« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

ちょうだいWoo~

うちの2号に最近新規登録された言葉、
「ずぅるぅいぃ~」
「ちょうだい、ちょうだいWoo~」
たいてい何か食べ物が絡んでいるときに発せられるこの言葉。
どんな欠食児童だ。とくに、ちょうだいWoo~って・・・
魂をこめて歌い上げるシンガーソングライター見たいに叫ばれても。
甘いものが苦手な2号は、甘い物好きな私と一号と、
完全に棲み分けているので、たいていはお菓子とかではなく
納豆とか白飯にWoo~っとなるようです。
いいけど、納豆を勝手に食すのはやめてくれ、
やっぱり二人目って決して食いっぱぐれないだろうな。と思う今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まっくろネリノ  ガルラー ヘルガ

まっくろネリノ
ヘルガ=ガルラーさく / やがわ すみこやく
偕成社 (1973.7)
通常24時間以内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブランコのむこうがわ 星新一

ブランコのむこうで
星 新一著
新潮社 (2003.6)
ISBN : 4101098158
価格 : ¥420
通常2-3 日以内に発送します。

ずいぶん久しぶりに、星さんの文庫を手に取った。
思えばショートショートを高校時代ひたすら読んでたよなー内容は、そっくりな男の子をみつけ追いかけていくと、夢の国に入り込んでしまうファンタジ ー。児童書なのかな?
書かれた昭和40年には、こんなしゃべり方をする育ちのよさそうな子供がいたのかしら。とにかく一事が万事

「それでぼく困っちゃったんだ。だってそんなこと今まで考えても見なかったものね。」みたいな感じ。

夜寝ているときに見るあの「夢の国」が一人にひとつあって、「僕」はいろんな人の夢の国を渡り歩くことになる。

夢を見ているその人はどんな人なのか?
病気で寝たきりの子が見る夢、
子供を亡くした母親の見る夢、
世間に見捨てられそうなしょぼくれおじさんの見る夢、
生まれたばかりの赤ん坊の見る夢、
はたして、私の見ている夢の国はどんなものなのだろう。

最初はあまりの行儀のよい小学生っぷりにちょっと違和感を感じていたけど、読み進むにつれ、相変わらずの星さんの発想の斬新さにしびれて来た。ああ、もうこの人いないんだ・・・と改めて残念がった次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーク・ライフ 吉田修一

パーク・ライフ
吉田 修一著
文芸春秋 (2002.8)
ISBN : 4163211802
価格 : ¥1,300
通常24時間以内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しおんのしおり 三浦しおん

オンライン書店ビーケーワン:しをんのしおり

先日直木賞受賞をきっかけに読んだ
三四郎はそれから門を出たがそうとう面白かったので
今度は文庫を購入。
またしてもこの人の読書ねたをメインにしたエッセイです。
独自のフェミコードがあって、脳内で妄想をむっくむく育てる
パラサイトシングル(すまん)のお気楽な日常がつづられております。
ちなみに、今回は過ぎし日の高校生活を振り返り脳内に
理想高校を建設中でした。うーん。アル意味一本筋が通っているわ。
他人の日記風エッセイは大好きだわ。でも、インターネットに無数に公開されている物はタダなのに、こうして本になるとお金がかかるのね。
当たり前だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

断乳日記10日目

この日を境に、乳が二周りほどしゅるしゅると小さくなったような気が。
少し残っていたおっぱいの張りもすっかりなくなり、
昔以上に少年のような体型に(胸だけ)。
あーあー、もう普通の体に戻っちゃった。母乳ダイエットが出来なくなったので自分で規制をかけないと...
ところで、いまさらながらネットで断乳のしかたを検索・・・
おっと。

夏は避けましょう・・・
お母さんは水分摂取を控えましょう・・・
お風呂には三日間は入らないように・・・

うわ、全部守れませんでした。
早速夏のビールを堪能したさ。
気を取り直して読み進むと、どうやら
10日後、1ヶ月後、2ヵ月後におっぱいをしぼってしぼりきらないといけないようだ。
おお、これだけは守れそうだ。さっそく乳をしぼる。
もうほとんど出ないけれど1ヵ月後と2ヵ月後にもしぼるのって自分で出来るかな~とか考えながら、5分ほど搾乳。
ちなみに、しぼりかたはおにぎりしぼりだそう・・・
しぼりかたにまで名前が!と思って少しおかしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふうちゃんとちゃぼ /いまきみち

ずいぶん時代を感じる絵なのであります。なんというか・・・多色刷り芋版画!
最初に図書館で見たときは、これが面白いのか?(なんかでお勧め絵本で取り上げられていたので)と半信半疑だったけど、子供はどうやら好きらしく、
(ええ、母には判りませんとも)相当回数読まされました。
内容は、相当な田舎暮らしの幼稚園児と思われる、ふうちゃんちのちゃぼが卵を産んで、それがかえって(一匹死んじゃうけど)無事育って親と同じように鳴く。
というシンプルな物なんですが、さりげなく「ふうちゃんがあめで外で遊べません」ってときに、窓の外でちゃぼが交尾しているあたりが母は少しだけ面白いです。
他にも、幼い子がひよこの死に直面するという重いテーマも含まれているような気もしないでもありません。
それにしても、おすすめ絵本ってすごいなぁ。
目線が大人だとぜんぜんスルーするようなふうちゃんシリーズがロングセラーだもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

断乳日記5日目

2号、大分落ち着く。
今日はだんなが出張だったので一人か・・
とかなり覚悟していたが、意外とすんなり寝付く。
(ちなみに我が家のすんなりは、30分くらい絵本をよんだあと
電気をけすと顔を布団にうずめて、声をおしころして泣く事5分くらいです。)遊びながら勝手に寝たことなど、今まで一度くらいあっただろうか?
うれしかったのは、夜中に起きなかったこと。
夜中に泣かれると、本人も寝ぼけているので
おっぱいを猛烈に欲しがり大変だったのだ。
ああ、これからは私も夜中に何度も起きなくていいんだ~
うれしくてたまらない。これから一号もそうだったけど、大丈夫だったり大丈夫じゃなかったり、揺れ動きながら育っていくのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

断乳日記4日目

いよいよ、あきらめがついてきた2号。
一年で一番暑い季節に、額に髪の毛をべっとり貼り付けて
大泣きをしつつも、もう乳は吸えないのだな。と、判ってきたようです。

ああ、またひとつ大人の階段を登ったね。

母はビールがうまいよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

断乳日記3日目

2日目の夜も大泣きの泣き寝入り。初日よりは少しはましだけれど、やはり夜中に2回起きて大暴れ。手がつけられないほど足をバタつかせたため
次の日は紙おむつが毛玉になっておしりに張り付いていた。
すげー。
私のほうは、乳がごりごりにはって熱を帯びてきた。
大きさも瓜のようになって、特定の趣向の人に大人気って感じだ。
夕食の時にはとうとう熱まででて、横になって寝てても痛い。
だのにわが娘たちは事情も考えんと、がすがすぶつかってくる。
子育てって痛い!痛みベスト5には入る痛さでした。
男の人が急所を打つと相当痛いらしいけど、
どっちが痛いのか?比べられないので残念。
ちなみに私の痛みは、「・・・かっはっ」という声が出るくらい。
私の体のほうもまだ適応してないみたい。1時間くらいかけてしぼる。
ようやく楽になり眠れた。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

断乳日記2日目

昨夜は、一時間ほど抱っこして寝かせる
テレビを見ながらだったので、さほど苦にならず。
でも、30分くらいで腰の辺りがしびれて来たので
ソファーにすわり、それでもいい加減もういいかなと布団へ移動。
結局私のおなかの上で眠る。
だいたいいつも夜中に2,3回起きて授乳していたのだが
やはり夜中に起きておっぱいをさがし出てこないもんだから大荒れ。
手がつけられないほど泣き喚いたのでほんとに手をつけず放置プレイ。
だいたい、この歳で(といっても1歳半)
夜中に2回もおっぱい飲んでるのはうちの子くらいなので、これから産む方はご心配なく!

恐れていた初日の夜は、恐れていた以上でもなく以下でもなく終わりました。寝不足!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

断乳日記

なんかすごそうなタイトルになってしまったけれど、
とうとううちの2号にもおっぱいを卒業してもらうことに
なった。すでに一歳半大柄なこの子にいまだに乳を
すわれるているのは、体力的に限界。
しかも、寝るときは吸いながら、起きたら吸い、朝食後に吸い
登園前に吸い、お迎え時に吸い、帰宅後に吸い、夕食後に吸い
風呂上りに吸いそれ以外にも、泣いたら吸う。

うわー我ながらよくまあやってるわ・・・
しかも!この人保育園にいる8時間は吸わなくてぜんぜんオッケーなのである。
私の乳は完全なる嗜好品、ヘビースモーカーのタバコ。
しかも、夜中にまるでおしゃぶりのようにくわえて寝るため、
私の安眠はたいそう阻害され、彼女の歯並びもなんだか怪しくなってきた。

いい加減にはずさなければ、歯並びが悪くなっちゃう。(この暑いのにビール我慢するのは、もうイヤ!)でも、3日間は泣き喚いて寝ないと思われるので、
盆休みに狙いを定めていた。いたのだが、先週末にあまりにもしつこく吸われ私は、我慢できずにおっぱい終了宣言をいきなり高らかに行った。

初日の昼は、まあ泣いたときと昼寝の時に何とかごまかす事で
乗り切った。というより、二人目になると親も鷹揚なもんで、
泣いても気にしない。そのうち泣き止むでしょ。
但し玄関先に「虐待じゃありません」という札を貼っておく必要はあるかも。
問題は夜。おっぱいなしで寝ることができるのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三四郎はそれから門をでた

三四郎はそれから門を出た
三浦 しをん著
ポプラ社 (2006.7)
通常1-3週間以内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蚊トンボ白鬚の冒険

蚊トンボ白鬚の冒険
藤原 伊織著
講談社 (2002.4)
この本は現在お取り扱いできません。

何年かまえに確かこのミステリーがすごいにランクインしたこの作品。
藤原伊織は裏切らないという、若いころの刷り込みから、
ずっと読みたいと思っていたところ、運良く図書館で出会えました。
 ミステリーとファンタジーとハードボイルドを足して4で割ったような(足りんやん!)内容。
 ある日自分の頭の中に、しゃべる蚊トンボが住み着いて、
その蚊トンボの力で限界を超えた筋肉の運動ができるようになり、
やくざやクレージーな殺人者と渡り歩くことになる配管工の若者のお話。
ちょっぴりロマンスあり。自分で書いてもわからん!

冷静に考えるとありえない設定と、ありえない出会いから始まる恋愛。
それなのに、読まされるのはやっぱり「藤原伊織はうらぎらな~い!」
熱中して周囲にシールドを張るほどの面白さではないけれど、
しっかり電車を乗り過ごしてしまいました。

最終的には勧善懲悪の単純なストーリーを求めてしまう未熟な私的には、最後が残念だった。

ハードボイルド・ファンタジー?に新しい境地を見る度★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の幸福度

ほへ~とyahoo!を見て回っていると、私の幸福度という記事に目が留まった。
正確に言うと「Yahoo!ファイナンス 浅井亜美 幸せってなんだっけ?なんだっけ?」

幸せって測れるものではないけれど、幸福度をチェックできるサイトがあるんだそうな。
そこで私はなんとなく私の幸福度を他人に測ってもらいたくなっちゃったのです。
(HPI(Happy Planet Index)という英語のサイトで、
英語のサイトと知ってりゃーちょっとは引いたのですが・・・)
なんとなくだった割には暇だった私は、gooの辞書を駆使して8ページもの質問に必死で適当に答えました。
して、その結果!私のスコア(?)は49.8(もちろん百点満点で)
英語だったのでぴんとこない部分が多いのですが、リサイクルとかエコとかの得点が標準以下で、
性格からくる幸福感(単なる楽天)によりリカバリが効いて、日本の平均値をちょっぴりちょっぴり上回りました。
ふーん、私って人より幸福ってこと?(いや、人より幸福だと思ってるってこと。)
単純に喜んどこう。わーい。他にも、自分の体重身長を入力せよとか、親族でガンの人はいるかとか
なかなか興味深い質問が続きました。これ、誰か日本語版に翻訳しないかな~(もうされてるとか?)
そういえば、数年前に「自分の値段」が金額ででるえげつな~いサイトがありましたねぇ
私は、小さなマンションがかろうじて買える程度の値段だったような。しかも田舎!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »