« 産後一ヶ月 | トップページ | 今年は見てみるか箱根駅伝「風が強く吹いている」 »

今年心に残った本

いよいよ今年もおわりですね。

毎年おせちは省略している私ですが、今年は大掃除も省略。買出しも省略。

いくら新生児がいるからと言ってサボりすぎ?つーくらい何もしていません。

 さて、今年読んだ本で、ベストテンとか考えてみるとなかなか順位まで考えるのは大変だと言うことに気づく。

 毎年楽しみにしている「このミステリーがすごい!」ですが、これ、大変な作業だったんだな~

ちなみに今年は20周年感謝記念で500円なり。

 ただし表紙の漫画は去年あたりからなくなったようです。毎年、つぼを押さえた漫画家さんによる書下ろしが楽しかったんですが。経費削減?

 さて、私が今年一年で心に残ってるのは・・・

 まずは、藤沢周平。昨日武士の一分がテレビで放映されていたようですが(見れなかった)これの原作とか、おもしろかったなぁ~

 同じ時代小説でいくと、今年は宇江佐 真理をよく読みました。「卵のふわふわ」 とか、「玄冶店の女」 なんて、お気に入りです。平岩弓枝の「はやぶさ新八シリーズ」もよく読んだ。

 残念ながら池波正太郎の「真田太平記」は年内に読了できそうにない。七巻途中で挫折中・・・

 ほかに、今まであまり読んだことのないジャンルですが

平 安寿子「くうねるところすむところ」と 長嶋 有「泣かない女はいない」がよかったな~

加門七海の「うわさの神仏」シリーズも面白かった!!神社仏閣マニアっているんだなぁ。近所の神社にいくのがたのしくなります。

斉藤美奈子「趣味は読書。」米原万理「ガセネッタシモネッタ」もよかった。

どんどん読みたい本が増えていきます。この本のおかげで今まで、完全にスル~の作家にも手をのばすようになったし。

他にもいろいろ良かった!!のがあったような気がするのですが、なにせ脳がザルなので思い出せない。しかも、全然新刊がない?図書館で借りてばかりだからね~

でも、今年はよく本を読んだと思います。絵本をあわせると6、700冊行ってるんじゃないかな?つわりで寝たきり生活が2ヶ月くらいあったのでずいぶん読書しました。つらかったけど、いいこともあったのね。

 さて、ちびがおなかから出てきたので、来年はこのペースは無理かも知れませんが隙をみてこつこつ!が目標。

来年も良いお年を。

|

« 産後一ヶ月 | トップページ | 今年は見てみるか箱根駅伝「風が強く吹いている」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年心に残った本:

« 産後一ヶ月 | トップページ | 今年は見てみるか箱根駅伝「風が強く吹いている」 »