« 親族に一人は「嫌われ松子の一生」 | トップページ | ゴスロリ?「贅沢貧乏」 »

赤ちゃん絵本

昨日は学生時代の友人が子連れで遊びに来てくれました。

総勢14名。6名は子供だったのですが、なかなか壮観でありました。

親達のおしゃべりに、子供達はおもちゃ遊びにだれたときに、どこからともなく持ってきたこの2冊の本。

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)

著者:せな けいこ

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)

きれいなはこ (あーんあんの絵本 4)

著者:せな けいこ

きれいなはこ (あーんあんの絵本 4)

せなけいこさんのこのシリーズはホント2歳くらいのお子様に受けがいいなぁと再確認。

「ねないこだれだ」も「きれいなはこも」オチは「おばけのせかい」に連れて行かれてしまう。

そこには何の救いもないのだ。え?終わり?って思っちゃう。

大人には可愛いおばけも、最近の甘ったるいキャラクターとは一味ちがうので、お子様達には怖いみたい

2歳の男の子が何回も読みたがるんだけど、必ずお母さんのひざの上に上ってしまう姿がとてもかわいかった。

怖いんだけど見たいんだよね~うぷぷ。かわいい

|

« 親族に一人は「嫌われ松子の一生」 | トップページ | ゴスロリ?「贅沢貧乏」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

・おばけ・妖怪の絵本」カテゴリの記事

・赤ちゃん向け絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃん絵本:

« 親族に一人は「嫌われ松子の一生」 | トップページ | ゴスロリ?「贅沢貧乏」 »