« どろぼうがっこう | トップページ | アニメ化とかよさそうな「街の灯」北村薫 »

月光の下の青きイメージ?「月魚」三浦しをん

エッセイ以外を初購入。
いつも薔薇のジャムだけを食べているような顔をした古本屋無窮堂店主「ましき」と
せどり(古本業界用語)とよばれる男の息子「瀬名垣」。
二人の青年の愛・・・とかくと語弊があるけど、
友情だけではないし、と(本人の趣味を強く反映した)そんな感じの物語。
最初はちょっと抵抗があって、ええー男同士かよぉ。
と思いますが読み終わったころにはすっかり容認派。
ただし、あくまで「薔薇のジャムばかりたべてそうな」容貌であるからして、
しかも、愛といってもボーイズラブではないので愛欲ではない。
内容は、古本を愛し古本に愛された二人の若者が
父親の存在から絡めとられるのを辞めて、歩き出す物語とでも言いましょうか。
全体になにか大きな事件が起こるわけでもなく、
全体に青白い月光のフィルターをかけたような
静謐な物語。ここには、エッセイで見せる自虐ネタもユーモアも影を潜め
まるで純文学のような(おそらく本人もそれを意識していると思う)語り口でもある。
三浦しをんのイメージがまた塗り替えられました。


月魚
月魚
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.19
三浦 しをん〔著〕
角川書店 (2004.5)
通常2-3日以内に発送します。

|

« どろぼうがっこう | トップページ | アニメ化とかよさそうな「街の灯」北村薫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月光の下の青きイメージ?「月魚」三浦しをん:

« どろぼうがっこう | トップページ | アニメ化とかよさそうな「街の灯」北村薫 »