« ■ちびくろさんぼ | トップページ | どろぼうがっこう »

落語じゃないほうの「七度狐」 大倉崇裕

七度狐
大倉 崇裕著

bk1でタイトルで検索すると、落語の方も出てきます。
それにしても、久しぶりにここまでガッチガチの本格ミステリを読んだ気がする。
最初、ミステリで落語といえば・・・あ!今までずっと読みたかった
あのシリーズ、このミスでたまに話題になっているあれね!
(北村薫の円紫師匠シリーズ)と早合点。先ほどbk1を開いてようやく
間違いに気がついた。
ところで感想はというと「ああ、本格を読んだ」という感じ。
閉ざされた村、見立て殺人。でも残念ながら
犯人が判り易すぎるんではないでしょうか?
だって、怪しいもん。わかりやすく。もう一回くらい裏切ってほしかった!
きちっと伏線を生かしてはめ込まれたパズルではあるけれど
物語としての面白さがちとたりないかも~
「面白い」ものとしての落語の使われ方ではなく、
こんなに暗くもなるのね~
それにしても、私の知らない世界がまだまだあるのね。
寄席にも行って見たくなっちゃったよ。

|

« ■ちびくろさんぼ | トップページ | どろぼうがっこう »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語じゃないほうの「七度狐」 大倉崇裕:

« ■ちびくろさんぼ | トップページ | どろぼうがっこう »