« おいしそ~「おばけのてんぷら」 | トップページ | 写真絵本「うちにあかちゃんがうまれるの」 »

表紙はこなみ詔子「ロマンス小説の七日間」

三浦しをんが描く恋愛小説。恋愛小説というと確実にどうでもいい気持ちになる私ですが、実は角川書店の夏の百冊に惹かれ購入。

彼女の恋愛感っていうのが「燃えるような恋」から程遠く、等身大でつぼにはまってとても面白く読めました。

内容は、海外ロマンス小説を翻訳するあかりと、ボーイフレンドの神名の物語と、

あかりが訳すロマンス小説(要するにハーレクインロマンス見たいな物)が平行し語られる。

あかりは、神名が会社を黙って辞めたことやネパールに行こうとしてることを知り、気持ちがささくれ立つ。そして苛立ちを翻訳する小説にぶつけ、結局小説はあかりの超訳、創造になっていく。

7日間に起こったことをぎゅっと凝縮したストーリー。

そして、やっぱり本人によるあとがきがしをん節炸裂。エッセイ好きの私には最高に面白

かった~さくっと読めて、ブックカバーももらえるのでお勧め。

ロマンス小説の七日間
三浦 しをん〔著〕
角川書店 (2003.11)
通常2-3日以内に発送します。

|

« おいしそ~「おばけのてんぷら」 | トップページ | 写真絵本「うちにあかちゃんがうまれるの」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表紙はこなみ詔子「ロマンス小説の七日間」:

« おいしそ~「おばけのてんぷら」 | トップページ | 写真絵本「うちにあかちゃんがうまれるの」 »