« ネコの界プレスリー?「世界一有名なネコ フレッド」 | トップページ | 恋の足音が聞こえてきました「朝霧」北村薫  »

本当にそれでいいのか?「よかったね ネッド君」

かなり有名な絵本らしく、図書館ではいつもよく見えるところに飾ってある。
しかし・・・絵がちょっと怖い。

奥付によると作者はデザイナーや舞台美術も手がける多才な人物らしい。しかし、絵が怖い~

内容は、ある日びっくりパーティーに呼ばれたネッド君。
よかったね!でもパーティー会場はとっても遠いよ。  
よかったね!友達が飛行機をかしてくれた。でも、爆発した。・・・

とよかったことはカラーで描かれ、でも・・・のページはモノクロで描かれて対比がたのしい。英語と日本語併記で、英文のほうはFortunately,….Unfortunately,….とリズミカルです。

空から落ちるところやサメに追いかけられるところなど、大空にネッド君が小さく描かれていて、たしかにデザイン的におもしろいなと思います。 
最後は無事ネッド君の誕生パーティの会場にたどり着き「よかったね!」と終わります。

しかし、このパーティー会場の人たちがみんな怖い~っていうか、子供(ネッド君)の誕生日パーティーに集まったはずなのに、なぜか隅のほうでラブラブのカップルが描かれていたり、本当にそれでいいのか!と突っ込みたくなること請け合いです。

2号も楽しいらしく、でも大変!のページはギャハハと大うけしております。

よかったねネッドくん
レミー・シャーリップさく / やぎた よしこやく
偕成社 (2003.7)
通常2-3日以内に発送します。

|

« ネコの界プレスリー?「世界一有名なネコ フレッド」 | トップページ | 恋の足音が聞こえてきました「朝霧」北村薫  »

・絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当にそれでいいのか?「よかったね ネッド君」:

« ネコの界プレスリー?「世界一有名なネコ フレッド」 | トップページ | 恋の足音が聞こえてきました「朝霧」北村薫  »