« ゆっくりと噛み締めながら「邪魅の雫」京極夏彦 | トップページ | ひらがなの「あんぱんまんとばいきんまん」 やなせたかし »

1号4歳になる

P1000215

1号が4歳の誕生日を迎えました。
いやー、あれから4年長いような長いような・・・
ええ、決して短くとはありませんとも

産まれたばかりのころは、あまりに小さくて脆そうでくったりして
まさしく自分の一部分のような感じがしていましたが、4年もたてば、トイレもご飯も着替えも、(機嫌さえ良ければ)自分でできるようなるし、親の間違いは指摘するし、いっちょまえにふくれたり謝罪を要求したりもするようになる。あー大きくなったなぁ。そして、がんばったわ~

最近では、小さい子をかわいがることもできるようにもなり、あー二人産んでよかったと言えるようになりました。

 子供を産んだばかりの頃は、子供がいるとできないことばかりに目がいきがちで、特に私は颯爽と働いている女性が、うらやましくてしょうがなかったのです。以前のように仕事帰りに友達と飲みに行くこともできないし、ゆっくり本を読むことすらかなわない。

最近は、子供がいないとできない事を楽しもうと思っています。
公園ですべり台、いいじゃないの!
おもちゃ屋さんに子供図書館、大歓迎!
そして”みっちゃんのママ(by伝染るんです)”のように、子供にまちがったことを教える!!しゃれになる事をホントっぽく!!結構難易度高し!

と、言っても完全に割り切れている訳じゃないので、どかんどかんやってますけど。日々修行だわー忍にん・・・

誕生日祝いは、アンパンマンケーキを作ってみました。
ハハはウサギさんケーキのつもりで、生クリームをピンクにしてたんですが・・・

|

« ゆっくりと噛み締めながら「邪魅の雫」京極夏彦 | トップページ | ひらがなの「あんぱんまんとばいきんまん」 やなせたかし »

育児」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ブログにコメントをいただいたmasaki37です。
僕の場合は大学院から九州に行ったので、厳密に言うと地球惑星科学科には所属していないので、学科の後輩にはなりませんが、同じ大学の同じ分野の後輩になりますね。
僕は清○教授や松○助教授がいて、研究室が長崎の島原にある観測地震火山学研究分野に所属していました。
固体は同じ大講座?で、そのなかでもうちの研究室が最も親しくしていた研究室でした。
一緒に学内で花見したり、島原で牡蠣鍋パーティしたり、福岡西方沖地震の時には学生に協力していただいたりしました。
特に4年生は院試までの間、島原に移住せずに福岡で固体にお世話になりながら院試勉強することになっているので、そのまま大学院に進学する学生は、固体と結びつきが強いです。
僕が九州にいたのは7月までなので確かなことは言えませんが、よほど突然のことがない限り竹○先生は現在もご在籍のはずです。
ちなみに昨年度をもって鈴○先生は退官され、後任の教授には他の大学から来た方が就きました。
そんなこともあり、今いる学生全員の指導教官を竹○先生がなさっているという話を聞きました。
今も先生の部屋は散らかりまくっているそうで、最近はうちの研究室の福岡での拠点であり、竹○先生に管理をお願いしている強振動室を日常的に使用されています。学生の指導もそこで行っていました。
だから僕らが平日福岡に行くと、ほぼ必ずそこで竹○先生に出くわします。そんなこともあり、すでに部屋の半分は足の踏み場もないほどの状態です。
最後に、このコメントは僕のブログとこちらのブログの両方に書き込みさせていただきました。

投稿: masaki37 | 2006.10.09 16:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1号4歳になる:

« ゆっくりと噛み締めながら「邪魅の雫」京極夏彦 | トップページ | ひらがなの「あんぱんまんとばいきんまん」 やなせたかし »