« 秘密の花園(児童文学じゃないほう) | トップページ | コドモが本屋でにぎって離さなかった「ウンココロ」 »

時代小説を読む人必読「一日江戸人」

いや~!!!これ、すッごく面白かった!

杉浦日向子さんのよさに今ごろ気づくなんて、ぎりぎり~(歯ぎしり)

彼女の追悼フェアで並んでいた本書。

ものすごく膨大な資料を読み込んだであろう彼女が、さらりと紹介する江戸時代の風俗のあれこれ。
気負わない文章とイラストの数々(でも、90年代、バブル臭をを感じるなー)

なんちゃって「江戸人」になるために初級編から上級編まで順をおって読み進め、最後はちゃきちゃきの江戸っ子判定テストなんてのもあります。(時をへて今検定ブーム、・・もしかしてすでに存在するか?)

なんとなく時代劇のイメージ位しかなかったけれど、江戸時代の町人というのはそれば自由で、まさに文化的な生活をしていたようですね~

入門編には「将軍の一日」では、俗に言う殿様暮らし、夢のまた夢「将軍の一日」が紹介されています。

ところがそれは、なんとも過酷。6時から21時まで、年中無休。しかも、食事は毒見役など経て出来上がってから将軍の口へ入るまで2時間!しかも、その食事も≪おかずは梅干や煮豆、焼き味噌などの一汁一菜。食事中に小姓が頭と顔を剃る。≫そうで、なんとも真似したくない日常なのであります。

そして、≪大奥泊まりは厄日以外の数日のみ。側には二十四時間離れず小姓が付く。小姓は二時間交代なので、気が合っても長く過ごせない。≫まさに、プライベートナッシング!!

他にも食の話、相撲、おまじない、春画考、未来世紀EDO、意匠、決定版マジナイ集など等、江戸の洗練された文化を紹介してくれます。

これを読んで時代小説をよめば、またさらに面白いことうけあいです。

一日江戸人
一日江戸人
posted with 簡単リンクくん at 2007. 3.17
杉浦 日向子著
新潮社 (2005.4)
通常24時間以内に発送します。

|

« 秘密の花園(児童文学じゃないほう) | トップページ | コドモが本屋でにぎって離さなかった「ウンココロ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時代小説を読む人必読「一日江戸人」:

« 秘密の花園(児童文学じゃないほう) | トップページ | コドモが本屋でにぎって離さなかった「ウンココロ」 »