« 小泉前首相?「よわむしらいおん」 | トップページ | ネコの界プレスリー?「世界一有名なネコ フレッド」 »

ようやく読み終わった「邪魅の雫」京極夏彦

読了まで10日近くかかってしまいました。いくら新書3冊分の厚さとは言えちょっと不覚。今回は大好きな薔薇十字社の探偵は元気がなくて、そのぶん関口さんがいつもよりちょっとだけがんばっています。それに十八番の妖怪話もほとんど出てきません。邪魅というのはたしか「豆腐小僧双六道中ふりだし」にも出てきた我々の中にある邪まな感情によって形作られる妖怪ではなかったか?感情に実態があるのならその邪まな質量を持った分子が体を離れて、空中で再結成され邪魅となる・・・
さて、「絡新婦(じょろうぐも)の理」あたりから、読んでいる時はなんとなく判ったような気になっているけど、その実ぜんぜん判ってなくて消化不良気味だったので、前作の「陰摩羅鬼(おんもらき)の瑕」は、(意外と不評だったようですが)私は結構わかりやすくて好きだった。
その考え方でいくと、今回の「邪魅の雫」は、正体不明の一人称の「私」達と「木偶の坊」と「頭に鉛が詰まった青年」そして探偵見習いの「益田」と木場さんの部下だった「青木」つぎつぎと視点がうつりかわり、なかなかすんなり頭に入ってくるとは言いがたい・・・しかもなにかと前回の事件「箱根」の事件と「長野」の事件が引き合いに出されるので、予習不足の私にはちとつらい。というわけで今回は「姑獲鳥(うぶめ)の夏」の衝撃を星5つとすると星3つくらいかな~。それでももちろん楽しみに
していたし、次回作も絶対に買っちゃうでしょう。講談社ノベルズ界野の「ガラスの仮面」や~(彦麿風)
やはり、同封の「京極夏彦全作品解説(非売品)」のパンフレットは読後の楽しみではなくて、本を読む前に目を通しておくべきでした!!

|

« 小泉前首相?「よわむしらいおん」 | トップページ | ネコの界プレスリー?「世界一有名なネコ フレッド」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやく読み終わった「邪魅の雫」京極夏彦:

» 妖怪のつづら [手作り昔話]
お話 [続きを読む]

受信: 2006.11.08 13:21

» 『邪魅の雫』 京極夏彦著 講談社ノベルス 2006 [まろまろ記]
ごはん&麺類好きだけど、最近ふとしたことからパンを勉強中のまろまろです。 さて、... [続きを読む]

受信: 2006.12.07 18:57

» 邪魅の雫 京極夏彦 [粋な提案]
ブックデザインは熊谷博人・釜津典之。カバーデザインは板野公一。カバー挿画は石黒亜矢子。組版レイアウトは京極夏彦。読んだ作品「姑獲鳥の夏」「魍魎の匣」「狂骨の夢」「鉄鼠の檻」「絡新婦の理」「塗仏の宴 宴の支度」「塗... [続きを読む]

受信: 2007.01.29 14:13

» 狂骨の夢 |京極 夏彦 [ミステリー倶楽部]
全体のプロット構成の見事さもさることながら、それを包み込む宗教学と心理学の知識の深さがこの作品を恐るべきレベルに引き上げている。メインの京極堂や榎木津を最後の方に登場させるやり方もなかなかだ。この作品を文庫化するのに400ページ以上加筆したらしいが、ほんとに1ページ1ページに妥協という物がない濃密さだ。... [続きを読む]

受信: 2007.02.19 12:02

« 小泉前首相?「よわむしらいおん」 | トップページ | ネコの界プレスリー?「世界一有名なネコ フレッド」 »