« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

タイトルの勝利?「七つの危険な真実」

赤川次郎、阿刀田高、宮部みゆき、乃南アサ、連城三紀彦、夏樹静子、北村薫7人のゴージャ スなアンソロジー。

一番面白かったのは既読だったけれど楽しめた宮部みゆきの「返事はいらない」か乃南アサ「 福の神」か迷うところ。次点が阿刀田高の「マッチ箱の人生」かな~
とくに福の神のラストはジンときてしまいました。

 アンソロジーのよい点は、自分では絶対にチョイスしない作家も読めるということ。
今回のしょっぱなが赤川次郎だったのでかなり懐かしい。
なんだかんだ言ってベストセラー作 家なのにこの十数年一回も食指が動かなかったわね~。でも中学生のころはコバルト文庫なん かでお世話になった記憶が。内容も軽くておためごかしで、はいはい。という感じ。ま、ある 意味期待を裏切らないわ。

もうひとつが、私にはぜんぜん理解できない夏樹静子。
うーん。2 時間ドラマご用達(20年前版)という感じですね。わからーん!

 残念ながらこの本では私の「読んでみたい人」は増えませんでした。宮部みゆきも、乃南アサももともと好きだし。阿刀田高も高校生くらいからすきだしなー。
連城三紀彦・・・うーん、「流れ星とあそんだころ」を以前読んだときも微妙だったけれども 、今回も微妙ながら「好きbox」に入れとこう。

ああいい買い物だったと思いたいもの。

七つの危険な真実
赤川 次郎〔ほか〕著
新潮社 (2004.2)
通常2-3日以内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「はじめての落語」春風亭昇太

先日購入したiPod。そしてようやく開通したiTunes。

初めてのダウンロードは落語にしました。
わくわくしながら、通勤時間にスイッチオン・・・・ところが、結構駅のホームも電車の中というのもうるさいものですね、今まではぜんぜん気にしてなかったけれど。
 音楽を聞き流すくらいならだいじょうぶだけど、落語を真剣に聞くためにはうるさすぎる。しかも,耳だけで聞くので声の高低大小でしか内容がわからず、結構大変。これはちょっと失敗だったか?内容という意味ではなくて、落語を聞くスタイルとして。

ま、内容としては
人生が二度あれば・・・最初のつかみがおもしろかった。
壺算・・・・とっても買い物上手な兄貴が非合法に壺を購入する話。
愛犬チャッピー・・・柴犬の心の声(爆笑)でも落ちがちょっと。

落語ってやっぱり、目から入る情報も大切かも。私この人が落語意外をやってるところしか見たこと無いからイメージが湧かなくって。とくに、壺算なんかは、観たらもっと面白いんだろうと思います。

そのためのテキストとして本があるのかな?今回はデータのみのダウンロードだったので判りにくかったかも。
本の方には連続写真とかついているようですし。ちなみにこの本、BK1では取り扱いなしになってますね~
(アマゾンのマーケットプレイスにはユーズドで本のみが出てましが)

はじめての落語。
春風亭 昇太出演 解説 / 糸井 重里監修
東京糸井重里事務所 ほぼ日刊イトイ新聞 (2005.4)
この本は現在お取り扱いできません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

すばらしいデザイン「すてきな三にんぐみ」

ウンゲラーの絵はデザイン的に優れている。色使いもシンプルだけど効果的。

この本の表紙も、大胆に省略された線がとってこわい山賊の迫力をよくあらわしていると思う 。

うちの子が早く育ってこの本に対応できる年齢になったら買おう。と心に決めてい た本。・・・
ところが買った当初あまり反応がよくない(三歳後半)全体的に黒っぽいし、お話の筋もちと わかりにくかったかしら?と思ったけれど、最近はちょっと好きになってきたようで、よく一 人で広げて読んでいる(見ている?)やっぱり適応年齢というはあるのねぇ。

内容は、
  山賊の三人組。おどしの道具は3つ。馬車を「こしょう吹きつけ」で止め、「まさかり」で車輪を壊し、「ラッパ銃」でしあげ。
こうしてずっと山賊として恐れられていた三人組ですが、ある時両親が亡くなり、いじわるなおばさんのところへやられる途中の女の子の乗った馬車を襲いま す。他には何もなかったので女の子を大切に連れて帰ることに。女の子もおばさんのところよ り、この3人のほうが面白そうとついて来ます。
次の日の朝、山賊のためていた宝をみた女の子に「きゃ~これどうするの?」たずねられ三人 は考え込んだ。これまではどうするつもりもなかったものだから。そして、それから三人は山奥の素敵なお城を買い国中の孤児達を集める。
そしてその子達がそ だちやがて村が出来る・・・といったもの。

ハートウォーミングなのか?ちくりと皮肉なのか?ちっとも説教くさくないお話なのでした。大人向けにもオススメの絵本です。

すてきな三にんぐみ
トミー=アンゲラーさく / いまえ よしともやく
偕成社 (2003.3)
通常24時間以 内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

iTunes(つづり合ってる?)ではじめてのダウンロード

目標にしていた落語のダウンロード。できました。あっさりと。
今朝方朝ごはんを作りつつ、とりあえず無料版の曲でもダウンロードしてみよう。
とクリック。あ~やっぱりアカウントとか要求してくるわけですね。
そして、クレジットカード番号まで。迷ったけれどここで奥手になっていてはこの恋が成就しないわ。
というとことで、決行。あとはさくさくとダウンロードして、なんかしらんけどiPodにも入ったみたい。

むむむ~こんなに簡単なら念願の落語のダウンロードもしちゃおう。
と言うことで落語で検索。ところがここでつまづいた。rakugoで検索すればよいことに気づくまでしばらくかかった。おかげで目玉焼きが少々焼きすぎに。ま、それはいつものことだからいいのだが、落語の検索結果は思ったよりも少なくてあれ?っと思った。

しかし、以前から目をつけていた「春風亭昇太のはじめての落語」をクリック。1500円なり。
あっという間にまたしても購入終了。やばい。簡単すぎる。
これじゃあ、自制が効かなくなってドンどこダウンロードしてしまいそうだ。お子様と旦那には絶対に使わせられないわ。
わたしも自制がなくなり「それじゃあーなんか音楽でも~」と検索に走ってしまいましたが、幸運なことにタイムアップ。子供を起こすぎりぎりの時間になってしまった。

とりあえず、しばらくは家のCDをせっせとインポートします。落語は図書館で探そう・・・

| | コメント (1) | トラックバック (7)

冴えわたる哲学の日常活用「ツチヤ学部長の弁明」 土屋賢二

御茶ノ水大学の哲学の先生でもある著者。
今回の文庫で学部長にまでなっていることを知りました。

週刊文春に連載しているエッセイがおもしろくて、文庫になるたびに購入しておりますが最近はやや食傷気味だった・・・けど読むとやっぱり面白い。

今回は、過去の偉大な哲学者をおちょくるいしいひさいちの漫画もついててお得です。ちなみにこの2人は同郷なそうな。朝日新聞連載の「ののちゃん」にでてくる教頭先生は土屋先生がモデルだとか。

この人のエッセイは読んでいるとおちょくられているのか、煙にまかれているのか判らない。少なくともためになることが書いてあるとは思わないが、利口そうに言い訳をするネタとしては使えるかもしれない。少なくとも哲学を勉強すれば、夫を口で言い負かすことが出来るようになるのかもしれないと思わせる。勉強しなくても十分ではあるが。(全文こんな感じ)

哲学者って本当に・・・周りを疲れさせる人種?それにしても、これだけ奥さんのことを酷評しておいて大丈夫なんでしょうか。

今回のエッセイはいろんなところで書いたものをまとめたもの。ぜんぜん知りませんでしたが女性誌やマネー雑誌?通販生活でもご活躍の様子。
とくに女性誌(VOCE?だったか)にて「美人は得だ」という理屈を展開。美人が得なのはなぜか。東大の哲学科卒の教授が哲学的に説明。おお、やっぱり美人は得だ!これからは美人になるために骨身を惜しまず金をつぎ込まねばなるまい。

ツチヤ学部長の弁明
土屋 賢二著
講談社 (2003.10)
通常24時間以内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPodをかっちゃいました。

先日アマゾンで頼んだiPod nano 4GBが届きました。

我が家は九州なんですが、金曜日の早朝に頼み、日曜日の午前中に来ました。
思ったより早い!!箱を開けてあまりの小ささにさらにびっくり!!
なんだ、この潔さは?というくらいマニュアルもヘルプもついておらず、小さなスタート アップガイドのみ。マニュアルを読むのが大嫌いな私には大変ありがたい。

早速使うぞ~っと手にとって見るとすでに娘1号が電源を入れていた。あり~?これは電源ボタンはどこよ。と探すことしばらく。
あ、ガイドを見ればいいのね 。なになに・・・え!ホイールボタンをどこか押せばON、長押しでOFFか。

そんな感じで、行き当たりばったりに初めてなんと1時間後にはもう使えていました。
こういうユーザーインターフェースのセンスのよさはAPPLEならではだよな~
シンプルとは、こういうものを言うんだぜ。みたいな。

しばらくすると弟が帰ってきて「うわ!!なんで黄緑?俺も買う!俺も買う!」と大騒ぎ。
うるさ~い。私のスピリチュアル・オーラカラーは黄緑なんじゃ~(うそ)
その日のうちにもうひとつアマゾンを儲けさせてしまいました。

それにしても、実は購入前に実物を触ったことが無く、ほぼ日(http://www.1101.com)で の連載を読んだだけ、と言う予習不足だったため、想定していた大きさよりも一回り小さく 半分以下の厚みしかなかったのでおどろいた。

思えば高校生のときに重たいウォークマンをお小遣いをためて買ったもんだ。あのころは テープだったよねぇ。

技術の革新の速度は速い!どうせぐんぐん速いんなら、そろそろ携帯とパソコンとiPodが一緒になったようなやつを作って欲しいわ。技術的にはきっともう可能なのでは?

そして、ぶっちぎりで私達おばちゃんを突き放してデジタル格差社会つくり、web3.0時代になってみろ~(うそです。最後らへん、単語を言ってみたかっただけです)置いていかないで~よよよ。

次なる目標は、家にあるCDを聞くだけでなくデーター(落語)を購入して聞くこと。まだ出来ていないのさ。おばちゃんは慎重だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋の足音が聞こえてきました「朝霧」北村薫 

円紫さんシリーズ第5弾?前回は第2弾だったし、なかなか順番どおりにいかない~

さて、今回は主人公の私は大学を卒業し出版社に入社します。おねえさんも結婚し子供ができ物語の時間はぐっと進みます。
しかし、円紫さんが安楽椅子探偵として活躍することは相変わらず。今回の事件は祖父が書いた日記にある判じ物。祖父が鈴ちゃんからもらったこの短歌を、時代を超えて読み解くと・・・そこにはせつない恋の歌が表れます。

そのことを知った私は自分の恋に少しだけ足を踏み出そうとします。ああ~ええ話や。

それにつけても、このシリーズの落語にたいする造詣の深さは恐れ入ります。というか、私の知っている落語家さん=笑点の人たち。う~ん知識がなさすぎてこの話のおいしいところを味わいつくせないのです。面白いけど、落語や歌舞伎のこともっと知っておいたらもっとよりよく味わえるのに!といった感じ。 

最近落語気運みたいなものも高まってることだし、わたしも少しは始めようかなー。寄席にいく勇気はないのでまずはCDから。そして、今欲しくてたまらないのはiPod!これに入れて持ち運ぶのだ~おー!!(と一人で気勢をあげてみました)

朝霧
朝霧
posted with 簡単リンクくん at 2006.10.23
北村 薫著
東京創元社 (2004.4)
通常24時間以内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当にそれでいいのか?「よかったね ネッド君」

かなり有名な絵本らしく、図書館ではいつもよく見えるところに飾ってある。
しかし・・・絵がちょっと怖い。

奥付によると作者はデザイナーや舞台美術も手がける多才な人物らしい。しかし、絵が怖い~

内容は、ある日びっくりパーティーに呼ばれたネッド君。
よかったね!でもパーティー会場はとっても遠いよ。  
よかったね!友達が飛行機をかしてくれた。でも、爆発した。・・・

とよかったことはカラーで描かれ、でも・・・のページはモノクロで描かれて対比がたのしい。英語と日本語併記で、英文のほうはFortunately,….Unfortunately,….とリズミカルです。

空から落ちるところやサメに追いかけられるところなど、大空にネッド君が小さく描かれていて、たしかにデザイン的におもしろいなと思います。 
最後は無事ネッド君の誕生パーティの会場にたどり着き「よかったね!」と終わります。

しかし、このパーティー会場の人たちがみんな怖い~っていうか、子供(ネッド君)の誕生日パーティーに集まったはずなのに、なぜか隅のほうでラブラブのカップルが描かれていたり、本当にそれでいいのか!と突っ込みたくなること請け合いです。

2号も楽しいらしく、でも大変!のページはギャハハと大うけしております。

よかったねネッドくん
レミー・シャーリップさく / やぎた よしこやく
偕成社 (2003.7)
通常2-3日以内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネコの界プレスリー?「世界一有名なネコ フレッド」

最近洋物(?)がお気に入りの1号。
この話は、漫画形式になっており、ふきだしのセリフで話が進む。
なんとも読み聞かせしにくい。(皆さんんはいちいち、コマと登場人物を指差してあげてます?)
少し長いし、まだまだ4歳には早いか?と思ったが、以外とお気に召したようで毎晩読まされています。
内容は、ソフィーのうちで飼っていた寝てばっかりのぐーたらネコ「フレッド」が死んでしまう。
実はフレッドはネコ界では世界一有名な大歌手だったから、たくさんの猫達が弔問に訪れる。
ちなみに大歌手だったフレッドはまるで往年のプレスリーのような袖にひらひらしたものをつけております。最初のページから飼猫の死というものが出てくるけれど、決して重過ぎずむしろユーモラスな感じ。
それでも、「もう僕のベットにもぐりこんでこないんだね」と聞く息子に「そうね。フレッドがいなくなって悲しいわね」ものすごく素直に返すお母さんが素敵だと思った。私もいつか子供が死に直面したときに、へんに元気付けたりするのではなくまっすぐ受け止めて答えてあげたいと思った。悲しいものは悲しい。

水彩と色鉛筆でかかれた淡いタッチと、いかにもな感じの向こうの国の子供達。
表紙はこれでもかとばかりに大きく描かれたネコの顔でインパクト大であります。

せかいいちゆうめいなねこフレッド
ポージー・シモンズさく / かけがわ やすこやく
あすなろ書房 (2004.2)
通常24時間以内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ようやく読み終わった「邪魅の雫」京極夏彦

読了まで10日近くかかってしまいました。いくら新書3冊分の厚さとは言えちょっと不覚。今回は大好きな薔薇十字社の探偵は元気がなくて、そのぶん関口さんがいつもよりちょっとだけがんばっています。それに十八番の妖怪話もほとんど出てきません。邪魅というのはたしか「豆腐小僧双六道中ふりだし」にも出てきた我々の中にある邪まな感情によって形作られる妖怪ではなかったか?感情に実態があるのならその邪まな質量を持った分子が体を離れて、空中で再結成され邪魅となる・・・
さて、「絡新婦(じょろうぐも)の理」あたりから、読んでいる時はなんとなく判ったような気になっているけど、その実ぜんぜん判ってなくて消化不良気味だったので、前作の「陰摩羅鬼(おんもらき)の瑕」は、(意外と不評だったようですが)私は結構わかりやすくて好きだった。
その考え方でいくと、今回の「邪魅の雫」は、正体不明の一人称の「私」達と「木偶の坊」と「頭に鉛が詰まった青年」そして探偵見習いの「益田」と木場さんの部下だった「青木」つぎつぎと視点がうつりかわり、なかなかすんなり頭に入ってくるとは言いがたい・・・しかもなにかと前回の事件「箱根」の事件と「長野」の事件が引き合いに出されるので、予習不足の私にはちとつらい。というわけで今回は「姑獲鳥(うぶめ)の夏」の衝撃を星5つとすると星3つくらいかな~。それでももちろん楽しみに
していたし、次回作も絶対に買っちゃうでしょう。講談社ノベルズ界野の「ガラスの仮面」や~(彦麿風)
やはり、同封の「京極夏彦全作品解説(非売品)」のパンフレットは読後の楽しみではなくて、本を読む前に目を通しておくべきでした!!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

小泉前首相?「よわむしらいおん」

朝起きると隣にライオンが寝ていた~普通は恐ろしくて・・と続くところが、ここでは 、ライオンのたてがみはふわふわで気持ちがいい。と来る。

そうか~ごわごわじゃないの?それにしてもこのライオン、髪型が小泉前首相みたい。とか大人の雑念が入ります。

ピンクの弱虫ライオンは「まだ寝ていたいんだ~」「アイスクリームが食べたいぞー」「あったかいものが食べたいぞ~」と、僕の欲望を替わりにかなえてくれるけど、最後はおなかが痛くなり、「注射はいやだ、いやだよ~」とヘタレな発言をして逃げていきます。意外にも2号(1歳9ヶ月)が大喜びで、何となく、自分で読んでいるようなかんじ。ほとんど通じない自分語で、「あっつくりーむっがたべたぞーー」などと言ってます。うわ、かわいい?(親ばか)。さすが長新太さん、ものすごい色遣いなのに違和感がないので、やっぱり天才なんだろうなぁ。

よわむしらいおん
八木田 宜子文 / 長 新太絵
徳間書店 (2002.4)
通常24時間以内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる表紙「ピッツァぼうや」

 図書館で出会ったときに大きく描かれた表紙の男の子に眼が惹きつけられました。

ずっと気になっていた内容は、雨でお外にいけず不機嫌なぼうや。お父さんがぼうやをピザにしようと、キッチンテーブルでこねたり、油をたらしたり(本当は水なんだけどね)小麦粉をふったり(本当はベビーパウダーなんだけどね)トマトチーズを乗っけたりして、最後はオーブンで焼く、ごっこあそびの本。
途中でこちょこちょとこしょぐって
「ピザ生地は笑わないと思うけどな」
「ピザ職人は生地をこしょぐらないと思うよ」などの掛け合いも楽しい。

 水彩で書かれた絵もさらさらと描いているようで、実は床のじゅうたんの柄が各部屋で違ったり、計算ずくなのをうかがわせます。
 早速我が家でも真似して、子供等を生地にして思い切りこねたら泣かれてしまいました。スマン、お母さん調子に乗りすぎたよ!!
残念なのは登場するお父さんがあまりにも老けて?いること。アメリカンな感じではありますが。

ピッツァぼうや
ウィリアム・スタイグ作 / 木坂 涼訳
セーラー出版 (2000.3)
通常2-3日以内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おすましおねえちゃん「ピッケとポッケ」

ピッケとポッケはネコの姉弟。弟は素直に喜んだり甘えたりできるけどおねえちゃんのピッケはいつもおすまし。でも、シッポはふりふり。
いつもおすましのピッケは、ポッケが思いっきりお母さんに甘えているのを見て家出をしてしまいます。
自分も長女で弟がいたのでこのピッケの気持ちがわかるわ~。きっと1号もうまく言えないけれど判ってると思います。
上手に甘えられない子はかわいそう。長子は損だ!と思うこと結構多かったような気がします。もちろん、お得な事もおおいのでしょう。
30年以上も経つとま、それはそういうもんだと割り切れるのですが、うちの子達はまさに今から葛藤しながら大きくなるのでしょう。

ピッケとポッケ
とりごえ まり著
佼成出版社 (2002.8)
通常1-3週間以内に発送します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ひらがなの「あんぱんまんとばいきんまん」 やなせたかし

今テレビアニメを席巻している「アンパンマン」ですが、やなせたかしさんが、初期にかかれた絵本ではひらがなで「あんぱんまん」と呼ばれているようです。
奥付をみると、30年以上まえに出ています。当時母は「なんじゃこりゃ、と思ったけどねー」だそうです。
時代を超えて孫の1号2号もアンパンマンに夢中です。
では、「あんぱんまん」はどうかと言うと、これまたうけて大喜び。アニメと違いも気にならず、これはこれで楽しんでいるようです。「あんぱんまん」には手指がちゃんと5本・・・それに体のバランスもずいぶん違い大人っぽいです。
 さてこの話は、ばいきんまんの初登場。ジャムおじさんのパン工場の上に厚い雲をはり、太陽の光を邪魔して「みんなを病気に」しようと企てます。
ジャムおじさんもなんだか元気がありません。そこであんぱんまんの一言「おじさん、あんこがくさりますよ」
って、それは自分の心配じゃん!!うける。たしかに腐ったあんこを詰め込まれたらいやよね。ちなみにアンパンマンのあんこは「つぶあん」だそう。人づてに聞いた話ですが、理由は「脳」だから粒がないと。byやなせたかし・・・だそうです。
ばいきんまんも、きめ台詞「はひふへほ~」「ばいばいき~ん」もまだ登場せず、あんぱんまんを見て「なんだ、あんこのおばけか?」と馬鹿にします。
この先30年以上宿命のライバルになるとも知らず。それにしてもあんぱんまんもアンパンマンも子供をひきつける力は素晴らしい!

あんぱんまんとばいきんまん(・e・)

| | コメント (3) | トラックバック (2)

1号4歳になる

P1000215

1号が4歳の誕生日を迎えました。
いやー、あれから4年長いような長いような・・・
ええ、決して短くとはありませんとも

産まれたばかりのころは、あまりに小さくて脆そうでくったりして
まさしく自分の一部分のような感じがしていましたが、4年もたてば、トイレもご飯も着替えも、(機嫌さえ良ければ)自分でできるようなるし、親の間違いは指摘するし、いっちょまえにふくれたり謝罪を要求したりもするようになる。あー大きくなったなぁ。そして、がんばったわ~

最近では、小さい子をかわいがることもできるようにもなり、あー二人産んでよかったと言えるようになりました。

 子供を産んだばかりの頃は、子供がいるとできないことばかりに目がいきがちで、特に私は颯爽と働いている女性が、うらやましくてしょうがなかったのです。以前のように仕事帰りに友達と飲みに行くこともできないし、ゆっくり本を読むことすらかなわない。

最近は、子供がいないとできない事を楽しもうと思っています。
公園ですべり台、いいじゃないの!
おもちゃ屋さんに子供図書館、大歓迎!
そして”みっちゃんのママ(by伝染るんです)”のように、子供にまちがったことを教える!!しゃれになる事をホントっぽく!!結構難易度高し!

と、言っても完全に割り切れている訳じゃないので、どかんどかんやってますけど。日々修行だわー忍にん・・・

誕生日祝いは、アンパンマンケーキを作ってみました。
ハハはウサギさんケーキのつもりで、生クリームをピンクにしてたんですが・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゆっくりと噛み締めながら「邪魅の雫」京極夏彦

1週間以上かかってまだ読了できてません・・・
なので、今回は内容と全く関係なくこの本にまつわる独り言を。
厚い!ようやく半分ほど読み進めてすでに、平均的な新書の厚さを上回っている。
4,5センチ・・・そして、重い!どか○ちんの弁当箱か?というような体積。
鞄の中でひときわ場所をとっております。
今、半分読んでようやく京極節にもなんとなく慣れてきたところです。
最初のうちは、読みながらつっかかり、ひっかかりで決して音読をしているつもりは無いのに
なかなかスピードがでません。難読漢字が多すぎるし~そこが醍醐味でもあるんだけど。
今のところ大好きな探偵は顔を出しておりません。なんだかんだ言いつつも堪能している私であります。
三浦しをんさんが、「豪華幕の内弁当」と評したこのシリーズ。たしかに。
食べたこと無いけど「なだ万」って感じです。どれから楽しもうかな~と迷うのもまた楽し。
読み(食べ)終わったらまた感想をアップしますね。

邪魅の雫
邪魅の雫
posted with 簡単リンクくん at 2006.10. 6
京極 夏彦著
講談社 (2006.9)
通常24時間以内に発送します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

犬かウサギかはたまたネズミか?「リサとガスパール」

  アン・グットマン文 ゲオルグ・ハレンスレーベン絵 石津 ちひろ訳

かわいい!と最近はグッズなんかもたくさん出ているリサとガスパール。
内容もしっかり子供にアピールするらしく、うちの1号(四歳)が大好きです。
リサ(女の子)と、なかよしのガスパール(男の子)がいろんないたずら(結構しゃれにならん)をしでかしすお話です。
(おそらく)アクリル絵の具で厚く塗られた油絵風のこってりした絵なんだけど、
いかにもフランスちっくで、おしゃれ。首にスカーフなぞ巻いたりしています。
と、ここま書いておいてなんですが、実はこれがウサギなのか犬なのかネズミなのか、私にはわかっていないのです。
しかし、出てくるリサとガスパールの家族達以外は人間なんですよね。
お姉ちゃんのともだちって人間?じゃ、君達は何?あえて言うなら不思議村の住人なんですかね。
この人たちの、もうひとつのペネロペシリーズも興味あります。
なんでも仕掛け絵本だとか。だから図書館にも無いんだよなー。飾ってもかわいいしお勧めの絵本です。

リサのおうち
リサのおうち
posted with 簡単リンクくん at 2006.10. 6
アン・グットマンぶん / ゲオルグ・ハレンスレーベンえ / 石津 ちひろやく
ブロンズ新社 (2002.5)
通常2-3日以内に発送します。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

素朴な疑問

ほそぼそと継続しているこのブログですが、こんなんでも一日平均10数件のご来客があるんですよ。
ま、そのうちの2から3回は自分によるアクセスなんですけども。それでも、毎日朝前日のアクセス数をチェックしては、なんだうれしい気持ちに浸っているわけであります。

で、素朴な疑問なんですけど、全く関係ないトラックバックやコメント。
これって、自動的につけてるんですよね?ここ数ヶ月、ほとんどこの自動?的につけられる
いやらしー内容のトラックバックばかりなのです。ま、いいんですけどね。インターネットとはそういうものという基礎知識はあるわけです。オーバー30歳ですから。いまさら汚らわしい!!とか言いません。

でも、それもアクセス数にカウントされてるのかしら?

だとしたら、私のブログのリーダーの半数くらいは、ロボットだというわけで・・・
かなしいなぁ。でも、トラックバックがつく規則も恐らくあるわけで、
それを解析するのがSEO対策か?とにかく、
わたしはオーバー30のおばちゃんなので
若妻とか人妻の欲求不満をトラックバックしないでくれ~~~

と声を大にして言いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

反抗期?

第一次反抗期っていつごろでしたっけ?
確か2歳くらいだったような。うちの2号はまだ1歳8ヶ月なのにどうやら突入したようなんですよ。
1号のときは、今までバブバブ言ってたくせにいきなり、ダメ!!ヤダ!!と強烈な否定を発せられかなりショックだったけど2号はさすがに、少々慣れていた。

しかし~駄々コネが上の子より数段パワーアップしている。
昨日は久々に天神にてお買い物~と浮かれていったのだが、2時間。天国だったのは、2時間でした。
ソフトクリームを食べ終わった後、まずベビーカーに乗る乗らないでデパートのコムサデモードの前でごろ~ん。引っぺがすように抱きかかえて退場し、
次は本館と新館の渡り廊下でごろん、ユザワヤの毛糸売り場でごろん、地下の食品売り場でごろん、トイレ(ひー)でごろん、地下街でごろん、電車の中でごろん。
スタンプラリーか?と言うくらい、いたるところでごろんごろんと寝そべってダダをこねてくれました。
道行く人々に笑われ、カップルに「あ、絵に描いたような駄々だ~初めて見た~」と指差され、
一緒にきたおばあちゃんに「まさか自分の孫がこんなになるとは思わなかったよ」とあきれられ、
何事もこれ修行・・・忍忍。それにしても、いきなりハードな反抗期突入に母は疲労困憊。
そして仕上げは夜中に発熱すると言うおまけつき・・・
うがー初めて平日がずっと続けばいいのにと思ってしまった。
まあ、育てゲーとかもだんだん難しくなるものだし。1号より2号のほうが難易度が高くて当たり前・・・なのか?
しばらく休日のショッピングはお預けとなりそうでございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »