« 表紙と中身のギャップ!「桃色トワイライト」 | トップページ | みずぼうそうになった »

古びないすごさ「99%の誘拐」

いや~ぜんぜん古びてないなぁ。この作品が約20年前に書かれていたとは。驚くようなハイテク駆使の話だ。(さすがに音響カプラーとかは見たことないけれど)

 刑事コロンボのようにあらかじめ犯人が判っている、いわゆる倒叙ものなので、どうしてもネタばれのようになってしまいますが、
内容は、自分が巻き込まれた誘拐事件を成長して父の手記で知った生駒慎吾は、卓越したプログラミングのセンスを生かし、誘拐の首謀者の孫を誘拐する。
彼が誘拐するために作った舌を巻くほど緻密なプログラム「アスカ」果たして報復のための誘拐は成功するのか?最後に明かされる最初の誘拐の真相とは?
そして、本を閉じた後に残りの1%ってなんだろうなーと気になってしまいます。

99%の誘拐
99%の誘拐
posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.24
岡嶋 二人〔著〕
講談社 (2004.6)
通常2-3日以内に発送します。

|

« 表紙と中身のギャップ!「桃色トワイライト」 | トップページ | みずぼうそうになった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古びないすごさ「99%の誘拐」:

» コロンボ [コロンボ]
[続きを読む]

受信: 2007.01.24 18:11

« 表紙と中身のギャップ!「桃色トワイライト」 | トップページ | みずぼうそうになった »