« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

「ソラニン」ジャガイモの芽のところにある毒

本屋のポップに”浅野いにおを知らない人生なんて”とあり、ずーっと気になってたので、読んでみました。

全2巻なのですが主婦根性を発揮し、

「いや、もしはずれだったらいかんばい(博多弁)」とばかりに、一巻だけを購入。

うあああ~2巻買っとけばよかった  ここで止めるなんてずる過ぎる!!

翌日また本屋に走る羽目になったのでした。もしこれから買う財力があるなら(といってもあわせて1,060円だがな)2冊まとめて買った方がよいと思われます。

さて、内容は大学を卒業した二人の男女、種田君と芽衣子ちゃんのストーリー

芽衣子ちゃんは特にやりたくもない会社の事務をしながら

「もっとなにか私にしかできることがあるんじゃないのか」

と考えているし、種田君はロックがやりたいけど、全力を注ぎ込むのは怖いような、それでも普通に就職とかはできなくて、アルバイトをしている。

二人ともモラトリアムを決め込んでいるけれど、いつまでもこのままではいられないと焦っている。

一巻で種田君は決心をして、ロックでデビューをするために全力を注ぎ始めるし、芽衣子ちゃんも会社を辞める。そして、2巻目にいくところで種田君は交通事故で死んじゃううぅぅぅ(生死不明で一巻終了。ここでは止められないでしょ

死んじゃうなんてずるい

2巻は芽衣子ちゃんと、バンド仲間の再生と言うか一歩を踏み出すためのストーリになっています。

いやー、娘の友達が遊びに来ているにもかかわらず、わたくし漫画読んで号泣。

(どんだけ「お構いもしません」の?)

とはいえ私よりずっと若い人たち向けだろうと思う。

自分にしかできないことが、きっとあると信じていて、それを探さない大人たちを少しだけ軽蔑していて、それでも自分もその中に入ることを恐れつつ予感していた、十代の後半から二十代前半。そんな人たちの気持ちにドンぴしゃりなお話。

種田君の友達や、お父さんなんかもいい味出してるし、重いばっかりではなくてそこそこ、くすっと笑えるシーンなんかもあり良かったです。

逆にあの時代から十年以上たっている主婦としては、”うらやましさ”と”「甘い」と言いたい気持ち”と、それから”そんなに変わってないんじゃないかしら”という気持ちと、ない交ぜになって、ストレートにどんぴしゃではないかな。泣いたけど。

ホント、死んじゃうなんてずるいよ、種田君・・・

ソラニン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

著者:浅野 いにお

ソラニン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

でもちょこっとだけ「稲中卓球部」を思い出したなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「はせがわくんきらいや」

ちょっと予想外の内容だった「はせがわくんきらいや」。

赤木かん子さんなどの絵本レビューで何度か紹介されていたので、図書館で中も確認せずに借りてきました。

いや、私が予想が適当だっただけなのだが、もっと、楽しげなユーモア絵本だと勝手に思っておりましたが、じつはすごーく重たいテーマ

昭和30年代に森永ヒ素ミルク事件というのが実際にあり、著者長谷川氏は被害者でもあります。

絵本の主人公僕は、はせがわくんきらいや と言い続けながらずっと長谷川君と友達でいるのです。

長谷川くん泣かんときいな。わろうてみいな。もっと太りいな。長谷川くんだいじょうぶか。長谷川くん…。

私は、森永ヒ素ミルク事件と言うのを知らなかった。

なぜヒ素がミルクにまざるのか、信じられない事件が起こったのですね。そして、そのミルクを飲んでしまった赤ちゃんが、今も苦しみながら生きているのですね。

本を読んだ娘から「ヒ素って何?」「どうして、どうして?」ときかれ苦しくなりました。

絵もクロッキーで描かれたモノクロのインパクトのあるもの。くせのある手書き文字は漢字が多くて、おそらくこれは小学生上級以上に読んでほしい、強いメッセージ絵本。

・・・こういう事件があったこともを知るためにも一度は襟を正して読むべし!

でも幼児の寝る前の読み聞かせにすると夢に出てきそうだよーしくしく

はせがわくんきらいや

著者:長谷川 集平

はせがわくんきらいや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「人間はかんがえるFになる」かしら?

クスリと笑ってしまうこのタイトル。

パスカルの「人間は考える葦である」と森博嗣のデビュー作(だったっけ?)の「すべてはFになる」とからとられた、対談集です。

ちなみに、この土屋賢二氏は御茶ノ水女子大の教授で哲学の先生なのであります。

でも、今は面白エッセイストといったほうが通りが良いのかもしれない

この人のエッセイは面白いんだけど、近くにこの人がいなくて良かったと思うという・・・

しかも、言っちゃえば十年一日のごとく、同じような事を言う”ぼやき芸”みたいなものなんだけど、ついつい読んでしまうのです。

森博嗣さんは・・・説明要らないよなー。

「すべてがFになる」を初めて読んだときの衝撃は忘れられません。うそです。衝撃は忘れられないけど、内容はほとんど忘れてたりして。

今も、ものすごい速いペースで書かれているので追いかけ切れていませんが、読むたびにやっぱりおもしろいよなぁーと思う、あの森博嗣さんです。

この二人が、「大学の先生つながり」で対談をしたものが、この本。

人間は考えるFになる

著者:土屋 賢二,森 博嗣

人間は考えるFになる

内容は、「大学って不思議なところだ~」というのと、森博嗣先生の多彩な趣味と人間関係の考え方。

(はーそう考えれば楽に生きられるのか~でも私にゃ無理よね~。どちらかと言うと土屋教授のほうにシンパシーを感じてしまう)

それから土屋教授が森博嗣先生に「ミステリーを書く極意」を聞き出そうとする話。

森博嗣先生いわく「キャラ萌え」小説というのがあって、これがあたりがでかいそうな。

「時代小説とかはほとんどキャラ萌えでしょ」だそうです。ほぇ~なるほど。

そして、最後に「森博嗣に極意を教わって書いた、土屋賢二のミステリー」が収録されています。

・・・ぜんっぜんキャラ萌えしてませんから!と突っ込みどころ満載。いつものエッセイと同じだし

森博嗣先生のすごさが改めて際立つ印象の本でしたよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘さ控えめ「ばばばあちゃんのなぞなぞりょうりえほん むしぱんのまき」

さとう わきこさんのばばばあちゃんシリーズ。どうやら、お話編とこの本のように料理の作り方を教えてくれる、ハウツー物?があるようです。

ちなみに、他には「焼きいも大会」と「アイスパーティ」があります。

ばばばあちゃんのなぞなぞりょうりえほん むしぱんのまき (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

著者:さとう わきこ

ばばばあちゃんのなぞなぞりょうりえほん むしぱんのまき (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

内容は、寒くて外で遊ぶ気がしない日は家の中でなぞなぞ料理をしよう!と、ばばばあちゃんが子供達と蒸しパンを作ります。

まずは基本の生地を作り、それにいろいろトッピングしたり、中にはさんだり、で最終的には好きなものを入れよう!と子供達が持ち寄った、お菓子や果物を入れて遊ぶ。と言うお話。

我が家でも春休みでうだりきっていた子供のために一緒に作ってみました。

080409_1522141 基本の生地に抹茶を加えた抹茶蒸しパン!!

ホントに蒸し器で蒸すので(当たり前だ。しかし我が家ではあまりやらない。チン専門家なので)とてもしっとり、ふわふわで美味しかった~

ただし、かなり甘さ控えめ。健康的だ。

ちなみに、基本生地の分量は、

小麦粉 100g
卵1個 
牛乳 (卵と合わせて)120cc
ふくらし粉 小さじ1
砂糖 大さじ2

とのこと。粉類を混ぜて、卵と牛乳を混ぜて120ccにしたものを入れるだけ。

あとは、抹茶を入れたりカレー粉!を入れたりなす味噌はさんだり。

チョコを入れたり甘納豆を入れたり・・・

ヨモギやにんじんのすりおろしたものとかも、おいしそうだなぁ。

それにしてもようやく春休みもおわり、ほっとひといきですね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

乾いた私に「月5万くらいは稼げる投稿生活」

母の友達に投稿好きのオバちゃんがいて、新聞に載るたびに掲載部分をコピーして送ってきてクダサル方がいる。

そのたびに、「すごいですね!」等と礼状を書くわけだが、ある日

「あなたも書けばいいじゃない。私、謝礼でもらった図書カードでしか本を買ったことないわよ

と言われ大ハッスル!何ですと~ 「図書カード」!大好物です。

という、実に不純な動機から最近新聞に投稿を始めました。

と入っても、新聞は社会面および四コマ漫画を専門に主に閲覧するのみなので、社会派な内容はなぁ・・・

ネットで「投稿」なんかで検索してみる・・・なかなかぴったりこないわ

で、結局アマゾンでこの本が引っかかってしまったのでした~

(あぁ、乾いてるなぁ私・・・

昨日は”溝に落ちている1100円(千円札のうえに百円玉が乗っている)を一生懸命拾う。しかも娘(5歳)と競い合いながら”という夢を見たし )

月5万円くらいは稼げる投稿生活―楽しくてカンタン元手も時間もいらない

著者:猫山 あたりん

月5万円くらいは稼げる投稿生活―楽しくてカンタン元手も時間もいらない

内容は

子育て中に少しでも家計の足しにと内職をするも、月1000円・・・毎日のように家事、育児、内職でがんばっていても誰からも「あたりまえ」ですまされてしまう。暗いトンネルに迷い込んだ気分だった著者が、ある日雑誌に川柳を投稿して500円をもらう。

なーんだ!内職するより割がいいじゃん!!」とはまってしまい、その情報源やテクニックを余すところなく(たぶん)伝える、と言うものです。

大体30分位で読み通せるし、値段の割には誠実な印象を受けましたよ。とくに

「月5万くらい」ってところが、大変正直でいい感じ

まあ、この手の本を買うのが自分に許せる人にはお勧め。

(私は結構自意識過剰なので、たぶん本屋では買えない

投稿は懸賞よりも「選ばれる」わけだから確率は高いし、気軽に自己実現が出来てやめられないそうです。

なるほど~

この本では特に文章系の投稿のノウハウについて書かれていて

たとえば

・テーマが見つからないときは他紙で募集されているテーマで書いて送る
・没作品をアレンジして他紙へ送る、川柳をエッセイにアレンジする
・投稿が文章修行になる(新聞に掲載されるときは編集者に手直しが加えられることが多い、これをただで添削を受けているようなもの)と喜んじゃう。

等々、結構勉強になりましたぞ。

さ、後は本を読んだだけで満足しないで実際に投稿ね!

チャオ!小銭ー婆(コゼニーバ)より!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外と便利なブックスタンド

いままで、こういうのよくパソコンショップで見かけてて「私には必要なし!」と判断しておりました。

だって、アマゾンのレビューとかをみても、「パソコンに文章を打ち込むときに最適」などと書いてあるし、勉強、仕事用というイメージですもんね。

でも、赤ちゃんにお乳をやりながら本が読めるんじゃない?と思い購入したら、まー ビンゴ!!!

赤ちゃんに乳をやりながら本を読んではイケナイかもしれないが、ホント便利だった~ので、同じようなイケナイお母様方に是非お勧め。

他にも、ご飯を食べながら本が読めるし、ねっころがってうつ伏せでも本が読める。

ホントにお行儀が悪いお母様ですね。

特にすばらしいのは、今読んでいるページをキープしておいてくれるので、隙間時間を見つけて本を読む主婦にとって、いちいちどこまで読んだか探したり、急に赤ちゃんに呼び出されて、しおりを挟む手間が要らないこと。

常に読める状態なので、時間がずいぶん節約になるかと。

なので我が家では、常時テーブルの上に読みかけの本を載せておきっぱなし。

サイズが文庫本には少々大きすぎて厳しい面はありますが、今まで読めなかった本はないかな。  

難を言えば、無骨でかわいげがないデザインでしょうか。

角度を変えるレバーも少々使いにくい。ねずみ色じゃなくてもいいだろ見たいな。

しかしうちでは、布団で大型絵本を読むときにも大活躍。

結構腕が疲れるから便利ですよ~

 ←うちが購入したのはこれ。   

実は右の、持ち運びできるやつともずいぶん迷ったんだけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おひさまパンをつくったよ

絵本のレシピが載ってる本、最近何冊がでていますよね~

今回私が借りた(つっこまないで!)本は第4弾です。

絵本からうまれたおいしいレシピ子どもと一緒にごはんづくり (e‐MOOK)

著者:きむら かよ,アコ,晶子,yachi,コドモゴハンプロジェクト

絵本からうまれたおいしいレシピ子どもと一緒にごはんづくり (e‐MOOK)

この本は、絵本の中で出てくる食べ物を実際に作ってみよう!!というもので、

そっくりそのままという感じのレシピもあれば、絵本からインスパイアされてうまれたレシピみたいなのもあります。

今回は

「バムとケロのさむいあさ」のパンケーキとか

「うちにかえったガラゴ」のカレーライス、

「おおきなきがほしい」のホットケーキなんかが紹介されています。

~子どもと一緒に~というコンセプトで作られているので、レシピにはココは子どもが手伝えそうなところだ!というところにアンダーラインが引いてある。

便利、かな?

子どもに手伝わせるときは、こっちも腹を据えて大らかな気分でないと無理。なるべくさせてあげたいのだけど、こっちの準備がなかなか……

ちなみに、下の写真はおひさまパンのなかの、犬(?)のパン屋さんが焼くパンです。

(おひさまが、天の岩戸のようにお隠れになったので、町の動物たちが困ってしまい、犬のパン屋さんがおひさまのパンをやいて、あーよかったみたいなお話です。絵がおしゃれなんだけど、文章がなんか言い回しが悪いのよねーとおもったら、訳者は江國 香織さんだった。あれ?)

子どもには指一本触れさせず作りました

このパンのレシピ、結構味が好きだったブー 美味しかった

おひさまパン

著者:エリサ クレヴェン,Elisa Kleven,江國 香織

おひさまパン

Img_6636

我が家のおひさまぱん。

結構いい線行ってない?

娘1号を「ねーねーお母さんの作ったおひさまパン見て!」とたたき起こしたら、

「うんぁ・・・見たよ」と言われて終わった。

いいんだよ。子どもが喜んでるんじゃないて大人が喜んでるんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴスロリ?「贅沢貧乏」

森茉莉(もり・まり)さんは、かの文豪 森鴎外の娘だそうです。今まで全然知りませんでした 

というか、森鴎外 も読んだことないかも 

森茉莉さんも 鴎外の娘って知ってたら難しそうで、手を出さなかったかも 

ある雑誌の読者欄でもの「すごーく森茉莉さんラブ」のコメントが続いて(大概は妙齢から高齢の女性)

寝ても覚めても森茉莉のエッセイのことを考えてる。

森茉莉の読んだことのないエッセイを見つけるたびに天にも昇る心持ちがする。

などとあったので「贅沢貧乏」というエッセイを読んでみました。

内容は マリア(作者自身?)が、自分の好きなものだけを身の回りに置き、自分のやりたいように生きる「贅沢」を追求するお話。

けれども実際は、元お嬢様のマリアは著作権切れで鴎外の印税の収入がなくなり、安いアパートに暮らしているのです。

だから、徹底的に好みの色や質感のものを探し出してきたインテリアと言っても、他人から見たら価値のないガラス瓶だったり、二束三文の壊れかけたランプシェードだったりする。ちなみに、その趣味は今で言う「ゴスロリ」風なんだと思う。とにかく「自分は精神の貴族」なのだそうです。

漢字が多くて改行の少ない独特の文体だし、とにかく部屋の描写、特に色へのこだわりがすごくて取っつきにくいんだけど、慣れるとにやりにやりの連続でした。

縦のものを横にもしないお嬢様マリアは、24時間電気をつけっぱなし。

なぜならぶっちゃけると「消すのが面倒」だから

例え電気を使わない時に消したとて、そのお金で大好きなチョコレートの一枚買えるほどの金額ではない。から消すのが面倒らしい。

すごいでしょ!!この人!

そのくせ、ちゃんと自分が生きていけるか心配になって、原稿を何枚書けばいいか計算したりしているの。

とにかく、自分の身の回りを快適に、好きなものだけを食べて、なるべく何もしないでいたいこの人は、万年乙女で夢の国の住人のように見えながら、

そう言う自分が「浮いていて」「ちょっと頭のおかしいおばあさん」と思われている節があることにもちゃーんと気づいており、それを笑い飛ばすユーモアもあるのです。

ちなみに本当の森茉莉さんは 1987年85歳の時に自宅にて孤独死、二日後に発見されたとのこと。思わずウィキペディアで調べてしまう、この超個性

あ、星新一さんと遠縁なんだ~。へ~2度も結婚をしているのねぇ~子どももいるの?ええ!この生活能力のなさで

等と、思わず引き込まれてしまいました。

群ようこさんが「贅沢貧乏のマリア」という本を出されているようですね。読んでみなくては!

他にも ファンによるサイト 森茉莉浪漫館 http://www.morimari.net/ 等があるようです。

ふむふむ。小説は耽美やおい小説のはしりで

だから彼女の少年愛小説は、みんな似ている。
「恋人たちの森」も「枯葉の寝床」も「日曜日には僕は行かない」も、みな大学教授のエリート美青年と、美少年の物語だ。
ため息を吐くしかない、耽美で華麗でエロティックな関係が、森茉莉の美意識によって構築されている。
それはもう、「様式美」としか言いようがない、「森茉莉の世界」なのだ。
(森茉莉浪漫館様より引用)

なのだそうです。

森茉莉さんは、本当に目が離せないというか、軽い麻薬みたいな魅力があるのかなぁ。

贅沢貧乏 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

著者:森 茉莉

贅沢貧乏 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

贅沢貧乏のマリア (角川文庫)

著者:群 ようこ

贅沢貧乏のマリア (角川文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »