« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

赤ちゃん絵本

昨日は学生時代の友人が子連れで遊びに来てくれました。

総勢14名。6名は子供だったのですが、なかなか壮観でありました。

親達のおしゃべりに、子供達はおもちゃ遊びにだれたときに、どこからともなく持ってきたこの2冊の本。

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)

著者:せな けいこ

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)

きれいなはこ (あーんあんの絵本 4)

著者:せな けいこ

きれいなはこ (あーんあんの絵本 4)

せなけいこさんのこのシリーズはホント2歳くらいのお子様に受けがいいなぁと再確認。

「ねないこだれだ」も「きれいなはこも」オチは「おばけのせかい」に連れて行かれてしまう。

そこには何の救いもないのだ。え?終わり?って思っちゃう。

大人には可愛いおばけも、最近の甘ったるいキャラクターとは一味ちがうので、お子様達には怖いみたい

2歳の男の子が何回も読みたがるんだけど、必ずお母さんのひざの上に上ってしまう姿がとてもかわいかった。

怖いんだけど見たいんだよね~うぷぷ。かわいい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親族に一人は「嫌われ松子の一生」

かなり今更ですが嫌われ松子の一生を読みました。

去年、いやおととし?ドラマ、映画化したようですが、そのときははやり物なのでとりあえず敬して遠ざけていたのですが、図書館でばったり出会ったので読んでみました。

アマゾンのレビューでもわかるように、ホントに票が分かれてますね

内容は高学歴の若い女教師が、ずるずると転落し最後は町に一人はいる危ないおばさんになって不幸な死を遂げると言うもの。略しすぎてますね。はい。

最初の不幸は女性であるがゆえに向こうから襲ってきたもので、松子さんは悪くないんですが、その後どんどん道をぬかるんだほうぬかるんだほうへと選んでいくところが目を離せません。

不幸になる努力を積んでるいるからこそ得られる不幸の王道と言う感じです。

ここら辺の転がり落ち具合が目が離せない。だからベストセラーなのかな?

実家を飛び出して初めて家に帰ったときにはすでに両親はなく、そのとき父の日記を読んで初めて自分も愛されていたことを知った松子。ほろりと来たなぁ。

映画は中谷美紀さん、ドラマは内田りな?さんが主演でしたかね。

嫌われ松子の一生 (上) (幻冬舎文庫)

著者:山田 宗樹

嫌われ松子の一生 (上) (幻冬舎文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~でしてはいけないこと「よい子への道」

ずいぶん前から読んで見たかったけど「うちの子にははやいかなー」と思い借りなかった「よい子への道」

大人が読んでもげらげら笑ってしまうおもしろさです。

例えば、

・お花見でしてはいけないことその1「映画の撮影をする」とか「よその大人に無理やり校歌をうたわせる」

・昼休みにしてはいけないこと「先生にエステのようなことをする」「喫茶店でスポーツ新聞を読む」

・校長室の掃除でしてはいけないこと「校長先生の秘密をさぐる」などなど

「してはいけないこと」と銘打って子ども達(小学生)の思いつく以上のいたずらを見せつけます。ちょっと難しいところもあるけど、うちの1号(5歳)も大喜び。

絵柄もとってもかわいくてお上手。青沼貴子さん(ママはぽよぽよザウルスがお好き)の絵に似てるなーと思った次第です。(そっちもしらねーよ!ってつっこまれそうですが)

うちが借りたのは2巻だったので、次は1巻を借りなくては!

よい子への道〈2〉

著者:おかべ りか

よい子への道〈2〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡市の四ヶ月検診と、ブックスタートに思う

おつきさまこんばんは (福音館 あかちゃんの絵本)

著者:林 明子

おつきさまこんばんは (福音館 あかちゃんの絵本)

昨日は荒天(あ、春の嵐なのかな?)のなか3号の四ヶ月検診に行ってまいりました。

福岡では各区の保険所で、保育士と医師の問診、身体計測、BCGの予防接種などを行います。一日に70数名の赤ちゃんが一同に集まるのはなかなか壮観。

しかも、みんな同じ月例なのね~うわ!うちの子デカっ!!

計測のときは、みんなオムツにされてあかちゃんごろごろ状態。かわいいったらない。

4ヶ月の赤ちゃんは産院で見たときよりも確実に個性が出てきてます。

大きさや髪型肌の色・・・・・それ以上に、お母さん達の年齢の開き、いや個性にも驚きが・・・

若いお母さんはその豹柄のヒールに赤ちゃんを抱っこして、傘を差してきたのか

おしゃれって勇気と体力が要るなぁ。あと、赤ちゃんが軽くないとね。(うちの子7.8キロありました。一緒にいったご近所のUちゃんは5.7キロだったと言うのに

最後に離乳食の進め方や絵本の読み聞かせの大切さ、なんかもやってたようですが、疲れていたのでスルーして、最後にブックスタート事業で配布している「おつきさまこんばんわ」を頂いて帰りました。

この本はうちは一号にはじめて買った絵本で、生後2ヶ月くらいから読んであげていた思い出深い本。(ということは、すでに一冊持っているということだ

最初の一冊を悩んでいる人がいたら、まずお勧めする。

けど、持ってるっツーの!確率も高いのだな。私も次からは気をつけよう。

ちなみに我が家でプレゼントでダブった絵本はあと2冊ある。

ベイビー・アインシュタイン うつしてごらん かがみあそび (ベイビー・アインシュタイン)

著者:ジュリー・クラーク,ナディーム・ザイディ,もき かずこ

ベイビー・アインシュタイン うつしてごらん かがみあそび (ベイビー・アインシュタイン)

もう一冊はアマゾンで見つけられなかったが、「おめんあそぼうよ」?という本。

どちらも、読む本と言うより遊ぶ本なので、私はあまり好きではないの。

ちなみに、このベビーアインシュタインのほうは3人とも食いつきがよくないんだなー

大人から見ると楽しそうな、見開きにいちまい鏡(シールだけど、よくできていて映りが良い)が貼ってあり、「笑ってみて」「いーってしてみて」と誘うのだが、どうもぴんとこないようだ。

おめん…の方は良く遊んでいます。

最後がスイカのおめんで、べろがビローンって出てくる奴です。結構普及率高いと思うんだけど。

我が家ではようやく、1号が正しく使えるようになりました。小さいころはみんなお面を自分に向けてかぶっちゃうので一生懸命

「ゾウ~ゾウだぞ~」って言ってるけど、周りには伝わってないのね

というわけで、ダブっちゃった本は近所のお子さんに譲って天寿を全うしてもらっていますgが、ブックスタートに一言!!

絵本、選べるようにして欲しい!イヤ、図書券でもいいんだけど

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ポラリスってなんだ?「きみはポラリス」

ポラリスってなんだ?!(ポラリスとは北極星のことらしい)で始まるこの本は、三浦しをんさんの書いた恋愛小説短編集。

といっても、少々ひねってあって広い意味での愛というか、様々な「関係」が描かれています。なるほど、変わらず輝き続ける星だね。

例えば、幼なじみの大学生同士の一方的な感情。さらに言えば同性同士だが、これは彼女の本を読んでいればあんまり珍しくないな~ っと思っていたら、

例えば母親と息子の関係。姉と弟の関係や、女の子同士、猫と飼い主、亡き恩師との関係、フリーターの彼氏との関係。
列挙すると、とんでもないタブーを書いた小説みたいですが、ぜんぜんさわやかでございます。

「裏切らないこと」では母と息子の関係は父親の視点から語られます。

息子が生まれて何となく疎外感を抱く俺。
母親にとって息子は特別な存在なのかな?とそれなりに愛されていたはずなのに、愛情の配分が変わり、なんだかいつまでたっても「心を許した他人」から昇格できないような気分がしています。
この気持ちよく分かるわ~。私の母親も、私よりも弟の方がより執着、というかより世話をやきたくなるようで、死んで守護霊になったら息子側にいくような気がする。

そして、私も長男がチョコレートとかもらってきたらどう対応するか、とか嫁がイヤなやつだったらどうしよう。などと今から心配してしまう。

ちなみに息子はまだ生後四ヶ月だ。

一方、娘達が「この人と結婚します」と連れてくるのは、いい人だといいナ 位だ。

なんなんだこの差は?

旦那の娘達に対する甘すぎる対応を見てても、肉親で異性というのがミソなのだろうと思う。でもこの本の主人公俺は最後にこう思う。

……(略)俺は自分がどうすればいいのかを、もう知っているから大丈夫だ。
君たちを決して裏切らない。だから安心して、きみたちもだれかを愛すればいい。裏切られ、傷つくことがあっても、恐れずに他者を愛するといい。俺は態度で、俺の大切な家族にそう示しつづけるだろう。

全11編あるこの短編集ですが、どれも読後感がさわやかで、前作「秘密の花園」なんかとはぜんぜん雰囲気が異なります。

最後に「優雅な生活」という、玄米食にヨガやって、ロハスな生活をしようと考える「さより」とフリーライターで居候の「俊明」の話から、一番笑っちゃった一文をご紹介

「(略)白米にかける男の意気込みって、あれいったいなんなの?」

きみはポラリス

きみはポラリス

著者:三浦 しをん

きみはポラリス

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いかにもおフランスざます「みつごちゃんシリーズ」

 いかにもフランスっぽい絵本をご紹介。フェリシモ出版と言う知る人ぞ知る?(通販の会社ですね)ところから出ています。

 図書館で子供が見つけてきて以来、毎回あれば借りるというお気に入り絵本。買ってくれ、という言葉を知らない幼子はいいですなー

 さて、内容はフランスの上流家庭(ココがたぶん私の堪に障っている)のママと、三つ子たちのお話。

 といってもストーリーと言うよりは一コマ漫画。

結構内容は大人向けでクスリというか、おいおいが多い。

例えば

「ママー赤ちゃんってガムが大好きなの知ってた?」

「もう17枚も食べちゃった!」とか、

「私たちが今してるコトって大人にとってはかわいく見えるみたいね、ママがビデオカメラ回し始めたもの」

みたいな。結構性悪でかわいい?子供達が描かれています。

ママもきれいでスタイル抜群だけど、結構私と同じようなことで怒っていておもしろいです。

「ママーこれ電池切れちゃったよ」

「また?ママは電池ばっかりかって過ごす人生はイヤよ」なんてね。

 わたしも君たちの脱いだ靴下を拾って歩く人生はイヤなの!

特筆すべきは、特に食べ物の絵が美し~コト。「みつごちゃんとボンボン」では色とりどりのキャンディーチョコレート、ゼリービーンズ、グミ・・・・・・が登場しますが、とてもおいしそうにかかれているのです。まさしく人工着色料 !たっぷりなお菓子のがおいしそうなんだな~

こういうおもしろさって、どう表現したらいいんでしょう?ちょっと毒もあるけど、全体としてはかわいいくっておしゃれな皮をかぶっています。

あと、文字も活字ではなく全部手書きで起こされていて素敵です。対象は大人かなという気もします。ちなみにフランスでは国民的人気のキャラクターだそうな。

ただしこの本、アマゾンではレビュー画像がでません。残念。

手に入りづらい状況のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

3ヶ月あかちゃん

3号も気がついたら3ヶ月になっておりました。もう産まれたてとはいえないな~

3キロで生まれてきた彼もすでに推定7キロ超。推定ってあんた

しかも、三人目のくせに抱き癖がしっかりついたようで、最近では布団におかれただけで「信じられない!」という顔をし、そばを離れようものならしめられるニワトリ?もかくやの大声を張上げて泣く。

日中の睡眠時間も短く(それは2号が起こすからだ)、結局始終抱かれて空中をさまよう彼。

ラピュタか

最近では、ようよう首も据わったので、どうしてもと言うときはおんぶを始めました。

おんぶは抱っこよりも楽だけど、あんまり見ないよね・・・どうしても生活感あふれて母ちゃん!的だしさ。

しかも、すぐに降ろせないところが難点。1日で肩に赤いあざが・・・

おんぶ紐も慣れるまでは扱いが難しい。

うちにはシンプルな紐型とリュック型のいろんな抱き方対応の二つがありますが、どちらも一長一短と思う。

シンプルなのは胸の前でクロスするのでおっぱいが目立つ結構恥ずかしい。しかし、軽くて慣れると扱いやすい。

リュック型は、装着が面倒だけど外に出るときはこれじゃないとさすがに・・・

ちなみに私は、外に出るときはリングありのスリングを使うほうが多いです。

家の中でちょっと抱っこするときはリングなしのスリングも便利。

これは、簡単に作れるので、わたしは手作りしちゃいました。作り方で参考にさせてもらったサイトをあげておきます。

まりのす君の部屋

スリングは確かに便利。だけど家の中で家事をするときには不向き。おんぶも出来るらしいけど、チャレンジしたことはありません。

首が据わったので次は腰だ!腰が据わってくれれば自分で座ることが出来るのでもっと楽になるぞ~

でも、いまのコロンと大福もちみたいな体型もかわいい

早く育ってほしいような。ほしくないような・・・そんな気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お城のケーキを作ったよ

019_2 突然ですが、2号3歳の誕生日に、お城のケーキを作りました。

と、言ってもケーキの土台は買ってきたもので、デコレーションだけです。

当日朝に、クックパッドで調べて、なにやら時間を費やした私。

そして、ショッピングセンターにてみんなから「?」と思われつつ、スポンジケーキ(丸) 1つとロールケーキ一つ、それから、アイスクリームのコーンを購入。

それから、デコレーション用に、イチゴ、生クリーム、板チョコ、イチゴのキスチョコ、それから、数字ロウソクを購入。

訳2時間かけた大作が写真でございます。

ご参考までに、組み立て方はこう。(と言っても文字だけですが・・・)

スポンジケーキを横半分に切り、生クリームとイチゴをはさむ。

今度は、スポンジケーキを縦に直径の線で切る。

一つの半円の両端を落とし、2階部分にする。

ロールケーキを二つにわけ、両サイドに立て「塔」にする。

三つの建造物にそれぞれチョコがけコーン(切り落としたスポンジを詰める)をのせる。

最後に、思いおもいの飾り付けを施します。

文字は、板チョコをクッキングペーパーに包んで(三角形に、絞り出せるようにしといて)チン。

解けたチョコでクッキングペーパーの上に文字を書き、固まってから貼り付けます。

チョコを直接チンして、いいのだろうか、心が痛む。

やってみたら大丈夫でしたが。テンパリング?湯煎?なんでしたっけ。

… こんな説明、いらんか?!

でも、すごく大変だったので、記録には残しておきたかったんですもの!!
全世界中の(日本語読める)人の中にはお城のケーキが作りたいが、面倒なのはイヤだという人もいるかもしれないし。というわけで、ここに「簡単 お城 ケーキ」というキーワード語も入れておこう。にやり

ちなみにこのケーキ、制作費と制作時間で市販のホールケーキが買えたかも。

でもお味は、良かったですよ~だって、私が作った部分はナイもん。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »