« 若旦那旅に出る「うそうそ」 | トップページ | マンガに本の古典で読む「とはずがたり」「和泉式部日記」 いがらしゆみこ »

まさに激!「人生激場」

しをんさんが週刊新潮に書いていたエッセイ(知らんかった)。

それなりに読者を考慮した「仁丹」ネタから始まり、坂道を転がり落ちるかのように乙女(死語?)の身持ちの堅い(何もない)日常をぶちまけております。
その様子はまさに激!ワイドショー、昼メロ、ワールドカップに胸毛ネタ。

プライベートに何もなくったって、妄想だけで食べていけてるのである。

残念ながら私にはその胸毛好きがよくわからんけれども、というか、読者であるおじ様方でわかる人がいたらそれはそれでこわいだろ。いやいや、わからんけれども、最も好ましい胸毛(質や量など)を表現するために、10センチ四方の紙に最も好ましいむなげを描いてその本数を割り出したというのだから・・・只者ではないことは確か。

電車で読んで思わずニヤニヤがとまらず、家でも笑いが止まらず怪しまれること請け合いです!

人生激場
人生激場
posted with 簡単リンクくん at 2006.11.22
三浦 しをん〔著〕
新潮社 (2003.10)
通常24時間以内に発送します。

|

« 若旦那旅に出る「うそうそ」 | トップページ | マンガに本の古典で読む「とはずがたり」「和泉式部日記」 いがらしゆみこ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まさに激!「人生激場」:

« 若旦那旅に出る「うそうそ」 | トップページ | マンガに本の古典で読む「とはずがたり」「和泉式部日記」 いがらしゆみこ »