« 森茉莉つながり | トップページ | ほっこりした気分に「としょかんライオン」 »

ついに読了「真田太平記」

実は3回目のチャレンジで、今回ようやく読了致しました~!!!

いや、全12巻あるんで、ちょっと自分の達成感に酔いしれてしまいます。

池波正太郎さんの長編、「真田幸村」を中心とする人々の巨大なストーリー。

連載は9年間だっそうな・・・ちなみに私は読了に約半年かかりました。

いやはや、何度投げ出しそうになったことか!

最後はおもしろさと言うよりもほとんど意地になっていたし・・・

私は読んだはしからすぐ忘れるので、うまく説明できないのだが、戦国時代を生き抜き人気の高い真田幸村と真田家の忍び「草の者」といわれる忍者達の生き様が丁寧につづられています。

しかし、大阪城を取り囲む、徳川方率いる東軍の陣形とか、武将誰々の子、の誰々、とか全く理解できなかったです。

まじめに読んでも頭に残らないことに気がついて、後半はほとんど読み飛ばし

戦記物は、興味が持てないなぁ。私は、ドラマ部分がおもしろかったです。

特に、草の者お江が魅力的で、最後には六十を超えているのにもかかわらず昔と
「少しも変わらぬ・・・」
信じられない容貌と健康を保ち真田家を見守っていくのです。

そんなことが女忍びにはたまにあるのだ・・・・・・ そうです。

「女忍び」か~あ  女忍びアンチエイジング・・・無理。

真田太平記〈第12巻〉雲の峰 (新潮文庫)

著者:池波 正太郎

真田太平記〈第12巻〉雲の峰 (新潮文庫)
12巻もあるので、誰にでもオススメ!はできないっす。でも、晩年も一度読みたい。そんな本です。

|

« 森茉莉つながり | トップページ | ほっこりした気分に「としょかんライオン」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

くのいちアンチエイジン
まずは何とかって言う成長の早い木を植えて、
それを毎日飛び越えるとこから始めないとね!

投稿: ほげほげ | 2008.05.13 11:49

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに読了「真田太平記」:

« 森茉莉つながり | トップページ | ほっこりした気分に「としょかんライオン」 »