« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

出産!!

臨月って書いていたのが今月初め。ずーっとさぼっている間に出産しました。

予定より10日早く、深夜破水して早朝には出産のはこびに。

パジャマとかは一応用意していたものの、これから本格的に入院準備だ!と思っていた矢先だったので、足りないものがたくさん。一番足りなかったのは現金。おろしてなかったので大変だった・・・

陣痛中に必要なものがあって、産院の自販機で買ってきて下さい。と看護婦さんに言われるも、買えない心細さ・・・ったらないっす。

それで、母に携帯でさらしだのブラシだの細々したものを頼んでいたら切れられる。

「あんたは、どーして昔っからそーなのッ!!!ぎりぎりまでほったらかして!!」

ううう、陣痛中に電話で怒られることほど悲しいものはありません。

いいじゃん、いまっひっひふーってやってんだから!!

それから、人手も足りなかった・・・旦那が深夜帰宅してこれからもう一回会社に出る。と言った時に破水したもんで、どーにもこーにもなりません。

両親に子どもを預けて産院に行き、陣痛待合室という寒い部屋で一人待機。

でも大丈夫。

今回は呼吸法のプリントを持って挑みます。っていうか、陣痛の最中にプリントで勉強ってまさしく「あんたは昔から(怒)~!!」パターンか?

適当にプリントを見つつも、たまっていたPodcastを聞きながらにやにや。(ちなみに伊集院光の深夜の馬鹿力)

でも、私は陣痛はぎりぎりまで耐えられるタイプ。あんまりのんきにしていたら

今何期?(段階をおって呼吸法は変わる)かわからずに、だんだん遊べなくなってきた。

この、「いきみ逃しのたんそく呼吸」ってもうやっていいのか?と悩んでいるうちに

い、痛い!あとこれがどのくらい続くんだ?

結構いやかも~~!!

と思ってやっとナースコールをすると、助産師さんが「どうですか~」とにこにこやってきた

が。

その時点ですでに普通だったら分娩台に乗っていなければいけない状態だったらしい。

ばたばたと走り去る助産師さん。「来て下さい~」と叫びながら自分の術衣とか準備しております。

取り残された私。一人だし。ううう!!立てない!!

仕方がないのでマジで四つん這いで行く私。あった!!分娩台!!乗るぞ!!

っとおもったら、「こっちこっち!!奥!!」といわれもう一回方向転換。

たかだか2メートルがこれほど長く感じたことはありません。痛みの波が収まった時にすくっと立って猛然と小走り(ダッシュはさすがに無理)鞍馬競技か?と思うような勢いで分娩台に飛び乗りました。

たぶん乗ったのが5時10分くらい。で、出産は5時14分・・・・

私の場合、上の子達を生んだとき、いきんではいけない時もいきみすぎて、苦しかった記憶があるので今回は

「助産師さんがいきんでいいと言うまではいきまない」

というのが目標だったんですが、助産師さんちっとも「いきんで」って言わないんですよ。

「我慢して!」「まだだめ!」「もう力入れなくていい!」ばかりですよ。

で、結局我慢ばっかりしてたら、びっくりするくらい安産でつるりすっぽんと出てきました。

まさしく「座ったと思ったら」状態でした。

完全に産み終わってから先生登場。

「・・・早いお産でしたね」とのコメント頂きました。

ええ、私もそう思っております。どちらかというと、出産より後産とか、先生による消毒の方が大変でした。

結局、5時過ぎくらいまで携帯でメールしたり、ちまちま遊んでいたので、ホントに申し訳ないくらい陣痛の痛みをのがすグッズは使わずじまい。

あ、でも前回同様、今回も使い捨てカイロはあって良かった!

アロマオイルなどは存在自体を忘れてた・・・

最後に、これから出産する方。ホント、案じるより産むが易し。ですぞ

あかちゃんは勝手に出てくる!んですね~

「生まれてくる子の最初の大仕事。母親はじゃまをしちゃ~いけないBY落語絵本「たがや」」

三人目でやっと力を抜いてお産できました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

臨月・・・

今日から、臨月突入です。臨月、ってなんかやだなー「臨」書けないし。他の字だってかけないけどさ。

思い返せば第1子の時は仕事を続けるつもりだったのでギリギリまで働いていたので、なんだかんだで忙殺されて、もちろん怖かったけれども、なんとなく過ぎ去っていった感じが。しかも結局辞めちゃって、アノ努力は一体なんだったのか、むなしい。

第2子のころは、長期に実家に戻っていて上の子の相手だけ、をしていた蜜月のような時間だった。それでももちろん出産は怖かったけども。

そして、第3子。いい加減肝っ玉かあちゃんになったか?というと今回もやっぱり怖いんである。体型なんかは確実に近づいてるけど。

いや、三人も産むくせにいまさらかカマトトぶるな!って言われそうなので、口には出せないんですけど、やっぱりアノ分娩台とか陣痛はいやだなー、怖いなー。

何とかなるって、体は知ってるんだけどね。

しかし、産むたびにガタが来ていることも事実。3人目だからか?年齢からか?

母には「昔の人を見習いなさい!」と叱咤激励されるが、
そういう自分だって2人じゃないか~!

確かに50年以上前は5人以上は当たり前だったみたいだけれど、すでに私が子供のころは、3人以上は珍しかったような・・・

まあ、だからこそ少子化って騒がれてるんだろうけど。

わたしだって、自分が三人の子の親になるとは思ってなかったし。

旦那の親に妊娠を告げたとき「またや?」といわれるし。

まあ、私達の生殖戦略として「下手な鉄砲も数うちゃ当たる」でいきたいと思います。

たとえ、マンションの間取りがどう考えても「親は廊下か?」というような間取りでも。35年ローン組んだ後だったとしても、

もしかしたら一人くらいビッグになって将来左団扇のお大尽生活をさせてくれないとも限りません。宝くじとどちらが確率が高いかは知らんけど!

はあ、やはり、臨月ともなるといろいろ考えてしまうものですね。

赤ちゃんを卵で産みたいと言った女優さんがいたとかいないとか。気持ちわかるわ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »