« ほんわか「陽だまりの迷宮」 青井夏海 | トップページ | これがアートだ 「がちゃがちゃどんどん」 元永 定正著 »

落語とミステリー 夜の蝉 北村 薫

前出の「七度狐」からの連想で、北村薫作品に手をだしてみた。(2つ目)やった~あたりの円紫さんシリーズ。でも惜しむらくは、シリーズ第2弾だったこと。 第一弾からよみたかったなー。やはり図書館派はなかなか不自由するとです。(貧乏なんかに負けないぞ~)
さて、人が死なないミステリーとして有名な北村氏。
こんな暖かなミステリーの書き方もあったんだな~と感じ入りました。
ミステリーだけどもうひとつ、主人公と姉の姉妹だからこそ内に秘めていた葛藤 のようなものが描かれていて、ちょっと不思議ちゃん?な主人公に深みが与えられるというか、立体化されていきます。
自分には男の兄弟しかいないことを、昔はそんなに残念だと感じたことは無かっ たけれど、大人になると私にも姉さんがいたら良いのにと思う。この話をよむとさらに。
表題の夜の蝉もよかったけれど、江美ちゃんと軽井沢に行く話がほのぼのしてよかった。表紙もうれしいことに高野文子さんだし!はまりそうだ。
さー早速図書館に行かなくちゃ(やっぱり貧乏)

夜の蝉
北村 薫著

|

« ほんわか「陽だまりの迷宮」 青井夏海 | トップページ | これがアートだ 「がちゃがちゃどんどん」 元永 定正著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語とミステリー 夜の蝉 北村 薫:

« ほんわか「陽だまりの迷宮」 青井夏海 | トップページ | これがアートだ 「がちゃがちゃどんどん」 元永 定正著 »