほどアマゾンをチェックしたらなんと、ゲストレビュアー児玉清氏が「超面白小説」と絶賛!しとりました。写真入りで。萌え~ってちがうか。

数学的にありえない〈上〉

数学的にありえない〈上〉 (単行本)
アダム ファウアー (著), Adam Fawer (原著), 矢口 誠 (翻訳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地縛霊じゃ~「ケーキやさんのゆうれい」

暑いので、お化けの話でぞぞぞ~っとして見ませんか?といっても、このお話は最後はにっこり暖かいおはなしなのですが。

まず表紙のタイトル右上、ここに目をこらしてください。ひ、人の顔が!心霊写真じゃぁ~?

って、このしりあがり寿さんが書いたようなおばあさんが、今回お店に憑く(!)ゆうれいです。前半結構怖い。

内容は・・・

町一番、いや国一番とも言われるおいしいケーキをやくばあさんパティシエ。コーラ・リー・メリーウェザー。

でもいつも仏頂面。お客さんもケーキのことしか関心はない。

そんな彼女が死んでしまい、人々は、彼女のことではなく彼女のケーキのことを思い泣く。

そんな彼女のお店が売りに出されるのだが、幽霊となって新しいケーキ職人たちを次々と追い出してしまいます。

そして最後にやってきたのは、今までずっと船のレストランでデザートを作っていたアニー。

どんなに船が揺れたって、デザートをちゃんと作っていたわ。と剛毅な彼女は、幽霊の追い出し作戦にも負けません。

とうとう、幽霊に「わたしの満足するケーキが焼けたら邪魔はしないよ!」と言わせます。

ところがどんなケーキを作ってもコーラ・リーは満足しません。

そのたびアニーのケーキを焼くスキルはいやおうなく上がっていくのですが、最後に出したのは、チョコレートケーキにたっぶりのアイシングで「お誕生日おめでとう!」と飾り付けしてあるもの。

おばあさんは、生前誰からも誕生日ケーキをもらったことがなかったのです。

ようやく満足したおばあさんは、成仏・・・・することなく店の共同経営者として!二人で新しいケーキ屋さんを始めます。

たくさんのケーキが出てきて、最後にはおばあさんのために焼いたチョコレートケーキのレシピもついています。

これがまた甘そう~で。そ、そんなに砂糖を入れるのか!ってくらいのぶっこみ。

しかし、絵は甘すぎず前半の地縛霊となって暴れ狂うおばあさんは結構怖いっす。

お化け好き(うちの子)、お菓子好きのあなたにお勧めの一冊ですよ~

ケーキやさんのゆうれい

ケーキやさんのゆうれい

ジャクリーン K.オグバン、マージョリー・プライスマン、 福本 友美子 (大型本 - 2007/12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「はがぬけたらどうするの?」せかいのこどもたちのはなし

この本、タイトルどおり世界中の乳歯が生え変わるときにどうするかの風習を調べてかかれたものです。

年長さんの一号、そろそろクラスメートで「かっこいい!歯抜けのすきま」がある子も出てきました。

日本では、「下の歯が抜けたら屋根に投げ上げ、上の歯は縁の下に」ですよね?

マンション暮らしの我が家ではどうしたもんだべ?と思っていたので、この本を読んでみました。

すると、屋根も縁の下もないマンション暮らしのお子様に朗報です。ヨーロッパあたりでは、歯がぬけると「夜中に歯の妖精がやってきて、プレゼントやコインをくれる」っていうのが主流みたい。

歯の妖精の変わりにネズミに持っていってもらったり、めっきをしてイヤリングやネックレスにしてもらうところもあるようです。

とにかくネズミの登場が多いのは、げっ歯類で、歯の伸びるスピードが速い!っていうのがポイントのようです。

しかし、トルコでは「うちの子が大学に行けますように」と大学に埋めたり(もちろん、サッカー選手になりたければサッカー場に)するそうですし、おひさまに投げたり、地面に埋めたりするところも。

唯一ドイツだけ「歯が抜けたって私、何にもしませーん」とあり爆笑

あまりにドイツという国のイメージにぴったりのことをしてくるれるよのう。

こうしている間にも世界中で子ども達の歯が抜けて!いるんですよ。そしてそれぞれの風習で成長を祝われています。

うちはどうしようかなぁ。最近は乳歯を取っておくかわいいケースもよく目にしますよね。

しかし、自分の抜けた歯記念にとっておいた私から言わせると、結構グロテスクでもてあますものでもあります。団地に住んでいたので投げようがなかったのもあるけれど、引越しのときに結局捨てたし

それにしても、世界中の風習をよく調べてあって面白い!絵もかわいいし~

歯抜けが始まったお子さまにおススメですよ

はがぬけたらどうするの?―せかいのこどもたちのはなし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今さら?「ゾロリ」熱

うちの娘1号(5歳)、とうとう絵本を片足卒業しそうなんです。

しかも今さら「ゾロリ」!

いや、ゾロリブーム?の時は産まれてまもなかったから、私が今さら「ヨン様~」とか言い出してるのとは訳が違いますが、やっぱり今さらゾロリかよ~

とにかく、図書館に行けばゾロリの前に釘付け。いきなり読み出す。

本屋に行けば、立ち読みで!一冊読んでしまいました

買ってやれよ!というつっこみ。ええ聞こえてます、でも今までも結構買わされたので、もう買いたくなーい!!

最近は本屋ではゾロリ以外おねだりなしだし、あろう事かこのゾロリシリーズ、40巻以上ありそう・・・

さっきアマゾンで検索すると関連本含めて100冊近く存在・・・

経済的にもスペース的にもありえない!

ちなみに、ゾロリシリーズは「世界一のワル(でもママだーい好き)の怪盗ゾロリが繰り広げるはちゃめちゃコメディ」・・・

(ごめん、熱のこもらない適当な事いいました)

ゾロリはどちらかというと、マンガに近いと思うんですよ。

ほんならマンガ読めばいいじゃん!と言いたくなるわけですよ。

いや、おもしろいんですけどねぇ。ちょっとお下品テイストも加わってて、子供の心を鷲づかみしております。

それから、もう一つおもしろいのは絵のいろんなところに「隠しキャラ」がまぎれこんでいるところ。

一番多いのは作者 原ゆたかさんの顔。ゾロリ達が達地面の模様になっていたり、木々の枝の隙間からのぞいていたりと、探すのも楽しめます。

近刊なんかは、CGが導入されていて、隠し絵もなんかスゲー感じ。(地面の石ころ全部顔だったり。もちろん一見ではわかりません)

たぶんうちの娘はこの本のおかげで字を読むのがめちゃくちゃ早くなってるはず。

で・も・か・わ・な・い!

この本「お母さんにゾロリは下品だから買わないと言われるといけないので隠しておこう」とか、「ここは大人の人に見つからないようにしよう」とかそう言うノリが多いのです。

それから「続きは○○を買って読んでね!」終わっちゃったり

こういうのを見ると私はもう完全に大人の階段登り切っちゃって、こちら側の人間になってしまったのだなぁ、と思います。だって不愉快だもん

というわけで、ちっともオススメしていないのですが、最近の娘達の一番好きな本と言うことでご紹介。

かいけつゾロリやせるぜ!ダイエット大さくせん (ポプラ社の新・小さな童話 233 かいけつゾロリシリーズ)

著者:原 ゆたか

かいけつゾロリやせるぜ!ダイエット大さくせん (ポプラ社の新・小さな童話 233 かいけつゾロリシリーズ)

↑は945円いたしますが、もうちょっと安い版もあるようです。(599円だって)

ゾロリ 2 in 1 かいけつゾロリのまほうつかいのでし 大かいぞく (ポプラポケット文庫)

著者:原 ゆたか

ゾロリ 2 in 1 かいけつゾロリのまほうつかいのでし 大かいぞく (ポプラポケット文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リカちゃんじゃなくて「りかさん」

「からくりからくさ」をこの間よんで、とてもおもしろかったので今度は、その続編ともいえる「りかさん」をよんでみました。

このお話は、「からくり・・・」にもでてくる蓉子さんの子どもの時のお話。こちらでは「ようこちゃん」となっています。

内容は、誕生日プレゼントに「リカちゃん人形」をおばあちゃんにリクエストしたようこちゃん。ところが届いたのは「りか」と言う名前の市松人形。

人形用の立派な箱膳や着物といっしょに、おばあちゃんから送られた手紙には「りかさん」とのつきあい方が書いてあります。

一緒に朝ご飯を食べたり、話しかけたりしているとようこちゃんはりかさんが話をする人形であることがわかりました。

りかさんと一緒にいると、ほかの人形達の話も聞こえはじめ、人形が見てきた人間達のドラマも見えるようになったのでした。だから、自分のうちの雛人形やお友達のうちの雛人形など、語られて語られて大変。しかし、断片的なことしか話さないため、肝心なことがゆっくりとしかわからないのです。

アビーという人形は、アメリカから送られてきた事。戦時中に「訓練」と称して無惨に竹槍でずたずたにされ火を付けられたことなどをようこにつたえます。

児童文学、ファンタジーという括りで思わず読み過ごしてしまいそうですが、なかなか深い!

とくに、「からくりからくさ」にでてくるマーガレットの母?祖母?の挿話などもありよく練られたストーリーにうっとり。

戦争のお話になるとは思っても見なかったけれど、「からくりからくさ」とは合わせて読みたい(アマゾン風)!

りかさん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »