« 本当にそれでいいのか?「よかったね ネッド君」 | トップページ | iPodをかっちゃいました。 »

恋の足音が聞こえてきました「朝霧」北村薫 

円紫さんシリーズ第5弾?前回は第2弾だったし、なかなか順番どおりにいかない~

さて、今回は主人公の私は大学を卒業し出版社に入社します。おねえさんも結婚し子供ができ物語の時間はぐっと進みます。
しかし、円紫さんが安楽椅子探偵として活躍することは相変わらず。今回の事件は祖父が書いた日記にある判じ物。祖父が鈴ちゃんからもらったこの短歌を、時代を超えて読み解くと・・・そこにはせつない恋の歌が表れます。

そのことを知った私は自分の恋に少しだけ足を踏み出そうとします。ああ~ええ話や。

それにつけても、このシリーズの落語にたいする造詣の深さは恐れ入ります。というか、私の知っている落語家さん=笑点の人たち。う~ん知識がなさすぎてこの話のおいしいところを味わいつくせないのです。面白いけど、落語や歌舞伎のこともっと知っておいたらもっとよりよく味わえるのに!といった感じ。 

最近落語気運みたいなものも高まってることだし、わたしも少しは始めようかなー。寄席にいく勇気はないのでまずはCDから。そして、今欲しくてたまらないのはiPod!これに入れて持ち運ぶのだ~おー!!(と一人で気勢をあげてみました)

朝霧
朝霧
posted with 簡単リンクくん at 2006.10.23
北村 薫著
東京創元社 (2004.4)
通常24時間以内に発送します。

|

« 本当にそれでいいのか?「よかったね ネッド君」 | トップページ | iPodをかっちゃいました。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋の足音が聞こえてきました「朝霧」北村薫 :

« 本当にそれでいいのか?「よかったね ネッド君」 | トップページ | iPodをかっちゃいました。 »