« クリック募金について | トップページ | ナンセンス?「しゃっくりがいこつ」 »

最後に泣けちゃいます「終末のフール」

大好きな伊坂幸太郎さんの本。

終末、というのは地球の終末。後三年で地球に小惑星が落ちるというとき、仙台片隅の団地「ヒルズタウン」の住人を軸にした短編集です。

後8年で地球が滅亡する、と知らされて世界中が暴行と絶望で荒れ狂い、5年間がすぎる。そうして、ようやく後3年、というところでやってくる小康状態。

そんな中、希望のあるお話を紡ぎ出すって、やっぱりすごいな~と思ってしまう。

例えば「太陽のシール」に出てくる優柔不断の僕と美咲の夫婦

「演劇のオール」の誰かのお母さん、姉ちゃん、孫、恋人を演じながら時を過ごす「私」

「深海のポール」でマンションの上に櫓を組む父。

みんなほだされちゃうようないいこと言うんだよーこんな風に嫌味ではなく、さらりと”気の利いたことを”言える人って会ったことないな。いそうでいない、それがフィクションというものなのかもしれないけれど。

地球滅亡の話を読んで、ほんのり胸が暖かくなる。ちょっと変だけどそんな短編集です。

地球が近い将来滅亡する、と言う設定の映画や小説は多いけれど、映画のようにドカーンバッキーンの派手派手しさはなくて、私ごのみです。

終末のフール

著者:伊坂 幸太郎

終末のフール

で、ついで?に同じ地球の終末を扱った三浦氏しをんのこの作品もお薦め。

むかしのはなし

著者:三浦 しをん

むかしのはなし

|

« クリック募金について | トップページ | ナンセンス?「しゃっくりがいこつ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後に泣けちゃいます「終末のフール」:

« クリック募金について | トップページ | ナンセンス?「しゃっくりがいこつ」 »