« どっとつかれた派遣登録ふたたび | トップページ | 結婚記念日 »

百の説明よりひとつの物語「さっちゃんのまほうのて」

1985年に出版されたこの本は、多くの親子に読み次がれたのでしょう、図書館で出会った時はぼろぼろになっていました。

読み聞かせしながら涙がでてこまってしまった本。ぜひひろく読んでほしい。

先天性四肢障害のさちこに、お母さんは言います。

<「さちこはね、おかあさんのおなかなの中で、はじめ、小さな小さな 命のつぶだったの。

その 命のつぶが だんだん 大きくなって、 手や 足や 心臓ができて、人間の体になっていくの。

 でも さちこは そのときに、おなかの中でけがをしてしまって、ゆびだけどうしても できなかったの。

 どうしておなかの中でけがなんかしてしまうのか、まだだれにも わからないの。」(原文はすべてひらがな)>

さちこは、幼稚園で残酷な友達の言葉に怒り、そしておびえます、でもお父さんの
「さちこの手はつなぐと元気が出てくるまほうの手」だよという言葉や、おともだちのあきらくん、ようちえんのセンセイ、たくさんの人の励ましで、また幼稚園に通えるようになります。

娘は、さっちゃんには指がない、ということが、最初は理解できなかったらしく、

ずっとグーにしてるの?固く固くグーにしてるの?

などといっていましたが、
何回か読むうちに判ってきたみたいです。何か思うところがあったらしく、何度もよんでくれとせがまれます。

絵は、「おしいれのぼうけん」のたばたせいいちさん。表紙の顔はちょっと怖いけど中のさっちゃんはかわいいですよ~

さっちゃんの まほうのて
たばた せいいち〔ほか〕共同制作
偕成社 (1985.10)
通常24時間以内に発送します。

|

« どっとつかれた派遣登録ふたたび | トップページ | 結婚記念日 »

・絵本」カテゴリの記事

コメント

これ、たしか、お芝居をやったりする話ですよね。
そういう意味では、女の子の憧れみたいなものが すごく詰め込まれている作品です。
そうは思わないですか?
高校入ったら、是非とも演劇部へ。

投稿: いぬ研究所 | 2007.04.12 14:01

コメントありがとうございます。
サイトのほう覗かせて頂きました~

投稿: iCHi | 2007.04.12 17:08

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百の説明よりひとつの物語「さっちゃんのまほうのて」:

« どっとつかれた派遣登録ふたたび | トップページ | 結婚記念日 »