« ほろりとしちゃう「おかあさんがおかあさんになったひ」 | トップページ | 「おばけいちねんぶん」って一年分?! »

切り捨てられた!「趣味は読書。」

初めて斉藤美奈子さんの本を読みました。

今までも過激な?しかし、ぐっとくる文学論を展開している人、というイメージはあったのですが、ベストセラーをあなたの替わりに読みました!という文句に引かれて読んでみると・・・

あらあら、のっけから切り捨てられました。

「読書をする人は少数民族である。」→テレビの視聴率とかと比べてとてもお話にならないスケールの小ささなんだそうです。

そして、「っこんなくだらない本が売れるなんて!!ベストセラーなんて、フン!」というスタンツの読者はずばり善良ではない邪悪な読者。ふふふ。

しかも、私は「”頼まれもしないのに、ネットで読書日記を公開したりする”始末の悪い読書依存症」であります。

”読書量の多寡は、インテリジェンスの多寡とは必ずしも一致しない。”

やー、全くその通り!返す言葉もありません。

この本は1998年から2002年のベストセラーと呼ばれる本を彼女が、邪悪な目?を持って一刀両断に切り捨てます。

中でも傑作は、「朗読者」と「冷静と情熱のあいだ」・・・・読まなくって良かった!という書評は珍しい。

ちなみに私は41冊中7冊読んでました。

この本、私はものすごく面白かった。一冊一冊のファンだったら腹が立つでしょうが、なかなかこんなにはっきり物を言う人の少ない世の中。すっきりします。

世の中の少数民族の「趣味は読書。」という方、是非ご一読を。

|

« ほろりとしちゃう「おかあさんがおかあさんになったひ」 | トップページ | 「おばけいちねんぶん」って一年分?! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切り捨てられた!「趣味は読書。」:

« ほろりとしちゃう「おかあさんがおかあさんになったひ」 | トップページ | 「おばけいちねんぶん」って一年分?! »