« 「はせがわくんきらいや」 | トップページ | 五ヶ月あかちゃん »

「ソラニン」ジャガイモの芽のところにある毒

本屋のポップに”浅野いにおを知らない人生なんて”とあり、ずーっと気になってたので、読んでみました。

全2巻なのですが主婦根性を発揮し、

「いや、もしはずれだったらいかんばい(博多弁)」とばかりに、一巻だけを購入。

うあああ~2巻買っとけばよかった  ここで止めるなんてずる過ぎる!!

翌日また本屋に走る羽目になったのでした。もしこれから買う財力があるなら(といってもあわせて1,060円だがな)2冊まとめて買った方がよいと思われます。

さて、内容は大学を卒業した二人の男女、種田君と芽衣子ちゃんのストーリー

芽衣子ちゃんは特にやりたくもない会社の事務をしながら

「もっとなにか私にしかできることがあるんじゃないのか」

と考えているし、種田君はロックがやりたいけど、全力を注ぎ込むのは怖いような、それでも普通に就職とかはできなくて、アルバイトをしている。

二人ともモラトリアムを決め込んでいるけれど、いつまでもこのままではいられないと焦っている。

一巻で種田君は決心をして、ロックでデビューをするために全力を注ぎ始めるし、芽衣子ちゃんも会社を辞める。そして、2巻目にいくところで種田君は交通事故で死んじゃううぅぅぅ(生死不明で一巻終了。ここでは止められないでしょ

死んじゃうなんてずるい

2巻は芽衣子ちゃんと、バンド仲間の再生と言うか一歩を踏み出すためのストーリになっています。

いやー、娘の友達が遊びに来ているにもかかわらず、わたくし漫画読んで号泣。

(どんだけ「お構いもしません」の?)

とはいえ私よりずっと若い人たち向けだろうと思う。

自分にしかできないことが、きっとあると信じていて、それを探さない大人たちを少しだけ軽蔑していて、それでも自分もその中に入ることを恐れつつ予感していた、十代の後半から二十代前半。そんな人たちの気持ちにドンぴしゃりなお話。

種田君の友達や、お父さんなんかもいい味出してるし、重いばっかりではなくてそこそこ、くすっと笑えるシーンなんかもあり良かったです。

逆にあの時代から十年以上たっている主婦としては、”うらやましさ”と”「甘い」と言いたい気持ち”と、それから”そんなに変わってないんじゃないかしら”という気持ちと、ない交ぜになって、ストレートにどんぴしゃではないかな。泣いたけど。

ホント、死んじゃうなんてずるいよ、種田君・・・

ソラニン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

著者:浅野 いにお

ソラニン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

でもちょこっとだけ「稲中卓球部」を思い出したなぁ。

|

« 「はせがわくんきらいや」 | トップページ | 五ヶ月あかちゃん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。ひさしぶりに来てみたら、いっぱい読んでるね~。見習わないと!
さて『ソラニン』って、もしかしてヤンサンで連載してたやつかな?iCHIさんの記事を読んでて、絵がボワンと浮かんできました。
私もちゃんと読んでみよう。

投稿: おぜ | 2008.04.28 22:26

見習・・・っちゃ~だめなことばかりです。

今度貸すよ~

投稿: iCHi | 2008.04.29 08:03

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ソラニン」ジャガイモの芽のところにある毒:

» 就活で「あなたの短所は何ですか?」と聞かれたら、 [転職・就職の話題]
就活で「あなたの短所は何ですか?」と聞かれたら、どのような答えを言うのが無難でしょうか? [続きを読む]

受信: 2008.04.27 07:17

« 「はせがわくんきらいや」 | トップページ | 五ヶ月あかちゃん »