« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

最近読んだ本

つわりが重くなかなか起きあがれない私は最近寝てないときは読書という恵まれ(吐き気と戦いながらだけど)た境遇です。

残念なのは、新しい本が手に入らんこと。図書館で借りた本は読み尽くし、実家にて古い本を発掘しては読んでいます。

最近読んだ本は以下の通り。特に「くうねるところとすむところ」「死神の精度」「よろずや平四郎活人剣」の三冊は読書の幸せをかみしめた一気読み本。折りがあれば詳しく書き連ねたいところです。

オンライン書店ビーケーワン:死神の精度
・「死神の精度」伊坂幸太郎 =クールな死神「千葉」が語る6つのストーリー。
死神というと恐ろしいけれど、最後のストーリーは胸にすとんと納まる、幸せな気持ちにさせてくれるお話。
本当にこの人は楽しい読書をさせてくれるので、大好きだ。

くうねるところすむところ平 安寿子  =編集者から建築業に転職する同年代の女性のガッツがとてもこころよい。「仕事」というものにたいして、まじめにかんがえさせてくれます。とは言え、ユーモラスで読みやすい。

よろずや平四郎活人剣 上 藤沢 周平 =一気読みしちゃった。つい先日ドラマになったばかり。ドラマのほうは見ていないけれど、円熟期の江戸の気持ちの良いうはうはぶりというか、底抜けの明るさがあって、読んでいてたのしいのです。ここでは、「武士の一分」でかんじたクールとか重厚とかいう重苦しさは陰をひそめ、ユーモアがあって明るい。私はこちらのほうが好みだわ。

・ロシア紅茶の謎 ・月光ゲーム 有栖川有栖著
・迷路館の殺人 綾辻 行人著 
・摩利と新吾 木原 敏江著
・つねならぬ話 ・きまぐれ遊歩道 星新一著
・大江戸化物図譜 アダム・カバット著=何故外国人の著者?図版が多く楽しい一冊。豆腐小僧のすべてなんてのもあって結構おもしろい。

等々などです。以上米粒が食べられないつわり妊婦のご報告でございます。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

癒され、るるるるる

五味太郎さんの「音の絵本」の一冊。ほかにも、「ぽぽぽぽぽ」や「どどどどど」もあります。

大胆にもこの絵本、「る」と「れ」しか出てこない。テキストというか、タイポグラフィが大きくなったり小さくなったりと変化がつけられていて、読んでいる人が物語をみつけだすというもの。

といっても、堅苦しいかんじじゃなくて、4歳の娘にも出来るみたいで結構ウケながら「る」「る~ッ」などと絶叫しています。ただ、2歳の2号にはまだよくわからないみたいで、すぐ飽きてしまいますが。

なんと言ってもこの本のいいところは、「子供でも読める」ところ。

読んでとせがまれるとすかさず「あら~この本なら自分でも読めるよ!さすが!お姉ちゃんはすごいね!」とバトンタッチ。数分だけ母は楽が出来るのでした~

五味太郎さんのかわいい絵にもいやされます。

るるるるる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無計画な人生

ずいぶん長い間ブログの更新をさぼっているのは、自分自身の体調不良と子供の体調不良とその他もろもろの理由からなのです。

で、自分自信の体調不良というのが、2児の母から三時のあなた、ではなく、三児の母候補になってしまい、変わったばかりの仕事もつわりでやめてごろごろしていたからなのでした。

おっかしーな~、まあ、身に覚えはもちろんあるんだけどさ、ぶつぶつ・・・

周りにはそんな無計画なことでいいのかと言われ、本人達もこれ以上家族構成の変化はないとふんでマンションを購入したのではなかったか?

でもま、授かり物なのでがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大胆な色と構図「たまごのあかちゃん」

やぎゅううげんいちろうさんの、赤ちゃん向けの有名な一冊。

相変わらずビビットな色使い。いつも不思議に思うけど、この絵は先に絵の具で塗りつぶして、上から太いサインペンで輪郭を書き込んでいるのかしら?だとしたら、すごく考え抜かれた構図と言わねばなりますまい。

内容は卵のなかのあかちゃんに出ておいで~と呼びかけると、ひよこや蛇や亀なんかの赤ちゃんが出てくるのを、ひたすらくりかえすもの。

旦那(0号)に言わせると「落ちがない」このくりかえしが、赤ちゃんには受けるようで・・・

うちの下の子2歳にはちょっと遅かったのかな?というかんじ。もっと若いときに読んでりゃ面白かった?

まだうぶな赤ちゃんで試してみてください。

たまごのあかちゃん

| | コメント (0) | トラックバック (2)

おっこちきれた「斬られ権左」

宇江左真理さんの「斬られ権左」を読んだ。切ないお話である。

権左は「おこっちきれた」あさみを救うため八十八ヶ所も刀傷を受ける。
「おこっちきれた」とは遠近(おちこち)が切れた→垣根が無くなった、転じて「ぞっこん惚れた」というような意味らしい。

死んでもおかしくないほどの権左はあさみ(医者)の治療で、走れるまでに回復する。

そして、持ち前の推理力で江戸の事件を解決するんだけど・・・・最後は切ないのよねー

わたしは、てっきりシリーズで続くくらいがんばってくれると思っていたのに、権左は体調がどんどん悪くなり最後は娘を助けるために最後の力を振り絞ってしまう。

自分の死を悟った権左は娘に「おっ母さんのこと頼むぜ。おっ母さんはれで寂しがりやだから、おいおい泣くかもしれねェからよ。・・・」切ない。

斬られ権佐

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯ブラシさせてくれないお子様をお持ちのあなたに「いーはとあーは」

やぎゅうげんいちろうさんの絵が印象的な一冊。

これはもはや一ジャンルを作っている、「歯磨き絵本」ですが、極めてまっとうです。

例えば私が毎晩適当に作ってる「むしばいきん」が歯をつるはしで掘っているようなアンチ科学な話は出てきません。

・「はッひふへほ~  おや、ココにおやつで食べたクッキーが残ってるじゃないの、あそれ、あそれ、掘っちゃうぞ~」バイキンマンバージョン
・「おとうさん、ココにこんなに食べ物があるよ」「おお、お母さんと赤ちゃんにももって帰ってやろう」虫歯の親子バージョン
・「おねえちゃん、もう歩けないよ」「がんばるのよ!ほら奥歯のほうに行けば必ず食べ物があるから」虫歯の姉弟バージョン

・・・毎回渾身の演技力でやってます。むなしくなどありません。

ところがこの本は、虫歯になることを脅すのではなく自分達に生えている歯はこれから、抜け替わって大人の歯になるよ。自分の歯に興味を持ってみてみよう。といったスタンスです。

最後には歯の磨き方も出てきますけど、この一言でうちの子らは歯を磨くように。

「こちょこちょこちょこちょこちょ・・・ってみがくのがいいんだよ そういうことみんな しってた?」

すごいぞ、かがく絵本。正しい知識は必要だね。

コドモのはと大人の歯のちがいや、抜け替わり方なんて、私も知らなかったもの。

いーはとあーは

| | コメント (1) | トラックバック (0)

とろける「チョコレート革命」

バブルであわあわだった頃、一斉を風靡しましたよね?あ、それはサラダ記念日のほうだったか?

当時はぜんぜん興味をもてなかったけれど、最近短歌も面白いなーと教科書代わりに読む。(選ぶ本がまちがってるか?)

・・・・こ、これは不倫の歌じゃないですか!結構官能的な物も多い。へ~

逢うたびに抱かれなくてもいいように一緒に暮らしてみたい七月

と思えば、するどい視点のユニークな歌も混ざる。

ワンポイントはいいけどラインはだめいという校則の言う「白いソックス」

とかね。

読んでいて与謝野晶子の「みだれ髪」を思い出しました。といっても与謝野晶子のことを書いたマンガを思い出したんだけど。タイトルが思い浮かばず残念。

ネットで検索したら、なんと「チョコレート語訳 みだれ髪」というのが出ていた。

でも、あのマンガ、何だったっけ~少女漫画で、大和和紀?だったかしら。あうあうああう・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚記念日

今日は私たちの結婚記念日だ。

エイプリルフールに受けを狙って入籍したのは、何年前だったか?

確か5回目だと○○婚式とかいうのがあったはず。私の予想ではアルミホイルくらいか。確か一年目が紙だったような・・・・(ってことは金属じゃなくてもいいんだね。)

プラスチックくらいかしらん?

10年経ったらスイートテンダイヤモンド、っていうのは結構男性のほうが必須の通過儀礼と感じているような気がする。

というより、妻側は「別にどうでもいい」が夫側は「絶対ほしがってるよ・・・あーどうしよう」とプレッシャーを感じている。と言った感じか?

私は「ダイヤ等もったいない。図書カードちょうだい」と言っている。

どの妻だってくれるんなら自分の価値観で一番欲しいものをもらいたい。全員10粒のダイヤが欲しいとは思ってないんだけどね~

ま、年度初めの朝から、ものすごくどうでもいい話。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »