« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

なかなか良かった「からくりからくさ」

梨木 香歩さんといえば、映画「西の魔女が死んだ」(もう公開されていますか?)の原作者です。

映画「西の魔女が死んだ」オフィシャルサイト http://nishimajo.com/top.html

映画のおばあちゃんも素敵ですね。先日亡くなられたターシャ・テューダを思い起こされます。

この「からくりからくさ」梨木さんの本で初めて読んでみました。なんとなく、ファンタジー、子供向け(ファンタジーが子度向けと言うわけではなくヤングアダルト向け)なのかなと思って手がでてなかったんだけど、うわー、実はこれミステリーとしても読めるんじゃないかしら。とても面白かった。

内容は リカさんという人形を大切にしている蓉子たち20代前半の女性4人が、共同生活を送る話。

みんなで、食費を浮かすために「雑草イーター」となり、庭の草花をどんどん食べてみたり、蓉子の染色した糸で機を織ったり、手仕事を楽しむ様子がよく描かれています。

リカさんをつくった人形師を絡めた宿世の縁の話と、タイトルにあるとおりからくさ模様について話が、まるでミステリの謎解きのようで楽しめました。

先ほどアマゾンをのぞくと、「りかさん (新潮文庫) 」のルーツになるお話(なのか続編なのか?)のようですすねぇ。

「宿世の縁」の部分がちょっとややこしいので、私の頭の残っているのはいろんな雑草にチャレンジした彼女達が「ボロギクはおいしい」というところだけ。

ちなみにボロギクってどんなんかといいますと・・・こんなんです。

http://www.ne.jp/asahi/delphinium/ran/noyama3/borogiku.htm

ボロは、襤褸をまとったような、のあのボロ。あんまりと言えばあまりなネーミングですが、よく見かけますね。そうか、おいしいのかぁ。

って、それしか残ってない私の頭ってどうよ

からくりからくさ (新潮文庫)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「償い」本屋に平積み

新聞で何度も広告が打たれていて、気になっていたので読んでみました。

帯には「人の肉体を殺したら罰せられるのに、人の心を殺しても罰せられないのですか?」とあります。

意外なことに2001年発行のこの本。今頃なぜ?とも思いますが、まさしくじわじわと話題になったってことでしょうか?

内容は、ホームレス探偵(!)しかも元エリート脳外科医!!が自分が昔助けた少年がもしかしたら連続殺人犯ではないのかと疑います。

その子が怖いわけではなくて、触れ合うたびかわいくて情がうつっていくのだが、考えれば考えるほど疑わしくなってしまう。

それと同時に、なぜ脳外科医がホームレスに転落するか、心を捨てて暮らしている彼が少年や事件を追う刑事と触れ合うことで段々と、社会復帰を決意するまでも描かれています。

ミステリとありますが、そんなにがっちがっちのトリックとかアリバイ崩しではありません。重点を置かれているのは、探偵や少年の心の傷あたり。

私感ですが、うーん星三つ

もともと、ベストセラーとか反感を持ってしまうタイプだし。本格物のほうが好きだし。

しかし、物語の終わり真相が分かった彼と少年のやり取りはやっぱり、じん来ます。

たとえクサくても、タテマエだと思っても、相手を愛してることはストレートに伝えたほうがいいのです。この場合は子どもを守る親や大人としての愛ですが。

償い (幻冬舎文庫)

  償い (幻冬舎文庫)

  著者:矢口 敦子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7ヶ月ぼっちゃん

051 ついこの間、6ヶ月ぼっちゃんとブログを書いたような気がしますが、もう七ヶ月かぁ。はやいなぁ。

この写真、ボールプールでおぼれているところです。

お座りがまだ完璧ではないのに埋められ、訴える目で、と言うより泣いてますがカメラを見ております。

うんうん、写真撮ってないで助けろって言いたいのね

さて、七ヶ月になってできるようになったことと言えば・・・

手をにぎにぎするようになりました。人の顔をみればニギッをするので、なんかを訴えているらしい。

役人の子はにぎにぎをよく覚え

と言うのがあったけど、うちにはしがないサラリーマンと専業主婦しかおりませけどねぇ。

それから、離乳食もちょっとは食べだしました。

まだ、食べることよりスプーンをつかんで振り回すほうが楽しいらしく、ほんの何口か食べた後は、スプーンをよこせと大騒ぎ。

案の定喉の奥に突っ込んで「ぐえっ」となってます。いや、スプーンを渡しちゃイケナイんですけども。

そして歩行器を三人目にして初めて導入したのですが、これが大ヒットで結構おとなしく乗っています。

実はこの「よちよちウォーカー」拾ったのです

マンション前にゴミとして出してあったのを、ありがたく頂いてきました。

いやー、上の二人は借家で狭かったし、首都圏の人々は歩行器持ってる人はほとんどいなかった気がしますが、こちら(福岡)のひとは結構みんな使っていて驚きました。

たしかに、乗せとけば自分で好きなところにくらげのように漂っていけるので楽しいらしく、結構長時間おとなしい。

おお、こんなに使えるものだったなんてしらなかったよ、歩行器!

家は傷つくかもしれないが、やめられないぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまぶくろさんラブな「わにのスワニー」

絵本って、わにが結構主人公って多いですよね。

ワニのライルがやってきた (ワニのライルのおはなし 1) バーナード・ウェーバー とか、

わにわにのごちそう (幼児絵本シリーズ) 小風 さち 山口マオ とか。どちらもシリーズ化されています。

この「わにのスワニー」はあの中川ひろたかさん(雑誌ほっぺの)とあべ弘士さん(あらしのよるにとかの絵の人)によるもの。

けっこう大人、でも子供。力の抜けたいい感じの”わにのスワニー”のお話です。

これもシリーズ化していて、おともだちのしまぶくろさんがとてもいい。

しまぶくろさんは、スワニーよりずっと子どもでダジャレ連発の”愛くるしくもうっとうしい”おじいさんのしまふくろう。

うちの五歳がずいぶん受けているので、だじゃれといえども隅におけません。

表紙の裏には四こま漫画もあって、それもうちの娘は熱心に読んでいます。(結構漢字が多いけどそこは愛の力と想像力らしい)

それにしても、さすがあべ弘士さんの描く絵は、動物園にお勤めをされていただけあってリアルではないんだけど迫力があります。

しかも、今をときめく旭川動物園だよーびっくり。

かわいいだけの絵本に飽きちゃった方にお勧めです。(いや、ワニのスワニーたちもある意味かわいいですが。)

わにのスワニー しまぶくろさんとあそぶの巻 (dandan books)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ちょとだけ」よ~ん

なんだか、懐かしい感じの絵柄のこの絵本「なんか昔からあるよねー」な感じですが、最近レビューや本屋さんでよくみかけます。じつは、去年の新刊です。

内容は、赤ちゃんがうまれたばかりのおうちで、おねえちゃんのなっちゃんがお母さんは忙しそうだからといろいろ自分でがんばる。

たとえば、髪の毛を結んだり、ミルクを注いだり、ブランコをこいだり。

どれも、今までどおりにはいかなくて「ちょっとだけ成功」します。うまくいかなかった、ところではなくて、ちょっとだけでも成功した!と喜んでいるところがけなげ。

でもお昼寝の前はやっぱりさびしくて、「ちょっとだけだっこして」とお願いしてしまいます。

するとよくできたお母さんは「ちょっとだけじゃなくて、いっぱい抱っこしたいんですけど」といってなっちゃんを抱きしめてくれます。

・・・う、うちの子はこんなに物分りよくなかった

そして、私もこの母のように優しくなかった

我が家の娘達が、まさに直面している「赤ちゃんに手がかかってお母さんが世話を焼いてくれない」問題。

ところが読んであげると、ぜんぜんつれない反応。(え、私なんてちょっと涙出ちゃったのに。反省?の)

我が家の構成員は全員、この本のように人間ができていないので「ちょっとでもすきあらばお母さんを独占しようと」キーキーゆうとります。

そして、当のお母さんは隙あらば自分のために時間を使おうとしますので

というわけで、我が家的には星が3つ位。

そうは言っても今まさにこの状態の家庭には「きれいごと」に感じちゃったりなんたりして

でも、2,3年後に読むと「あのときは大変だったよ。おねえちゃんもよくがんばってたよ」と涙を流すような気がします。

淡い色調のパステル画で、林明子さんを思わせる絵柄。とてもまじめで丁寧な感じです。

実際、下の子修羅場を卒業した方におススメです。

ちょっとだけ (こどものとも絵本)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵がリアルすぎるのでは?「漂流物」

だんだんと湿っぽい季節になってきましたね。

我が家では、1号(年長)娘が軽く登園拒否を始めまして、その理由が腹が痛いだの、長靴が赤くないだの、しくしく繰り返します。

さらに湿度が上がりそうなので、やめてほしいものです。

さて、デイヴィッド・ウィーズナーさんの絵本をご紹介。

この本、最近ちょっと注目本なので本屋などでよく前面に飾られています。

これ、絶対絵がリアルすぎて日本人の好みからややずれだと思うんですけど。

私だけかな~表紙のイメージから「生真面目」な感じが立ち上ってきませんか?

だから、読んでみてこんなに面白いんだ!とびっくりしてしまいました。

文字のない絵本なのですが、

ある日浜辺で見つけたふるーいカメラにフィルムが入っていたので、現像してみると・・・なんとそこには海の中で撮られたたくさんの情景が。

例えば「たこファミリーのリビング」とか「人魚の世界」「めちゃくちゃでかい島くらいのカニ」「宇宙から海底にツアー旅行でやってきたちっこい宇宙人」などなど、どれもこれもくすりとわらう物ばかり。

そして、最後の一枚には「写真を持った少年」の写真。

あれ?手に持った写真を見てみると・・・

とってもユニークな絵本なんです。そしてとってもリアルで緻密な絵。

作りこまれた絵とぶっ飛んだ空想力!と言った感じでしょうか。

大人まで楽しめる絵本だと思いますよ。ちなみに、このデイヴィッド・ウィーズナーさんは世界三大絵本賞のコールデコット賞を(たしか何回も)受賞しております。

*追記 本作で3回目の受賞だそうです。

かようびのよる や、 3びきのぶたたち もお勧めです。

でもなー、しつこいようですが絵が上手すぎて、かわいくないんだよなぁ・・・

甘すぎないところが魅力なんですけどね!!

さっきアマゾンで見たら、レビューは最高五つ星でふりきれてましたねぇ。珍しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »