« 妊娠4ヶ月とつにゅ~ | トップページ | よい意味でバカバカしさを徹底「小説こちら亀有公園派出所」 »

甘い「銃とチョコレート」

講談社のミステリーランドですが、去年の「このミステリーがすごい」見事1位だったものです。
少年少女を念頭において描かれた作品でありがなら、大人が舌を巻く。すごい!
主人公の少年リンツ。みんなの憧れ探偵ロイズ等などチョコレートの名前がついた登場人物達と二転三転するストーリ。面白かった。
信じているものに裏切られるのは辛い。リンツは裏切られても差別されても、誰も信じられなくはならない。最後は救いのある物語で読者もほっと胸をなでおろします。
こんな風に素直なお母さんの思いの息子。は~育て方がよかったのね。
すでに視線がおばちゃんじゃん、私。
乙一さんは、怖い、ホラーのイメージがあったけどイメージ変わりました。よかった。
銃とチョコレート
乙一著
講談社 (2006.5)
通常2-3日以内に発送します。

|

« 妊娠4ヶ月とつにゅ~ | トップページ | よい意味でバカバカしさを徹底「小説こちら亀有公園派出所」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘い「銃とチョコレート」:

« 妊娠4ヶ月とつにゅ~ | トップページ | よい意味でバカバカしさを徹底「小説こちら亀有公園派出所」 »