« つわりとは何だ!! | トップページ | あのあれ「これあのあれ」? »

「あるきかたがただしくない」の?

初めて「生きている男性歌人では世界一売れている」枡野浩一さんのエッセイを読んだ。
ちなみに、歌集は読んだことない。

この本は、自身の元妻、漫画家南Q太さんとの間の息子当時四歳に「会いたい」とひたすらいい続けて1年間のエッセイが収められている。

それはもー、すごい。どんだけすごいかは、いや、一読してほしい。

といっても、湿っぽい話ばかりではなく、映画評なども挟まれているし、全体的には「面白いエッセイ」なんですが、さすがに読後は離婚について考えてしまった。

結婚の100倍エネルギーがいりそうな離婚。実際、自分の友人でもちらほらそういう話を聞く年齢になってきたし。

「簡単に子供がかわいそう」と片付けるには私もトウが立ちすぎた。

けれども、夫(妻)とは血がつながってないから、他人には戻れるけれど子供とは他人にはれないよなーと思う。

子はかすがいとは、よく言ったものだわ。一方、親がなくても子は育つとも言うわね。

・・・てな感じで、考えさせられたのです。誰が正しいとか正しくないとかではなくね。

ちなみのタイトルは靴底の磨り減り方がおかしい筆者が、リペアのおばさんに
「あるきかたがただしくないからですかね?」
と聞いたところから取られているようです。

あるきかたがただしくない
枡野 浩一著
朝日新聞社 (2005.12)
通常24時間以内に発送します。

|

« つわりとは何だ!! | トップページ | あのあれ「これあのあれ」? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あるきかたがただしくない」の?:

« つわりとは何だ!! | トップページ | あのあれ「これあのあれ」? »